動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

日本人だけが知らない事実

日本もやっと世界に対して正しい行動をしてくれました。
しかし今期だけ捕鯨を中止。

日本では報道されない事実がある。
とあるサイトで見つけた記事です。
日本の真実を知ってもらいたい。
■転載可■だそうです。

↓以下のサイトは
日本人と名乗ると
世界を相手に嘘をついてまで
絶滅が危惧されている捕鯨について
鯨保護区域での捕鯨について
日本人はどう考えているのか、と聞かれます。
かわいそう・よくわからない・などの
レベルの低い答えをしたら
外国からますます失笑されてしまいます。

捕鯨は文化だと言いたい気持ちはわかるけれど
もうすでに捕鯨が文化だと世界には通用しない。
世界の問題、環境問題なのだ
という事をオランダに来て知りました。

何故なら、外国の方が
捕鯨問題「環境問題」についての知識があり
よく報道されています。

日本で流されている捕鯨関係などのニュースは
日本国内に住む日本人向けに作られている。

たくさんの事実を隠し都合のいいことだけを報道している。

日本は自国の都合の悪い事を国民に知らせないように
上手にコントロールできている。

日本が捕鯨の事で
世界に嘘をついたせいで
日本は世界から軽蔑の目でみられている。

国民が知らないことを海外が知っています。

領域を侵し
絶滅危惧種までも捕りまくる日本の捕鯨。
捕鯨は日本だけの問題ではないのです。

英語ができない人がとても多い日本人は
日本にとってはとても操りやすいです。
自国の民に情報の操作を容易にできます。

日本人が英語ができたら
捕鯨問題などに
どう反応してたかなと・・・。

ここから記事を転載します。↓↓↓

2月に火災を起こした日新丸が南極海でとった態度
世界中で非難されており、諸外国に住む日本人が
どれだけ恥ずかしい目にあっているか、
日本に住むみなさんはご存知ないだろうとおもう。

捕鯨推進国日本では、都合の良いことばかり報道され、
その情報コントロール力はさながら北朝鮮なみである。

過去に起きた商業的な捕鯨による
クジラの乱獲への反省から、
南半球のインド洋や南極海は国際捕鯨委員会で
クジラ保護区として定められ、
その海域での捕鯨は永久的に禁止されています。

基本的に多くの捕鯨が自国海域の近くで行われています。
しかし、世界最大規模の捕鯨が現在も行われているのが

南極のクジラ保護区の中という奇妙な現象がおきているのも事実です。
そしてその場所で捕鯨を行っているのが日本の捕鯨船なのです。

捕鯨に都合よく工作する日本はこれらの環境保護団体を非難し、
火災のオイル漏れなどから周辺の海を汚染する可能性あるなどということは
一切触れていない。

諸外国ではこちらのほうが問題になっているのだ。


*私たちの知らない捕鯨 7つのポイント*

1. 地球温暖化の影響が著しい南極で、かつ国際的に定められたクジラ保護区内で行われている。

2. 現在、日本は商業捕鯨を行っているノルウェーを上回り
「調査」という名目で世界で一番クジラを捕っている国である。

3. 南極のクジラ保護区では、世界で唯一日本だけが捕鯨を行っている。

4. 絶滅危惧種ナガスクジラを含め1000頭近くを捕殺
今後さらに危急種のザトウクジラも捕殺される予定

5. 「科学調査」の名目で捕殺しているが、その鯨肉は市場で販売。
需要の減少により、市場在庫が増えつつある。

6. 絶滅危惧種大量に捕殺してまで行うこの「調査」捕鯨日本人の科学者を含め世界中の科学者が科学的な価値を認めていない。

7. 日本の税金が使われている。




■海外に住む日本人の声■

日本国内の情報コントロールもすごいものがあります。
外からみると特にわかります。
イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、ドイツ、EU内
アメリカ、そして日本の情報を私はみるようになるべくしてます。
(インドの友達までが連絡してくるってのはどういう事でしょうか!?)
スイス、オーストリアの放送もドイツと内容は同じです。

