動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

ボランティア11 嬉しい知らせと悲しい知らせ。

以前、ブログに乗せた猫風邪を患い、お薬投与し隔離てした猫ちゃんズですが・・・
上の白い子はお薬も効き、無事に新しい家族の一員となりました。
下の子は残念ながら猫風邪のお薬も効かず、ガンを患い痛みからご飯も食べなくなっていました。
末期に近いということもあり、安楽死をしてあげたようです。
私がボラをはじめて5ヶ月、はじめて安楽死処置をされた子です。
スタッフも残念だと肩を落としていました。
DSC00761.jpg
★ジャッキーに新しい家族が見つかっていました★拍手~♪
長かったよね~。1ヶ月半かかったね~。
元気すぎで力強すぎなジャッキー、でもとーっても優しいジャッキー。
優しい力もちのお父さんがいる家族にもらわれていったそうです★((嬉))
IMAG1146.jpg
8年ほど活躍してくれていた掃除機が壊れてしまったようで
バケツに洗剤と水を入れて、各部屋にぶちまけてブラシでゴシゴシします。
水で流して
DSC07502.jpg
スクイザーで水を掃いて、残った水は布でふきます。
DSC07503.jpg
きゅっきゅっ♪
DSC07504.jpg
この子たちはみんな預かり犬です♪
シェルター犬ではありません。
突然の雨・・・
みんな中に入れてよう!のこの顔。
DSC07505.jpg
雨の中で遊んだあとは、タオルで乾かします。
今週のシェルター犬はジャッキーが家族を見つけたので2頭のみ。
ガベルくんと・・・
極度の怖がりだったガベルですが、名前を呼ぶと来るようにまでなっていました♪
ガベルはまだ飼い主探しはしていません。
ガベルの怖がりをなおしてから開始です。
「試合後のボクサーみたい?かっこいい?」
「ここの人たちはみんな僕をわかってくれてるんだ。
僕も怖がりをがんばって治してみせるよ。」
DSC07511.jpg
レボルくん・・・
愛しのデシレーに甘えてます。笑
DSC07512.jpg
毎回、出ていかさないように、ドアの前で阻止する健気な
レボルに思わず笑っちゃいます。
いけないと思いつつ、ついつい嫉妬レボルです。
DSC07513.jpg
「ご飯タイムだよね?」
DSC07519.jpg
老犬ダックスもごろごろーーーーっ
DSC07524.jpg
来週にはできるね。
DSC07526.jpg
待ち遠しい。
DSC07527.jpg
こちらは検疫室。
外で見つかった猫ちゃん。白内障にかかっています。
検疫、無事に終えようね。君の名前は何になるのかね~。
DSC07528.jpg
こちらも検疫室中の親子猫の子猫ちゃん♪
ありゃりゃ(笑)楽しいんだよねー。元気いっぱい。
DSC07531.jpg
イサちゃん、10ヶ月ほどの若い猫です。
彼女は赤ちゃんが産まれました。
新しい彼女の飼い主になってくれる家族を募集しますが、引渡しは
彼女の子供たちが大きくなってからになるので、
ステータスは予約受付中。
DSC07533.jpg
コイスカはお外で見つけられた猫ちゃんです。
おそらく3歳くらい。
彼女がここに来たときは、非常に痩せていましたが、今はずいぶんと回復しました。
他の猫ちゃんとは気が合いませんが、人にはかまってほしい、撫でてほしいと
甘えてくるかわいいコイスカです。
DSC07536.jpg
テオドールス8歳くらい。
彼は去勢されていない状態で、さらに怪我を負った状態でシェルターへ来ました。
今は去勢も済み、怪我もお薬投与で回復しています。
目やにがひどかったのですが毎日3回の塗る目薬の効果でなくなりました。
とても優しい性格のオトコの子です。
DSC07539.jpg
ご飯タイムが近づいてくると
皆が自分のお部屋で待機しだすのが笑えます。
ときどき、ずっとウロウロ~としている
型にはまらない子もいます♪
DSC07540.jpg
ニキシーみたいにね。
「みんなと同じなんてつまらない!」
DSC07542.jpg
「お外にいきたいな・・・」
DSC07543.jpg
コイスカはご飯が待ち遠しいんです。
DSC07544.jpg
テオドースルは翌日、歯の治療を控えているので食事の後の自由行動は制限です。
麻酔しての治療なんだね。
DSC07546.jpg
ディーバは7歳の女の子。
前の飼い主が仕事で忙しくなり、ディーバの相手をしてあげれることが
少なくなったということで持ち込まれました。
腎臓結石のため食事治療を続けなければなりません。
彼女は気の優しい落ちついた性格で、人にたくさん甘えたい子です。
DSC07547.jpg
サミーは優しくて落ち着いててとーってもいい子なんですが、
粗相をちょこちょこしちゃうんです。涙
今は譲渡リストから外しています。
ここのシェルターの看板猫になりつつあります。
「健康だものね♪ずっとここにいてもいいんだよ。」
猫缶に愛しそうにじゃれる食べることが大好きなサミー。
DSC07548.jpg
みなの体調、年齢に合わせた食事管理はばっちりです。
ご飯の種類がたくさんあります。
DSC07550.jpg
みんなの食事リストにご飯の種類や量、薬を使用している子の状態を記入します。
DSC07551.jpg
ご飯中はみなの部屋の扉は閉めます。
後で、どれくらい食べたのかをチェックするからです。
「いただきます。」
DSC07554.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/397-65dc2fa2
<< 「日本国内の常識は、世界からみれば非常識。」 | TOP | ここで生きることが闘い 富岡町の松村直登さん  >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。