動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダから見れば日本国自身が法律違反を行っている

動物虐待に関しての決まりが出来たのは
イギリスからエリザベス女王が日本を訪問するとのことで
犬猫を虐待していた日本のイメージをとりつくろうために
あわてて作った粗悪な動物愛護管理法律でした。

あまりにも人間勝手な、動物たちのことなど考えてもいない
法律になっています。
半世紀たっても、目立った改善はされておらず
恥ずかしいままの日本だった事を
私が知ったのは・・・
恥ずかしながら日本にいるときではなく
オランダに来てからでごく最近知りました。


↓↓
★第四四条  
愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、
一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する

 
2 愛護動物に対し、みだりに給餌〔じ〕又は給水をやめることにより
衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
 
3 愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。
 
4  前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
一  牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ
鶏、いえばと及びあひる

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、
一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する
。です!!!!

日本国が罪を平気で犯してると思いませんか?
こんなの・・・おかしい。
毎日、何百という犬や猫を殺処分している。

あの子たちの命を助けたい。

あの子たちの命は
私達が寝ているわずかな時間の間も
死の恐怖を一秒、一秒、味わっている。

それがどんなに恐ろしいことか・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/4-ce91463d
<< 殺処分・毛皮反対の理由 本物のセレブは毛皮を着ない。 | TOP | 日本から犬猫の殺処分をなくしたい。。。。 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。