動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

伊藤ハム養豚場での恐ろしい豚の虐待行為

残酷なものを見えないように、聞こえないようにしたければ、
それをなくすために自分自身が行動することが一番の近道だと気付くべきだ。
             
              ヨハン・K・リーベルト



伊藤ハム養豚場での恐ろしい豚の虐待行為が映像で公開される
(2012年4月)

この伊藤ハムの豚飼育農場WPFは、

『豚の生育環境において致死性の高いPRRSウィルスを発生させたことのない、米国でも数少ない清浄性の高い

農場のひとつであり、さらに日頃より全従業員に対し、家畜の適正な取り扱いについて定期的に教育・研修・指導

を行ってまいりました。』

と、伊藤ハムが自信を持って言うほどの、世界でも厳しい基準を設けられているとされる農場です。

その実態がこれです。



神田ウソのブログ
リンク先です。↑クリック↑


•母豚は、自分の体の大きさよりかろうじて少し大きいくらいの狭い金属クレート(枠)の中に閉じ込められ、生涯を通じて、向きを変えることも、快適に横たわることもできません。

•労働者は麻酔を使わずに、意識のある状態で仔豚の体を切り裂き、睾丸を取り出します。

•腸が飛び出して苦しんでいるのは、去勢が失敗したためです。

•仔豚たちは意識がある状態で、鋭利なハサミで尻尾を切り取られます。

•大きく開いていて、膿のたまった傷や床ずれ。

•病気になったり、怪我をしたりした豚は、獣医師による適切なケアも受けられず、時間をかけて死んでいきます。

•母豚は定期的に妊娠させられ、子宮脱を患います。子宮は膨張し、炎症があり、出血性で、通常致命的です。

•「ジェットコースターみたいなものよ」といって、子豚を放り投げるように労働者を教育している
こういった分娩クレート(ストール)に母豚を閉じ込めることは明らかに虐待であり、EU全域とニュージーランド、フロリダ、アリゾナ、オレゴン、コロラド、カリフォルニア、メイン、ミシガンの各州で禁止されています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

米ファストフード大手マクドナルドは31日、妊娠した雌豚を閉じ込める「妊娠小屋」という狭小の囲いを利用する養豚業者からの豚肉購入を2022年までにやめると公表しました。

日本の未来をこれ以上暗くしないためにも
動物愛護、動物福祉の向上を目指して
日本人、一人一人の意識を変えていかないといけないんです。

スポンサーサイト

コメント

それじゃ、豚肉食うな!
コメントありがとうざいました。

日本の動物愛護が向上しない理由がこのコメントにも表れていると思います。

食べる消費者がいるから養豚場を経営なされている生産する側も消費する側も命ある豚の飼育過程に配慮していくことは人間としてのモラルだと思います。

動物の命も人間の命も同じだと思います。
感情をもつ痛みや苦しみを感じる動物たちをどうせ食べるのだから、
彼らの命を奪うまでの間、苦しめながら飼育してもいいのでしょうか?

海外は妊娠小屋などを廃止するよう議論がなされてきているのです。
人間のモラルに反するひどい行為であるとする理由からです。

このようなひどい光景を知ったのに、伊藤ハムを買おうとは私は思いません。
私はベジタリアンではありません。
彼らの命を頂くから、彼ら動物たちの命に配慮し改善してほしいのです。
妊娠小屋で飼育せず、虐待せず、彼らの動きの自由を奪わず放牧飼育する、彼らの命に配慮して飼育してほしいのです。

安いお肉には家畜たちの悲しいそれなりのバックグラウンドがあることは周知のことです。
オランダでは家畜の飼育環境に配慮したお肉がスーパーで普通に買うことができます。
オランダだって改善していかねばならないところはたくさんあるし、頑張っているんです。
これが、オランダ人の倫理の表れです。
スイスは世界一、動物愛護が進んでいる国だともいわれているほど、飼育環境に配慮したとても厳しい法律があります。

日本だって素晴らしい農家さんたちがたくさんあります。
命に配慮している農家さんがあります。
命をお世話すると、愛情がわくのは人間として当然だと思います。
できない私たちのかわりにトサツを行ってくれている方にも私たちは感謝しなければいけないと思います。

日本だけでなく、そういう世の中になってほしいと思っている一人です。
命ある彼らの飼育に配慮するより、利益優先社会が動物たちを苦しめ続けていると思います。

ベジタリアンかそうでないかという白か黒かの判断ではなく、
食べ物以外でも、なんでも自分以外のものを思いやる気持ち・・・を
持てなくなったら、それがなくなったら人間じゃなくなってしまうと思います。
人間として失ってはいけない、一番大切なことだと思います。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/375-64213723
<< 日本人であるなら、ぜひ、一度見てください。「第2回犬猫の命を守るための勉強会」 | TOP | お隣さん家の猫 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。