動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダ・サーカスでの野生動物の禁止法案を連立政権が合意!

2012年10月29日
オランダから素晴らしいニュースです。
オランダ・サーカスでの野生動物の禁止法案を連立政権が合意! しました。
http://circus.blog.nl/nieuws/2012/10/29/verbod-op-wilde-dieren-in-circus-in-regeerakkoord

すでにオランダの各地で明らかに動物虐待にあたるとし、サーカスそのもの自体を禁止している町が多くあります。毎年、多くの国民の反対の声が増えてきていて、サーカス禁止の声がオランダ中で広がっています。
サーカスで使用される多くの動物たちは野生で生息する地域で捕獲されていることから、2年前よりデンハーグの政策担当者との話し合いの中でサーカスでの野生動物の使用禁止をめぐり、議会にて議論を重ねてきました。サーカスに使用される動物たちの福祉に多くの注意を払うことは最優先されるべきであるとし、
野生動物使用禁止法案を通すべき日が必ず来るだろう、そして、それは我々の願望であると述べました。

この法案可決を現実のものにしてもらわねば!wildedieren238_tcm19-8827.jpg
piepvandaag-olifanten-circus-2-560x420.jpg

動物たちを利益にし、私腹を肥やすような産業は生体販売を行うペット産業同様、衰退させていかねばなりません。
サーカスの裏側はあなたが知らない世界です。
サーカスは動物たちの苦しみそのものです。
強制と強要を強いられ、人間の言うとおりにできなければ、執拗にムチや鉄の棒で打ちのめされます。
かぎ針のような太い鉄の棒で何度も何度も抵抗できない動物たちを叩きのめすのです。
このような躾がまかり通るサーカスなど、虐待を肯定していることと同じです。
サーカス産業にお金を落とさないでください。
サーカスを見にいかないでください。
あなたがサーカスを喜んで見ている限り、動物たちは苦しみもがき続けます。
野生動物たちは広い広大な野生の住む土地で暮らしているからこそ、その種らしく生きることができるのです。
その彼らの生き方を人間の都合やエゴで奪ってはならないのです。
この方法は世界中のサーカス産業が行っている方法だそうです。
日本のサーカス産業の裏側も公にしていかなければなりません。

この像の目・・・恐怖と悲しみと人間への憎しみで混乱しているように見えます。福島で取り残されていた馬の目と同じように・・・
日本で幼少期にボリショイサーカスをはじめて見に行ったとき、ドキドキして嬉しかったと同時にサーカスが終わったあとは、「楽しかったねーありがとう。」とは両親には言えませんでした。
ライオンたちや像たちはムチでばちばちと叩かれて、先の尖った棒を突き当てられて、「あーしろ!こうしろ!」と叩かれていました。
狭い檻に戻されて、彼らがけたたましく、いつまでも吠えている声が泣き叫んでいるようで、犬たちが綺麗に 芸をこなしているのも、楽しんでいるとは思えなかった。
サーカスは犬猫の生体販売同様、廃止していくべき動物虐待のなにものでもないと思います。
野生動物の生き方を奪ってでも金になることを考える愚な人間はサーカスやペット産業とともに淘汰されていくべきです。
もっともっと、彼らの裏側を知る機会を増やしていかないといけないと思います。

動物愛護家や動物を好きな人たちだけの問題じゃないことを・・・サーカスに行かないから関係ないとか、動物を飼っていないから、動物が嫌いだから自分に関係ないではなく、私たち人間が行い続けている環境汚染、自然破壊、動物たちを搾取することが人間、自分自身の生命を脅かしていることに繋がっているという事実を知ることってすごく大事なことですよね。そういうことに「気付き」配慮していく生活をしていくと自分自身も豊かになってきますよね。一歩一歩、自分にできることから。
254745_382532715149366_1258403645_n.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/428-626bf677
<< 日本を大好きな日本人に読んでもらいたい記事 | TOP | オランダってどのくらい動物に優しい、命を大事にしている国なの? >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。