動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

お知らせ!

本日も・・・aki日和♪
クリック↑リンク元↑

t02050403_0205040311995719361.jpg


震災ペットを救う―3・11から学ぶ「ペット防災学」/藤村 晃子
514GACaeS7L__SL160_.jpg
¥1,260
Amazon.co.jp


ペット大国日本の責任!―いのちがおしえてくれたこと/藤村 晃子
418ABLc6fBL__SL160_.jpg
¥1,260
Amazon.co.jp


動物実験に反対しているブログより写真シェアさせていただきました。
t02200165_0500037512014922001.jpg


※以下、転載・転送・リンク大歓迎です。
拡散にご協力をお願い致します。

http://homepage2.nifty.com/jikken-houseido/shuukai0619.htm

動物愛護法改正前夜 6/19 意見交流会・勉強会
「動物の命」と「人と動物の共生」
~動物の命と福祉を求めて・実験動物~

開催趣旨 
「動物の命」と「人と動物の共生」
~動物の命と福祉を求めて・実験動物~

弁護士 植田 勝博 (THE ペット法塾代表)

動物愛護法は「動物の命」を核とし、「人と動物の共生」を
基本原則として、何人もみだりに動物を傷つけたり、
殺したりすることを犯罪として禁じています。

現在の日本の動物をめぐる状況は、
動物を物や商品として生産、販売をし、
利用し、要らなくなればゴミとして行政が引き取るなどして、
殺処分、焼却をしています。

私達は、多くの国民の意見を背景として
次の法律改正が必要であると訴えて来ました。

動物愛護法35条の行政の引取義務、及び、
それに続く殺処分が、犬ねこだけでも、
現在もなお20万匹というおびただしい数が殺処分されており、
このような、動物をゴミ扱いで殺す行政は、
動物愛護法の基本に反するものであり、
同法35条の行政の引取義務の原則撤廃(制限)を求めてきました。

また、実験動物、産業動物などは、
行政の殺処分以上ともいうおびただしい数とされながら、
その実態さえ闇の中にあって、
苦痛の中で生かされて殺されている状況にあり、
これは動物愛護法の基本原則に反するものであり、
動物の保護・福祉を基本として、
実験動物の動物取扱業の規制を求めてきました。

この度、平成24年5月31日の
民主党動物愛対策ワーキングチームで、
予定されていた実験動物の改正は、
動物愛護法の改正項目から一切除かれ、
実験動物は、動物愛護法とは別の法律で規定することも
含めて今後の問題とされました。
しかし、これは、動物愛護法の基本原則に
踏みにじるものといわざるを得ません。

動物愛護法は、実験動物などの区分けの
規定はなく、区分けするべき合理的根拠もなく、
痛みと感情を有する動物の命において差異はなく、
実験動物も命ある動物として動物愛護法の適用と
保護がなされると解されてきました。

動物愛護法の「動物の命」と「人と動物の共生」の
基本理念は、人類の普遍的原理であり、
同規定を置く動物愛護法は、
動物法の基本法と理解をされてきました。

しかるに、実験動物を、
動物愛護法から除き別の法律で規定をすること
を含めて今後の方針とされたことは、実験動物を、

「動物の命」と「人と動物の共生」の普遍的な
基本原則の外に置くことに他ならず、実験動物が、
「動物の命」において差異はなく、

およそ動物の命への尊厳、畏敬、いたわりが必要なことは、
人倫であり、動物愛護法の基本理念であるところ、
そのような動物基本法に明らかに反するものと言うべきです。

私達は、今回の動物愛護法の改正において、
「動物の命」と「人と動物の共生」を基本原則として、
行政に対して「殺す行政」から「生かす行政」へ、
業者に対して「物・商品」から「命ある動物」として
扱うべきことを、行政、社会、国民については
「迷惑や被害を受ける動物の排除」から
「動物の命と人と動物の共生」をすべき義務、
責任を負うものとすべき、大きな法律改正を求めてきました。

