動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

ある議員の発言に関する噂

先日、行われた

 動物愛護法改正前夜 6/19 意見交流会・勉強会
「動物の命」と「人と動物の共生」
~動物の命と福祉を求めて・実験動物~

その後、このような噂が入ってきました。

ある議員の発言だそうです。

  
  「動物実験(実験動物削除に関して)の事をこれ以上言うなら
    <8週齢規制>も却下することになるぞ!」

脅迫です・・・。
果たして、この真相は・・・どうなのでしょうか?
やはり昔から噂があるように、製薬会社から献金してもらってるのでしょうか・・・
日本の政治家は企業と密接なつながりあるとよく噂があります。
もしかして裏があるのでしょうか?
でなければ、わざわざ「削除」なんてことをするでしょうか?

これが事実だとすれば脅迫するような議員を選んだのも国民です。
そんな日本の政治家を選んだのは私たち国民です。

こんな日本政治がまかり通るようになるまで、放置してきたのも見抜けなかったのも私たち国民です。

いったいどの議員が言ったのでしょうか???
これが、オランダで起こったなら・・・国民は市民は黙っていません。
オランダ人は日本人のように大人しい人種ではありません。
自分の権力を悪用する議員に大人しく従うなんてことはしません。

もしこれが事実だとしたら・・・市民が国民がどれだけ頑張っても、こんな政治家が日本の法律改正の行方を握っている限り
動物たちは苦しめられ続け、前進ところか後進国に成り下がり続けると思います。


オランダ人なら、恐喝した議員を公の場に出させ必ず世論にします。
税金を納めているのはオランダ人です。
そして選んだのもオランダ人です。
オランダ人は選びっぱなしにはしません。

日本の動物問題は原発と同じくらい世論にしていかなければいけないくらいの
大きな社会問題になっているはずです。
これ以上、臭いものに自由に蓋をさせてしまうような日本の政治体制、
政治家たちを許してはいけないと思います。

もしこれが事実だとしたら・・・

国民を恐喝するようなそんな最低な議員を、私たちはやめさせる権利を持っているんです。
議員は民意を聞き、国をよくしていこうと働くことが仕事なはずです。
私たちが期待して選んだ人が間違っていたとした、やめてもらえばいい。
日本は民主主義国家なはずです。


政府は大飯原発再稼動反対のために首相官邸前デモに集まった
4万5千人ものデモに参加した勇気ある国民の意思を無視し再稼動をさせます。
東京新聞6月26日付け
コピー ~ june-26e2012

経済より生命が大事。
人間優先ではなく、生命優先。
そんな日本を作っていきたいです。

自分以外の他のものに思いやる優しさを失ってしまうと人間ではなくなってしまうと思います。

政治が、政治家が動くときは世論が大きくなったときだけです。4699.jpg
スポンサーサイト

コメント

オランダなんてインドネシア植民地にして謝罪もしてないクズだろ
私のブログの趣旨とはかけはなれ、論点がずれたコメントをされているのですが・・・。
お答えします。

Aさん、私達日本人がそのインドネシアを占領したこと、オランダ人捕虜、慰安婦問題、
実際はご存じなんですよね?

オランダは日本と同様クズだったと思います。
植民地支配はヨーロッパ列強の負の歴史です。
今の豊かさはその当時の植民地での犠牲の上になりたっていることを忘れてはいけないと思います。
一番大切なのは、その歴史を知っているということではなく、それをどう活かせるかではないでしょうか。
誰かが何とかしてくれる、被害者で終わるのではなく、二度と同じような過ちを繰り返さないように
謝罪、賠償だけでなく、その国を受け入れる姿勢が日本との大きな違いなのかもしれません。

オランダはインドネシアに公式謝罪をしています。
でもこの事実、そんなに大切でしょうか。
あなた様も本当はよく分かっているはずです。
日本が好きだからこそこのようなコメントを残されたのかとお察しします。
私達も同じ気持ちです。
日本が好きだから本当は知られたくもない日本の姿をオランダから発信しているんです。
無知よりも無関心、、これほど怖いものはないと痛感しております。
私たち日本人がオランダ人捕虜だけでなく、どれだけの国の人を苦しめてきたか、日本軍が行った歴史です。
オランダ人を捕虜にし奴隷にし食事を与えず、眠ることさえ許されず死ぬまで、死の鉄道を作らせたのですから。
日本はオランダのことを言える資格などありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%B0%E7%B7%AC%E9%89%84%E9%81%93

私の友人(オランダ人)の会社の上司はインドネシア人でした。
友人が私にある日本語の紙を訳してほしいと上司から頼まれたといって、もってきました。
その紙に書かれていた日本語は、戦争を知らない私にとっては衝撃なものでした。
紙にかかれていたのは、上司のご家族が日本軍に捕虜にされ強制収容所から次の強制収容所へと移送するということを証明するものでした。
日本人の私にうらみや憎しみの言葉などではなく、オランダ人の友人とその上司は訳した私にありがとう。と丁寧に言いました。


暗い・悲しい過去を振り返り 教訓にすればこそよいのですが それらを引きずり心を閉ざしてしまったら闇の連鎖しかありません。
これからの子供達に 何の罪があるというのでしょう???
しっかりと未来を見据えて 間違いは間違いと現実を認め 一つ一つ正していきましょう。
今 この地球自体がおかしくなっています。
国々が個々の利益を争っている時ではないのでは・・・
故ジョン・レノン、故マイケル・ジャクソンの人生をかけ、音楽を通じて世界を一つにしようとした事、それこそが 本当の優しさ・勇気であって 全ての人の幸せを願って亡くなった彼らの事を どうか忘れないで。
これからの世代の人達には バカな大人の真似をせず しっかりと自分達の明るい未来を目指してほしいです。
その事に気付いた大人も この腐りきった日本を変えれる様頑張りましょう。
長くなって すみません。
エコちゃんの母様、コメントありがとうございます。

全くもって同感致します。

本来、社会を引っ張っていく力のある人なのに、学があるゆえに、縛られ身動きが取れなくなっている方が(特に政治家などの地位を持つ人)日本には多いのかと思ってしまいます。本人も辛いと思いますが・・・

自身を縛っている、(もの)がわかっているのであれば、とらわれず、固執せず、頑固にならずに自身を解放するなにかに出会えるといいのですが・・・。

過去の辛い出来事を受け入れ、許し、断ち切り、見直し正す、勇気や強さを持ち、行動する人が増えると、きっと世の中は変わりますね。

私たちが忘れてはいけないのは、「世の中を変えてきたのは、私たちのような一般人。」だということですね。

本当に、戦争も原発も自分以外の他のものを思いやる気持ちを忘れてしまっていることも全て過ち、繰り返させてはいけないですね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/384-f181691e
<< 動物実験大国のワースト2位の汚名は利権によって今回も挽回できず! | TOP | LIVING WITH DOGS >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。