動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

「アムステルダム・ファッション・ウィーク」毛皮は非人道的

オランダの毛皮繁殖産業廃止法案下院可決通過ニュースに引き続き、ファッション雑誌「ELLE」から素晴らしいニュースがあります。
オランダ7月6日付け
「毛皮は動物のためにのみある」―――本物のファッション・エキスパートはそう考えています。
「ELLE」は、2012年秋のトレンド紹介に、本物の毛皮は使用しないと宣言しました。nert.jpg
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
オランダのファッション業界では現在、コレクションから毛皮を取り払う活動が活発になってきている。

「アムステルダム・ファッション・ウィーク」(以下、AFW)に対し、毛皮の使用禁止を求める公開状が出された。それには、デザイナー、スタイリスト、ジャーナリスト、フォトグラファーそしてセレブなど、全部で150名以上が署名している。

また、署名の中には、Elle(エル)、Esquire(エスクワイア)、Marie Claire(マリー・クレール)など大御所雑誌のメンバーや、著名なTVパーソナリティやデザイナーの名前も多く見られる。
( http://www.bontvoordieren.nl/brief )
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
「フリー・ファー・ファッション」(毛皮を使わないファッション)という動物保護団体と、デザイナーのファン・ベルゲンが始めた今回の宣伝活動。これでAFWもより「サステナブル」になることが期待されます。
(注:サステナブル sustainable: 再利用素材を使うなど、環境保全を配慮したもの)

The Green Fashion Competition(環境にやさしいファッションのコンテスト)や、Amsterdam Eco Cluster(アムステルダム・エコ・グループ)などのエコ・ファッション・イベントに関わるのならば、AFWが毛皮を使用禁止にすることは自然で当然のなりゆきだ、と公開状には書かれています。

毛皮の使用は、ファッション産業と動物保護団体との摩擦の焦点でした。
Fendi(フェンディ)に対して動物保護活動家は、「ショーでの毛皮の使用を非難する」と宣言したため、ソウルで開催されたファッション・ウィークのショーが一時危ぶまれるという事件もありました。

ノルウェーでは2010年、オスロのファッション・ウィークで、動物皮革全般を全く使用しないコレクションを発表しました。
「こうした流れにオランダが後に続くことは、エコ・ファッションの価値を上げることに貢献することであり、ゆくゆくは成長をも意味する」と公開状で訴えています。

公開状をリリースしたグループは、「毛皮の使用は非人道的であるだけでなく、環境にも負担をかける行為だ」と主張しています。
さらに、「ミンクの毛皮1キロを生産するのと、布1キロを生産するのとを比較した場合、毛皮のほうは布の5倍のエネルギーを要する。ミンクの毛皮の生産はオゾン・ホールを拡大、土地を酸化させ、環境をおびただしく汚染することが明らかである。

環境汚染だけでなく、毛皮のために繁殖される動物たち(その動物たちも本来は野生動物なのだが……)もあわれである。彼らを待っているのは、残酷な殺され方による最期なのだ。」と、2011年の調査に基づいて公開状の中で述べています。
http://www.bontvoordieren.nl/brief

寒さをしのぐために毛皮を着なければならなかった大昔ならともかく、暖かさの点では本物の毛皮に劣ることのない布や人工毛皮も豊富にある現代です。そのような時代に生きる私たちに毛皮は必要でしょうか? ましてや、ファッションのために動物を殺すという行為を私たちは見過ごしていいのでしょうか? 

「買わない、着ない、作らない(作らせない)」を日本人のモットーにしませんか。
pene1.jpg

ugg2.jpg

オーストラリアUGGは中国で・・・
↑リンク元↑
大人気になったUGGに使用されている羊の毛皮は
彼ら羊たちの毛だけでなく、皮も使用されている。
衝撃的な事実は、中国と同様に麻酔を一切使用せずに行われているということ。
彼らは生きたままでしばりつけられ、毛の下にある皮にナイフを入れられ
激痛にもがき苦しみ、私たちと同じ人間によって全ての皮を剥がされていく。

このように倫理を欠いた残酷で非人間的なやりかたで彼らから毛と皮を奪っているのも、私たちと同じ人間なのだ。

一切の罪を持たない彼らに苦しみを与えないようにできるのも、私たち人間しかいないのだ。
あなたはどちらに加担するのか?
UGGはこのように作られています。(現実です。観覧注意!)
↑クリック↑
毛皮やUGGを購入するということは間接的にこの残虐な行為に
加担していることになることを忘れないで。
104051-news.jpg

ugg.jpg
101匹の犬を集めて毛皮のコート作ろうとしていたクルエラ・・・
クルエラの名前の由来はクルエルティ(cruelty)・・・
つまり、残酷・残虐・冷酷・残忍という意味からです。
imagesCAF970PX.jpg
ウォルトディズニーは何を訴えようとしてくれていたのか。
imagesCAQ7MKQS.jpg

「人間のリスペクト(尊敬)は動物のリスペクト(尊敬)から始まる。」
スポンサーサイト

コメント

オランダのファッション業界に拍手喝采♪
日本のファッション業界もいつまでも遅れをとっていないで、
最先端をいって欲しいものです。

資生堂さんのこと等々、色々教えてくださってありがとうございます。
日本に居ながら、資生堂さんのこと、知りませんでした。
来年3月以降、資生堂さんの製品を買えるようになりそうですね。
(余談ですが、ドラッグストアで咳止めを探してる時
武田薬品のものは、しっかと避けました。)

日本の特定保健用食品と新成分の医薬部外品(薬用化粧品)がどのように承認されるかも
知りませんでした。ムムム。。

petaのポスターのペネロペ・クルスさん、さすがです。
更に美しく見えます♪
(ところで…「peta」~なんて読むのでしょうか。ペタ?ピタ?ペータ????)
ですよね。来年3月までに資生堂さんが有言実行するのかどうかですね。
他社も資生堂に続いて動物実験を廃止宣言してほしいですね。
その際、資生堂さんには他社との商品を区別できるように、実験していないというロゴを記載して販売してほしいですね。
私たち消費者には選ぶ権利がありますし、またそれを主張し続けなければいけないと思います。

日本もオランダに追いつけるように、がんばっていかなきゃいけないですよね。
オランダにある大小さまざまな愛護団体を見ていて思うのですが、日本が強化しなきゃいけないことは団体同士の協力ですね。動物先進国になるためには絶対不可欠だと思います。

PETAの読み方なんですが、ペータと呼んでいます♪
ピータ(笑)

リンク貼らせていただいてしまいました。
事後報告ですみません…。
いいえ。ご丁寧にありがとうございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/406-5f5bdeff
<< 動物愛護管理法の政省令等が、一部改正。殺処分の根本原因は改正されず! | TOP | 災害はメイド・イン・ジャパンだった?調査委員会レポートの不可解 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。