動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

アニマル・ポリスを日本にも!!!

 外国ではアニマル・ポリスなるものがあります。
私が知るのはアメリカ・イギリス・オランダ。

「でもオランダでアニマルポリスと言われている団体は
アメリカなどのアニマルポリスと少し異なります。」

動物天国オランダでは
見かける事は滅多にないと思います。
私も3年間一度も見たことがありません。

ですが人間がいる限り
心無い人間の動物への虐待は
存在してしまう悲しい現実があります。

アメリカ、イギリスのアニマルポリスは
ポリス同様の権限を持つそうです。

オランダで一般的に
アニマルポリスと言われている
主な活動は動物保護団体が
司法検察の管理の元
ポリスと協力をしながら行っています。

ほとんどの動物に関する問題
動物虐待、正しくない飼い方
法律で違反行為にあたる繁殖、生態販売等では
動物保護団体に通報します。

動物保護団体には色々な担当があります。

虐待などの通報を受け
調査、検査を担当している人数は
現在230人います。

が、この230人の調査員には
ポリスが持っているような
現行犯逮捕できる強い権限はなく
今の所、弱いのが現状です。

しかし動物保護団体の中で
14人のみポリスと同じように逮捕できる権限を
検察に与えられています。


「逮捕できる権限を施行するには
検察の許可が必ず必要です。」

通報を受けて、現場へかけつけ
すぐさま逮捕することはできないものの、
状況を確認し動物保護団体が
法律違反、虐待していると確認したら
ポリスに連絡がいき
駆けつけたポリスが逮捕します。

動物の事に関して
直接ポリスが動くという時は滅多になく
例えば、人に危害があるといった場合や
大量の虐待や動物の密輸等などがあった場合に出動します。

 人の事件 = ポリス
動物の事件 = 動物保護団体 of「アニマルポリス」

動物愛護団体との連携によって
ポリス側は主に人に関わる事件に専念できるわけです。

しかし、現行の決まりでは動物愛護団体の権限がまだ弱く
検察を入れなければ逮捕できないので
その間、動物を保護したり、犯人逮捕に
時間がかかってしまうという事が
わずかですがあるようです。

こうした背景により
動物愛護団体と一般市民が
オランダのアニマルポリスの権限を
強めるべきだという意見が増えていて

今、オランダでは
本物のアニマルポリスを作ろうとしています。
ポリスと同様に逮捕できる権限を与える事が目的です。

近い将来にアニマルポリス500人の育成。
今年中にアニマルポリス100人の育成を予定しています。
動物の党、緑の党、自由の党がこの決まりを
作ろうとしてくれています。

この決まりができれば
オランダ国民全てが
虐待される動物を救っている事になります。

高い税金の一部が正しい所に使われる事
また、それが命を救う事に税金が使用されるのであれば
それはオランダ人の喜びです。

「2011年、現在のオランダ国会ではルッテ議員が
アニマルポリスのトレーナーを
アフガニスタンに545人派遣したいと言っているようです。
アフガニスタンに50000人のアニマルポリスが必要だと。
というのは、戦争があるアフガニスタンでは
多くの動物がひどい扱いをされ
残酷な方法で殺されいているからです。
戦争で被害影響を受けるのは動物たちであると。」

このアフガニスタンに関しては
今の段階ではまだ不可能に近いことだと言われてはいますが、
かたやアメリカがアフガニスタンに武器を売り
敵国に武器を送っているという
戦争を利用した金儲けをしているという矛盾だらけの殺し合いを国民に加担させるよりも
こういったことを思い切って議題にあげトライしていこうとする姿勢の方が応援できます。

「何も言わなければ何も始まらない。
何も変わらない、起こらない」

国民の命を犠牲にし、金儲けをしてる国。

無責任な人間に殺されていくペットたちの過酷な環境と重なります。


アメリカのアニマル・ポリスは一般市民からの寄付から
成り立っているそうです。

近所や人からの通報で
虐待の証拠をとらえれば逮捕できる権限も持ち
それはとても厳しいものらしいです。

オランダ王国は小さいにも関わらず
世界で一番寄付を収める寄付大国でもあります。

命の尊さを理解しているからこそ
人や動物を助けようとする思いが
強いのだと思います。

海外から散々バッシングを受けてか
中国でも2010年に一応動物虐待の法案が
成立したそうですが・・・・。
犬猫を食用するために殺してはいけない。
という決まりらしいけど。
少しづつでも
そういった中国人が増え民度が上がりますように。
願ってやみません。

世界中で優しい人間が増えますように・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/6-639a4e84
<< 安楽死 | TOP | オランダの毛皮反対デモ・ストライキ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。