動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

モンサントの遺伝子組み換え食品・及び農作物は「原発」並に危険です!

拡散して下さい!
モンサントの遺伝子組み換え食品・及び農作物は「原発」並に危険です!
これはとても深刻な問題です。農水省がモンサントの遺伝子組み換え農作物の承認申請を承認しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/120706_1.html
正式な許可が出る前に、パブコメに意見を提出して止めましょう!


578743_448154965204819_1102158131_n.jpg
↑クリックすると拡大↑
545667_221763621263161_1770702919_n.jpg
↑クリックすると拡大↑


以下参考リンクです。追加歓迎です。どんどんいじって下さい!
===動画===
●アグリビジネスの巨人 モンサントの世界戦略 1:32:22
http://www.youtube.com/watch?v=PKgc3BkUVIQ
●NHK BSドキュメンタリー
「アグリビジネスの巨人“モンサント”の世界戦略 前編」
原題:The World According to Monsanto 制作:ARTE (フランス 2008年)
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/080614a.html

「アグリビジネスの巨人“モンサント”の世界戦略 後編」
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/080614b.html

●モンハンで知る「TPPの先にある恐怖モンサント」
ゲームの画面上での説明ですが内容は的を得ていて簡潔に非常に良く纏まっています。若年層、無関心層への拡散にも役立つと思います。
「1/2」8:32(5:40〜を推奨)
http://www.youtube.com/watch?v=CEMdQfeoajY
「2/2」 14:28 (全体的に推奨)(5:40〜モンサントと経団連米倉会長が取締役会長である住友化学株式会社との長期協力関係)
http://www.youtube.com/watch?v=UeMd5iYE1Gk&feature=relmfu

===Website===
● モンサント社は日本固有の品種や米をGM化し、知的所有権を設定するだろう
http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-bd04.html
(ヨーロッパ、特にイタリアやフランスでは大半の地域でGM作物の栽培が禁止されています。)
◎ ハンガリーはGM大豆の畑を閉鎖した
◎ 南米ペルーでも、GM食品を10年間禁止する画期的法案が成立
http://naturalsociety.com/hungary-destroys-all-monsanto-gmo-corn-fields/

●モンサントとTPPを推進している米倉経団連会長が取締役会長の住友化学株式会社の長期協力関係PDF
http://www.sumitomo-chem.co.jp/newsreleases/docs/201201020_3.pdf

●モンサントは NaturalSocietyにより、2011年のワーストNo.1企業と認定された
http://naturalsociety.com/monsanto-declared-worst-company-of-2011/

● モンサントは従業員にはGM食品を食べさせない
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1108.html
- -

●ビル・ゲイツ基金はモンサントの株式500,000株購入
http://naturalsociety.com/bill-gates-foundation-buys-500000-shares-of-monsanto/
ビル・ゲイツ基金は次世代原発技術を支援しています。

●アメリカ政府はモンサントと一緒になって、GM作物を販売
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/wikileaks-5832.html
===
みなさん「モンサント」そして、そのバックにいる「軍産複合体(世界の支配を目論む者)」から日本を守りましょう!!
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

動物愛護管理法の政省令等が、一部改正。殺処分の根本原因は改正されず!

img_1500180_61956165_1.jpg
↑クリックすると大きくなります↑

img_1500180_61956165_0.jpg
↑クリックすると大きくなります↑

平成24年5月21日付け報道発表資料、
【動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令等の公布及びそれらに対する意見公募
(パブリックコメント)の結果について(お知らせ)】も併せてご覧ください。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15245

これら一部の改正が行われたようですが、日本のガス窒息殺処分の根本原因となっている
ブリーダー(繁殖)業者への目だった法改正はされず。
供給過多になっているにもかかわらず、基本的なルールのないペット繁殖の法改正はなされていない。

これでも、半歩前進というところだろう。
命は待ってくれないのだ。

原発問題と同じく、巨大ペット産業と利権とのつながり云々を日本から排除するべき問題なのだから。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

衝撃!福島第一原発4号機が再び傾きだした大飯原発再稼働使用済み核燃料が燃え始める

 もう一度大きな地震が福島第一原発を襲ったら、日本は破滅する。優先すべきは4号機の復旧のはずなのに、原発再稼働に血道を上げる政府と原子力ムラの面々。暴走はもう止められないのか。

