動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

2.26代々木公園・動物愛護法改正を求めるデモ行進

2011年2月26日に代々木公園から
行われた動物愛護法改正を求めるデモ行進の様子。
あぁ、私も日本に住んでいたら参加したかった・・・。

女優:浅田美代子さん
前衆議院議員 藤野 真紀子さん
デヴィ婦人 
坂本九様のお嬢様舞坂ゆき子さん
マルコ・ブルーノ氏をはじめ
多くの方がデモ行進に参加し動物愛護法改正を
みなさんに訴えてくれていました。
寒い中、本当にご苦労様でした。

日本動物虐待防止協会デモ
スポンサーサイト

コメント

みーこさん。コメントありがとうございます。
そうですか・・・。
やはり、マルコ・ブルーノ氏も言っておられたのですが、まだまだ日本のデモはパフォーマンスめいていると言っていました。
生態販売を禁止を訴えているのに、署名をするなとは全くもって、理解できない事ですね。

署名はとにかく、知り合い、知り合いに伝えて何を言われても、一人一人の心に訴えけかていくしかないですよね。私もオランダ在住の日本人のお友達などやご家族に署名して頂いています。
日本の家族や姉妹にも署名用紙をDLしてもらって
近所の人やお友達やその方のお友達などに頼んでもらえるように言いました。
この問題を客観的に見ている人達をもっと身近な問題として見てもらえるように
ストレートにこちらも負けずに訴えかけていかなければいけませんね。

本当に、動物の命が毎日、毎日失われているのに、あの子達の命を何とも思わない人間がいると思うと
同じ人間とは思えないし、普通の人間ならば、当然愚痴りたくなりますよね。
私も一緒です・・・。

お金に勝てない・・・。
今、悲しい現実があるかもしれませんが、でも、でも、私達のような人間も世界中にたくさんいます。
特に動物愛護団体所属の外国人の方は、かなりの勢いがあります。
強いです。
3年前にでくわしたオランダの動物愛護団体は若者達も多くて
毛皮反対のデモなどの時はそれはそれは勇ましいです。
18歳頃の若者たちが毛皮を着ている大人に向かっていき、直接言いに行きます。
動物の毛皮を使った犬用のベッドを売っていたお店の前で
デモをし大きな声で強い抗議していました。
私はこんな若い子達が命を大事にしろと抗議している姿に関心しました。

どれだけかかろうとも、あきらめずに頑張りましょうね。

とにかく、一人でも多くの人に理解してもらえるように・・・。

私もはじめたばかりで、まだまだわからない事も多々あります。
何かありましたら、是非教えてください。
宜しくお願いいたします。

オランダの動物愛護団体はとても大きく、かなりの影響力があるみたいなので
輸入に関しても調べて、聞いてみたいと思います。

せいぴょん 様
 
お忙しい所丁寧なレスをありがとうございます。毛皮のエピソード素晴らしいです!何と勇ましい若者でしょう。その位の気持ちでやらなくてはいけませんね。私も何度毛皮の人を見ていいたかったか・・。

私はお店等に抗議の電話やメールを入れるぐらいしかできませんが、毛皮製品を早く世の中からなくしたい。切にそう思います。
はい。諦めずに頑張っていきましょう。

日本の愛護団体はまだ一般の方からあまり支持されていない様な気がします。こんなに動物を飼っている人がいるのに何故でしょう。
支持される愛護団体が沢山できれば、又状況が変わる思います。

曖昧を得意とする日本人ではありますが、この手の話題は極端な事をする人がわりと多いようです。視野が狭く柔軟性が欠けた人達が動物福祉の発展を邪魔しているようです。

他の話題ではありますが、処分をしているからと愛護センターや保健所を強く非難監視したり・・処分減らしに成功している所は市民やボラと上手くやっている所ですといってもわからない。
センター職員の方々のも好きで殺してるわけではないのに、大変だと思います。

せいぴょんさんは遠いオランダからも署名活動頑張って下さってるのだから、私もますます頑張らねば!武田の署名も集めています。こちらは動物実験施設。これは賛否両論分かれる所ですが、公害の面からも心配です。是非一度ごらん下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/ahimsa20101024/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=2

これからの記事も楽しみにしています!
みーこ 様

コメントありがとぅございます。
保健所や愛護センターとボランティアの方達との協力している様子を
もっと公に織り込みチラシやボランティアの人に一般の方のポストへ配ってもらうとか、
こう、もっと知らせる事ができれば、一般臣民の理解者も増えてくるのでしょうが、、、
そういった資金源はやはり一般市民からの寄付と愛護団体から出してもらう他ないようにも思います。
http://www.java-animal.org/
Javaさんに協力してもらえるようです。

はい、、、動物実験も可愛そうで仕方ありません。
知識にするため、勉強している所ですが
武田薬品会社の日本最大級の動物実験施設。

海外の動物実験に長年関わってきた医師達が言っておりました。
「根本的に動物と人間の作りが違うので人間の安全の為の動物実験などは意味がない」と。。。
これについての記事もいずれアップしていきます。

「国家の偉大さや、道徳的水準は、その国で動物たちがどのように­扱われているかによって判断できる」
 マハトマ・ガンジー

人間として最低限のルールを守る事。
命あるもの全て、痛み、苦しみを与えない世界に向けて
私達が声をあげて、次の世代にもしっかり受け継いでもらえるように
生きている間、声に出していきましょうね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/39-e4eefcdd
<< 「電池タマゴ飼育・販売禁止条例」バッテリー(電池)タマゴと放し飼い(自由)タマゴ | TOP | オランダ人と犬 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。