それは、動物との共生なくして、
私達、人間が生存し、豊かに生活が送れるとは考えられないからです。

上記の動物愛護法改正のために、
実験動物を含めて、「動物の命」と
「人と動物の共生」を目的とする、
約30万人近くの署名や、数万件に及ぶパブコメにおいて、
迷惑な動物を殺すことによって問題を解決し、
人が利用する動物を、あたかも物として利用して
痛みを与え続けて、利用が終われば殺して廃棄するという、
行政、業者、社会の状況は、動物愛護法の普遍的な基本原則や
人倫からも許されないとの、国民の多くの人達の意見をふまえて、
その改正を求めてきたものです。

 私達は、この大詰めの状況において、
上記の国民の声を踏まえた、
動物愛護法の基本原則に基づいた
動物愛護法の改正を実現するために、本交流会を開催するものです。

1 開催日:平成24年6月19日 午後5時から7時(開場5時)

2 場所:衆議院第一議員会館大会議室(地下1階)

国会議事堂前駅(地下鉄千代田線・丸ノ内線) 徒歩1分 

3 主催:THEペット法塾、

共催:全国動物ネットワーク、
日本動物虐待防止協会、栄町猫対策委員会、動物実験の法制度改善を求めるネットワーク

4 定員:300名 (事前受付、ただし当日参加も可)

5 次第、資料配布

  挨拶 主宰者、出席議員

司会進行:藤村晃子氏(社団法人日本動物虐待防止協会)

司会補佐:坂本博之(弁護士・NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワーク)

6 資料代:500円

集会のチラシ(PDF:2MB)

・・・・・・・・・・・・・・・・

開会宣言 司会 日本動物虐待防止協会 藤村晃子氏 

開催趣旨説明 植田勝博弁護士(THEペット法塾) 

議員挨拶

■第一部

■基調報告1

「骨子案まとめまでの経緯を振り返って」 
   松野頼久氏(衆議院議員、民主)  

■基調報告2 

「動物愛護法を巡る動きを取材して」
   太田匡彦氏(AERA記者)

■第二部  再度、私たちは国会議員に訴えます。

テーマ①動物実験と実験動物の福祉についての意見
藤沢顕卯氏(動物実験の法制度改善を求めるネットワーク)
ゲスト:「某化学企業社員の証言」~動物実験の現場からの体験談を聞く~

テーマ② 動物愛護法35条、引取制限(撤廃)を原則とすることの意見
植田勝博弁護士(THEペット法塾代表) 

テーマ③ 野良ねこ等所有者のいない
     動物についての繁殖抑止及び行政、社会、国民の保護義務についての意見    
宮本充氏(立川市栄町猫対策委員会 代表) 

■第三部

意見交流会(パネリスト・議員と会場との意見交換)

・コーディネーター 植田勝博弁護士(THE ペット法塾代表)
・パネリスト:
出席議員
和崎聖子氏(NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA))
山田佐代子氏(神奈川県動物愛護協会)
藤沢顕卯氏 (動物実験の法制度改善を求めるネットワーク)
成田司氏(Giraf Project)
マルコ・ブルーノ氏(動物愛護支援の会)ほか
会場の参加者を交えて

閉会宣言 決議文 植田勝博弁護士(THEペット法塾代表)

閉会の辞 司会 藤村晃子氏

申込方法:事務局(全国動物ネットワーク事務局(坂本博之法律事務所)) 

※①ご氏名、②ご住所、③(あれば)所属団体、
④連絡のつくお電話番号をご明記の上、「6.11緊急院内集会参加申込」として、
下記のメールアドレス又はfaxにてお申し込み下さい。(ただし当日参加も可)

お問い合わせ:

   *メール:fwin5675@nifty.com

   *ファックス:029-851-5586

(出席者等、変更になる可能性があります。ご了承ください。)

※同日、15時より国会議員会館前にて決起集会(雨天決行)も行います!
動物との同伴参加はご遠慮くださいますようお願い致します。
スポンサーサイト

コメント

みーこさん、本当にお久しぶりです。
隠れブログをずっと見ていただいてありがとうございます。

みーこさん、お元気でしたか!?現場で日々の活動、本当にご苦労様です。

コメントの内容を見てみーこさんたちの日々の絶え間ない努力があってこそ一歩一歩確実に全身しているのだなと思いました。素晴らしいです!!!

