動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

これが最先端のオランダの教育方針です。



私の息子の学校のこと。

おらんだにモンスターペアレンツはいません。

子供同士のケンカに親は入りません。

なぜなら子供同士で話し合い解決する力が小さい頃の教育で備わっている。

いじめがあっても、放置はしない。

必ず、誰かが手を差し伸べる。

先生が一人の子に手をかけても、親は何も文句などしません。

理由があるのだと、汲み取るからです。

オランダ人はだらだらと文句をいったりするのも嫌がるし、会議もだらだらといつまでもしない。

そして、一番の理由はそれほど気にしない国民性なのです。(笑)

オランダ人=寛容・楽観的・少々適当

オランダの子供たちは子供達自身で留年するかしないかを選びます。

「もうちょっと、勉強したいわ!」と子供が思えばもう1年同じ勉強をして、

しっかり身につけていくのです。

大人から「留年だ!」と蹴落とされるのではありません。

これが、わたしから見たオランダです。

オランダ人と日本人、半分半分だったら、ベストだなとよく思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/367-eb30e9b4
<< 犬・猫の殺処分減らすため 愛護法改正案 NEWS | TOP | 「妊娠小屋」 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。