とにかく私は、そこで比較して 観察してる状態です。

日本国内の情報は変化球で市民に伝えられてる。

かなり偏ってるか、都合の悪い事は放送されてませんね。
この時点ではそう思いますよ。というかそうだと言えます、断言。

私はただたんに 外にいるので解る事ですが。

日本国内にいたら やはり知る事が難しいと思います。

日本国内の日本人は知る権利を犯されてる事に少なからずなると思います。

まず今回の問題についても日本語にされるしっかりした情報は
限られて伝えられてる様に
いつも思うのは私だけでは無いんです。

なんだか 自国だけの問題みたくしてますね。まずは。

それではちょっと 恥ずかしいって事になります。

無視される訳です。IWCも26各国にボイコットとかされて。

海域を越えた捕鯨もやはり恥ずかしいでしょう。

日本の漁船がロシアの海域でトラブルになる事多いですが、
それは大きな問題になるんですけどね。

日本はもっと酷いですよ。
捕鯨禁止区域ですから。

世界で取り決めた捕鯨禁止区域で捕鯨してるんです。
何食わぬ顔で!
あと絶滅危惧種も殺してます。

それにオーストラリアもニュージーランドも
日本捕鯨船がこの両国海域の捕鯨をすごく嫌ってます。

オーストラリアの環境相が『やめてくれと』と発表しましたよね。

発砲でなくて発表で良かったですね、日本の捕鯨船。

これロシアとかだったら 砲撃されてるかも!笑。

シーシェファードがテロリストだ」って日本の漁協組合が発表したとたんに

他の国は『おいおいそれはおまえだろ』って突っ込みいれる感じですね。
↑↑これは本当です。。。
オランダ人もテロリストは日本の捕鯨船だって言っていました。

調査船で調査のためだと言いながら、調査船=捕鯨船で
たくさんの鯨(殺してはいけない種類まで)を殺し
自国で売ってるってとこがもうクリーピーだと思います。

調査捕鯨船ってのも怪しい名前ですね。
↑日本は卑怯だと言われました。

このとおり、日本国内の情報は変化球で市民に伝えられています。

政治とスポンサーが裏でかかわっているので
都合の悪い事は放送されてません。

私たちは日本国内の情報だけを鵜呑みにしないことが大切です。

どの国もマスコミの洗脳はすごいですが
特に日本のニュースはひどくてこわくなります。

島国で英語で読む人が少ないためコントロールしたい放題という感じです。

日本国内にいたら やはり知る事が難しいと思います。

日本国内の日本人は知る権利を犯されてる事に少なからずなると思います。

国際捕鯨委員会(IWC)も26各国にボイコットされています。

この現実を見ても押して知るべしでしょう。
日本人は気づくべきです。

■火災を起こした捕鯨調査船、
ニュージーランド首相が南極海からの退去を強く要請 - ニュージーランド
ニュージーランド首相が南極海からの退去を強く要請

ウェリントン/ニュージーランド 19日 AFP】
ニュージーランドのヘレン・クラーク(Helen Clark)首相は19日、
南極海を航行中に火災が発生した日本の調査捕鯨母船「日新丸」について、
環境破壊の恐れがあるとして、南極海から出るよう改めて要請。
「国際社会は環境破壊を決して容認しないだろう」と日本政府に警告した。

 日新丸は、15日の火災発生以後、自力で航行できない状態にあり、
アデア岬(Cape Adare)にあるアデリーペンギンの世界最大の生息地からわずか
100キロの地点に立ち往生している。
燃料を130万トン積載しており、燃料の流出による環境破壊が懸念されている。

 クラーク首相によると、近くを航行している環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)の
船と米国の砕氷船が「えい航」を申し出たところ、日新丸側はこれを断ったという。

 クラーク首相は、地元ラジオ局に対し、
「原始の状態を保った地域の環境を破壊することにでもなったら、
世界中が激怒するだろう」と、申し出を受け入れる分別を日本側に求めた。

 しかしながら、ニュージーランドの救助調整センターは、
環境破壊の危険性は「比較的低い」と見ており、さらには、
「南極海には日本の捕鯨調査船が6隻いるので、
捕鯨調査船同士でえい航の手はずを整えることができるはず」との見解を示した。
ただし、「捕鯨船は氷山との衝突には弱い」と、憂慮も示した。

グリーンピースのキャンペーン船、エスペランサ号を使って日新丸を
南極海から一刻も早くえい航して、環境被害が起こることを防止するための署名、
すでに400名近くの方たちのメッセージを環境大臣、環境庁に送ることができたようです。

しかし、1週間たっても今なお日新丸は南極海に立ちつくしています。
世界共通の財産である南極海の自然を守るためにも、一刻も早く、日新丸を無事、南
極海から日本に戻す必要があります。

残念ながら、日本のマスコミはこの問題を十分に報道しているとはいえない状態です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/53-9e5688b6
<< 『How Could You...』 by Jim Wills | TOP | 語り継ぎたい言葉 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。