3倍のお部屋になるということは、注目されてきたということの現れでしょうか?

闘う場所は遠く離れてはいますが、目的目標は同じですもんね。
一日でも早く、楽しみながら動物保護に取り組めるような国になってほしいです。
動物を愛する人たちがこんな大変な思いをしなくてもすむような日本社会を構築していきたいですね。
頑張りましょうね!
こちらもできることからですが、確実にすすめております。

集会、大成功するようにオランダから祈っています!
お体だけ、酷使しすぎないように御自愛くださいね。
ぷーどる♀さんへ

コメントありがとうございます。
とても嬉しいです。
メールアドレスも添付してくださっているので、のちほどメールさせて頂きたいと思います。

お声かけありがとうございました。当日は台風が接近していまして、夜はかなりの雨風で電車も止まって
しまったりしました。キャンセルも多かったですが、当日参加の方とっても多くかなり遠方からの参加者
の方も多数いらっしゃいました。皆さんの熱い思いを感じました。

一つ残念な事は、松野議員は欠席民主党の議員も出席が少なかった。というのは夕方同じ時間に
重要な民主党合同会議があったからです。
松野議員は衆院議院運営委員会筆頭理事でもあり
勿論こちらの会議にでなくてはいけませんでした。

しかし出席できなかった事残念がっていたとの事でした。政局不安でもありますし、仕方がありません。
日頃は改正にかなり積極的に取り組んでくれています。ご心配おかけしましたが、盛会となりました。
「動物愛護管理法改正・平成24年6月19日意見交流会」終了のお礼とご報告

19日開催された緊急院内集会のご報告とお礼を述べさせて頂きます。

開催決定から当日まで10日しかございませんでしたが、短い準備期間のなかで、個人・動物保護団体の皆様には、告知等のご協力を賜りまして

お陰様で定員300をほぼ埋める盛会となり、無事に閉会を迎えることができましたこと、心よりお礼申し上げます。

30名の国会議員の先生方(秘書含む)に駆け付けて頂き、ご挨拶を賜りました。

また、前国会議員の藤野真紀子様、デヴィ夫人を始め、多くの心ある方々に、あく天候の中、足を運んで頂きました。

皆様の法改正への熱い願い、動物を命あるものとして扱うべきとの思いが、会場を満たしていました。

残年ながらパネルディスカッションに現役議員の参加は実現しませんでしたが、この現実を受け止めて、さらに前へ一歩、皆さんでともに連帯し踏み出していきたいと決意を新たにしております。


ANJ事務局
そうでしたか・・・。
私は今の段階での増税に関しては反対派という自分の意思もあり、松野議員がそちらの会議へ出席しなければいけないことは理解しますが、今回の動物愛護法改正の中から動物実験削除に関しての真相、議論、意見交換など、一番大事なところで議員または秘書が誰もいなかったということは、とても残念です。

議員立法で決まるわけですから、この場に法改正のいくさきを握っている議員たちがいないというのは・・・

この期に及んで、動物実験に関しての規制を取り入れないという、日本の動物たちに対する姿勢はとても恥ずかしいです。

だからこそ、みーこさんたちのような方々が頑張ってくれているのに。
こんな状態では、日本の行く末はますます心配になりました。
動物実験に関して議員との議論がなかったことは非常に残念に思いますが、ご報告ありがとうございました。
そして、みーこさん、本当にお疲れ様でした。

私は日本へ行くことがなかなかできない身ですが、日本が動物先進国になってほしいという気持ちはみなさんと同じです。

文を書くのも得意ではありませんので、読みづらいかと思いますが、
これからもオランダから発信できる情報をこれからもアップしていきたいと思います。

みーこさん、お体に御自愛くださいね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/377-6850fc8e
<< ボランティア10 | TOP | 日本人であるなら、ぜひ、一度見てください。「第2回犬猫の命を守るための勉強会」 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。