毎時10シーベルトという悪夢
 それは福島原発の復旧作業に携わる人たちにとって絶望的なニュースだった。6月27日、福島第一原発1号機の建屋内の圧力抑制室外側で、毎時10・3シーベルトという破滅的な放射線量が検出されたのだ。

「1号機建屋の地下1階には汚染水が溜まっていますが、東京電力が水面の直上の放射線量を計ったところ、この数値が出たのです。毎時10シーベルトは人間が浴びると即死するレベルです」(全国紙経済部記者)

続き↓クリック↓
経済の死角
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

「日本国内の常識は、世界からみれば非常識。」

「日本国内の常識は、世界からみれば非常識。」

The International Fund for Animal Welfare (IFAW) 国際動物福祉基金は世界でも最も大きい動物福祉保護団体のひとつです。
そこから先月送られてきたメール配信記事の中の日本の悪玉ぶりにびっくり。

鯨はかつてないほどの危機に面している。
... 今月開かれる予定の会議に関してである。
いや、「開かれないかもしれない会議」といったほうがよいのかもしれない。

毎年、鯨の保護を討議するために世界各国が集まる。
このフォラムはInternational Whaling Commission (IWC) と呼ばれ、
大きく2つのグループに分かれる。商業捕鯨反対と賛成の国である。

昨年、日本は捕鯨賛成国に会議から退出するように仕向けた。
これは投票に賄賂を使うことを禁止する条項を設定された後、行われたことである。
(賄賂を使う - 日本は鯨賛成に投票するよう、各国にキャッシュをばらまいていたのである。)
一週間以内にパナマで捕鯨委員会が開催される予定だ。
今度は鯨保護の実質的な進歩が見られるのか。
それとも日本はまた会議をボイコットするよう、みんなを誘導するのか。

IFAW はパナマに特派員を送り、鯨の保護と環境を守るべく
世界中の人々にアピールするつもりだ。
報告が入りしだいすぐ皆様にお知らせするが、以下のサイトも頻繁にチェックして欲しい。

Check in with IFAW's website next week;
Follow @action4ifaw on Twitter;
Like IFAW on Facebook.

イギリスは捕鯨委員会において鯨保護の立場のリーダー的存在である。
フェイスブックをお持ちならイギリス自然環境水産大臣のリチャードベイノン氏に感謝の意を示して欲しい。
そして捕鯨問題に関して今後とも世界のリーダーとして各国を引っ張っていきたい。

IFAW

これはただの地方紙ではなく、世界最大の動物保護団体が世界中に配信するニュースです。
捕鯨支持国は他にもあれど、日本だけが悪の権化のように書かれており、これでは世界の反感を買うのも無理はないです。

