動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

「日本国内の常識は、世界からみれば非常識。」

「日本国内の常識は、世界からみれば非常識。」

The International Fund for Animal Welfare (IFAW) 国際動物福祉基金は世界でも最も大きい動物福祉保護団体のひとつです。
そこから先月送られてきたメール配信記事の中の日本の悪玉ぶりにびっくり。

鯨はかつてないほどの危機に面している。
... 今月開かれる予定の会議に関してである。
いや、「開かれないかもしれない会議」といったほうがよいのかもしれない。

毎年、鯨の保護を討議するために世界各国が集まる。
このフォラムはInternational Whaling Commission (IWC) と呼ばれ、
大きく2つのグループに分かれる。商業捕鯨反対と賛成の国である。

昨年、日本は捕鯨賛成国に会議から退出するように仕向けた。
これは投票に賄賂を使うことを禁止する条項を設定された後、行われたことである。
(賄賂を使う - 日本は鯨賛成に投票するよう、各国にキャッシュをばらまいていたのである。)
一週間以内にパナマで捕鯨委員会が開催される予定だ。
今度は鯨保護の実質的な進歩が見られるのか。
それとも日本はまた会議をボイコットするよう、みんなを誘導するのか。

IFAW はパナマに特派員を送り、鯨の保護と環境を守るべく
世界中の人々にアピールするつもりだ。
報告が入りしだいすぐ皆様にお知らせするが、以下のサイトも頻繁にチェックして欲しい。

Check in with IFAW's website next week;
Follow @action4ifaw on Twitter;
Like IFAW on Facebook.

イギリスは捕鯨委員会において鯨保護の立場のリーダー的存在である。
フェイスブックをお持ちならイギリス自然環境水産大臣のリチャードベイノン氏に感謝の意を示して欲しい。
そして捕鯨問題に関して今後とも世界のリーダーとして各国を引っ張っていきたい。

IFAW

これはただの地方紙ではなく、世界最大の動物保護団体が世界中に配信するニュースです。
捕鯨支持国は他にもあれど、日本だけが悪の権化のように書かれており、これでは世界の反感を買うのも無理はないです。

私に何の関係があるというのだ
What's That Got To Do With Me? イギリスの動物福祉
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/398-9e778fb4
<< ボランティア12 一時預かりと持ち込み犬用シェルターほぼ完成 | TOP | ボランティア11 嬉しい知らせと悲しい知らせ。 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。