動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

日本政府、援助要請開始

オランダは世界でもっとも多く

多額の寄付をする国です。

ですが、日本政府が、

EU圏からの援助は必要ありませんとしていましたので


日本政府、日本赤十字は昨日まで

海外に、義援金の要請はしていませんでした。


ですが、オランダ赤十字は、日本の状態を緊急事態とし

日本からの義援金要請はされていませんが

すでにオランダ赤十字6868にて緊急義援金を開設。

すでに集まっている義援金があるので

全て日本赤十字の災害特別口座へ送金するとしています。


通常、国が募る正式な募金、また赤十字の募金は

被災国が他国に義援金等の支援を要請して

はじめてその国で集まった義援金を被災国に送れるそうです。


3月14日の声明では日本はEU連盟の援助は不要との

声明を出しましたが

3月15日の発表で日本政府は正式に

EU連盟に援助を要請しましたので


オランダ国内でも正式な義援金がスタートするはず。

もっと、もっと多くの国の人々が

日本を助ける事ができます!

今日も会社の方達は皆、温かい声をかけてくれました。

きっと今は辛いけれど、悲しいことばかりじゃないわ、

悲しくても前を向いていかなきゃならないわ、

暗い雲の後ろにはまぶしい太陽があるから、、、

日本を応援しているから、

日本頑張れ!と

と言ってくれました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/65-c02d3a68
<< オランダ義援金 | TOP | 犯罪人と動物虐待との深い関係 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。