私に何の関係があるというのだ
What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

ボランティア11 嬉しい知らせと悲しい知らせ。

以前、ブログに乗せた猫風邪を患い、お薬投与し隔離てした猫ちゃんズですが・・・
上の白い子はお薬も効き、無事に新しい家族の一員となりました。
下の子は残念ながら猫風邪のお薬も効かず、ガンを患い痛みからご飯も食べなくなっていました。
末期に近いということもあり、安楽死をしてあげたようです。
私がボラをはじめて5ヶ月、はじめて安楽死処置をされた子です。
スタッフも残念だと肩を落としていました。
DSC00761.jpg
★ジャッキーに新しい家族が見つかっていました★拍手~♪
長かったよね~。1ヶ月半かかったね~。
元気すぎで力強すぎなジャッキー、でもとーっても優しいジャッキー。
優しい力もちのお父さんがいる家族にもらわれていったそうです★((嬉))
IMAG1146.jpg
8年ほど活躍してくれていた掃除機が壊れてしまったようで
バケツに洗剤と水を入れて、各部屋にぶちまけてブラシでゴシゴシします。
水で流して
DSC07502.jpg
スクイザーで水を掃いて、残った水は布でふきます。
DSC07503.jpg
きゅっきゅっ♪
DSC07504.jpg
この子たちはみんな預かり犬です♪
シェルター犬ではありません。
突然の雨・・・
みんな中に入れてよう!のこの顔。
DSC07505.jpg
雨の中で遊んだあとは、タオルで乾かします。
今週のシェルター犬はジャッキーが家族を見つけたので2頭のみ。
ガベルくんと・・・
極度の怖がりだったガベルですが、名前を呼ぶと来るようにまでなっていました♪
ガベルはまだ飼い主探しはしていません。
ガベルの怖がりをなおしてから開始です。
「試合後のボクサーみたい?かっこいい?」
「ここの人たちはみんな僕をわかってくれてるんだ。
僕も怖がりをがんばって治してみせるよ。」
DSC07511.jpg
レボルくん・・・
愛しのデシレーに甘えてます。笑
DSC07512.jpg
毎回、出ていかさないように、ドアの前で阻止する健気な
レボルに思わず笑っちゃいます。
いけないと思いつつ、ついつい嫉妬レボルです。
DSC07513.jpg
「ご飯タイムだよね?」
DSC07519.jpg
老犬ダックスもごろごろーーーーっ
DSC07524.jpg
来週にはできるね。
DSC07526.jpg
待ち遠しい。
DSC07527.jpg
こちらは検疫室。
外で見つかった猫ちゃん。白内障にかかっています。
検疫、無事に終えようね。君の名前は何になるのかね~。
DSC07528.jpg
こちらも検疫室中の親子猫の子猫ちゃん♪
ありゃりゃ(笑)楽しいんだよねー。元気いっぱい。
DSC07531.jpg
イサちゃん、10ヶ月ほどの若い猫です。
彼女は赤ちゃんが産まれました。
新しい彼女の飼い主になってくれる家族を募集しますが、引渡しは
彼女の子供たちが大きくなってからになるので、
ステータスは予約受付中。
DSC07533.jpg
コイスカはお外で見つけられた猫ちゃんです。
おそらく3歳くらい。
彼女がここに来たときは、非常に痩せていましたが、今はずいぶんと回復しました。
他の猫ちゃんとは気が合いませんが、人にはかまってほしい、撫でてほしいと
甘えてくるかわいいコイスカです。
DSC07536.jpg
テオドールス8歳くらい。
彼は去勢されていない状態で、さらに怪我を負った状態でシェルターへ来ました。
今は去勢も済み、怪我もお薬投与で回復しています。
目やにがひどかったのですが毎日3回の塗る目薬の効果でなくなりました。
とても優しい性格のオトコの子です。
DSC07539.jpg
ご飯タイムが近づいてくると
皆が自分のお部屋で待機しだすのが笑えます。
ときどき、ずっとウロウロ~としている
型にはまらない子もいます♪
DSC07540.jpg
ニキシーみたいにね。
「みんなと同じなんてつまらない!」
DSC07542.jpg
「お外にいきたいな・・・」
DSC07543.jpg
コイスカはご飯が待ち遠しいんです。
DSC07544.jpg
テオドースルは翌日、歯の治療を控えているので食事の後の自由行動は制限です。
麻酔しての治療なんだね。
DSC07546.jpg
ディーバは7歳の女の子。
前の飼い主が仕事で忙しくなり、ディーバの相手をしてあげれることが
少なくなったということで持ち込まれました。
腎臓結石のため食事治療を続けなければなりません。
彼女は気の優しい落ちついた性格で、人にたくさん甘えたい子です。
DSC07547.jpg
サミーは優しくて落ち着いててとーってもいい子なんですが、
粗相をちょこちょこしちゃうんです。涙
今は譲渡リストから外しています。
ここのシェルターの看板猫になりつつあります。
「健康だものね♪ずっとここにいてもいいんだよ。」
猫缶に愛しそうにじゃれる食べることが大好きなサミー。
DSC07548.jpg
みなの体調、年齢に合わせた食事管理はばっちりです。
ご飯の種類がたくさんあります。
DSC07550.jpg
みんなの食事リストにご飯の種類や量、薬を使用している子の状態を記入します。
DSC07551.jpg
ご飯中はみなの部屋の扉は閉めます。
後で、どれくらい食べたのかをチェックするからです。
「いただきます。」
DSC07554.jpg

<< 前のページ     次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。