動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

たったひとりで冬を待つ

◆クリック◆私に何の関係があるというのだ・イギリス在住の翻訳者ノーマン・テイラー邦子さんのブログ

たったひとりで冬を待つ

チェルノブイリ原発事故以来最悪とされる福島県原発事故。
その立ち入り禁止区域の中にたった一人で住むとされる松村なおと氏が
ワシントンタイムズ紙のインタビューで近況を伝えた。

冷たい風が吹きすさぶ中、タバコに火をつける。
「これをやめたら、病気になってしまうんでね」

松村なおと氏、52歳。一日一箱を吸うという。
家から8マイルの距離にあった原発3基から放出された放射能の量は広島と長崎の168倍とされ、
1986年に起こったウクライナ地方チェルノブイリの原発事故以来最悪のものとされている。

電気もなく、発電機の金も持たずに生活している松村氏は、
隣人から譲り受けた石炭でこの寒い冬をまかなえるかどうかわからないと言う。
すぐ零下になる東北地方の冬である。

彼が世話をする何百もの動物。
牛400頭、豚60匹、鶏30羽、10匹の犬、100匹以上の猫たち、そして一匹のダチョウ。
この動物たちはもう来年の春を見ないかもしれない。

「この動物たちを助けることができるのは人間だけです」

「餌の貯蔵は12月末で尽きてしまいます。餌だけでなく、冬を越す小屋も作らなきゃいけない。
私はひとりで全部やっているんだ。政府がやるべきことを、私だけがやっている」

家系をさかのぼると武士に行きつくという松村氏はスパルタ教育を実践する父に育てられた。
一生懸命働き、自分の足で立てと。ずっと農業に従事している。10年前に離婚して以来一人である。
21歳と23歳の子供たちは埼玉に住む。

原発事故後、子供たちは父を呼んだが、
「心配するな。この原発事故でみんな死んでもわしは死なん。ここからは出ない」と拒んだ。
彼は自分を砂漠の中の一匹狼になぞらえる。
そして原発は生きているものを、今もそして未来も食べつくす目に見えない敵だとみなす。

日没後、あたりは真っ暗になる。遠くまで闇である。人間の気配すらない。
テレビもインターネットも携帯も何も持っていない。
石炭の火で暖ををとり、7時には布団にくるまる。
自分の身体の中で何か起こっているかもしれないという悪夢にうなされながら。

夜明けとともに起き、缶詰を食べ、、原野を20分ほど犬と散歩する。
日のあるうちに墓を清掃し、動物たちの世話をする。
牛や豚は3月に飼い主たちがいなくなってからは柵囲されていない。

松村氏は原発を所有する東京電力を責める。彼の100歳になるおばを殺されてしまったからだ。
富岡から会津若松の病院を何度もたらいまわしにされ、疲れ果てて死んでしまった。

「多くの人が叔母のような亡くなり方をした。東京電力のせいだ。ひどい会社だ。
政府より権力を持っているんだ。電力供給を管理しているからな。しかもマスコミにも影響力がある」

11月のある日曜日、救急車が彼の家の前に到着した。
「家ん中に入ってきたのでびっくりしたよ。誰が寄こしたのかわからない。
身体を見たけど、特に悪いところはなかったようだ。俺は退屈もしてなければ鬱にもなっていやしない。
一人に慣れっこだしね。医者が俺のことを放射能のチャンピオンだといったよ」

彼は動物と原発のことを話す時、一番情熱的になる。

「エネルギーを悪い形で使うのを世界中でやめるべきだ。人間がつくりあげたものはいつか必ず壊れる」

彼は続ける。

「富岡も他の立ち入り禁止地域と同じように大掛かりな手立てをとらなければ消えていくだろう。
年寄りだけが村に戻りたいと言っている。若い人はもう戻らない。20年以内には年寄りはみんな死んでいく。
生命のサークルを受け継ぐ若い世代はいなくなり、ついに誰もいなくなる」



THE WASHINGTON TIMES

松村さんの関連記事は前にもアップしています。併せてご覧ください。
置き去りにされた一人と一匹

また松村さんのことを皆様のブログやツイッターでご紹介、拡散してくださるのでしたら、とても嬉しいです。

それにしても、松村さんに関する情報がどうして日本のマスコミからとれないのかが非常に不思議です。

皆様お元気でいらっしゃいますか。
私は拙ブログを含むホームページを作りたいと無謀な野望を持ち始めております。
いつになるかわかりませんが、完成しましたらぜひまたご訪問くださいね。
いらしたついでにと言ってはなんですが、保護活動ランキングのクリックお願いします!
スポンサーサイト

コメント

恥ずかしながら、松村さんの事を今まで知りませんでした。
是非、多くの方に知って頂きたいと思います(>_<)

日本でも動物を愛する多くの方々が、被災地の動物達を救って欲しいと、日本政府や海外に嘆願書を出し、SOSを発信してきましたが日本政府は動かず

未だに動物の保護に関しては民間任せにしている状態といえます。

早急に政府自らが保護に動いて頂きたいものです。
私もノーマンテイラーさんのブログにて知りました。
日本は、どこまで動物も人も追い詰めて犠牲を出すつもりなのか、政府が重い腰をあげる気がないこと
行動のなさには理解に苦しみます。

オランダで災害が起こった場合の動物たち対する救助方法や避難方法についての原則があります。
法律ではないですが、以前に起きた災害を教訓にし、オランダの政府公認の動物愛護団体がまとめ作りあげた動物災害支援救助があります。

万が一、災害が起こった場合に、すみやかに動物たちを避難させる方法や手順などが記載されています。
動物たちを愛する人たちは、日本のように家族である動物を放置し逃げるという要求は受け入れません。

ヘリコプターで救援する際も、日本では人間のみが最優先され、愛するペットを置き去りにせよという冷たい国です。
オランダでは一緒に救助するのは当然の民間意識です。

どうしても連れていけないという理由がある場合は、ドアの前に張り紙をします。
犬種、猫種や写真、名前を記入し、救助してくださいとドアに張り紙をしておきます。
鳥でもうさぎでもです。

市では1日10回ペースで動物救急車が出動し、常に動物の命を救いに行っています。
動物愛護団体や動物レスキューのスタッフは正規雇用の人とボランティアで成り立っています。
国からの援助と自治体からの援助、民間からの援助で運営されています。

私もパフォーマンスの法改正だといわれているとしても、
動物愛護団体のガス抜きにすぎないといわれいても、
3月末まで、オランダと比べての意見を各党の動物愛護推進委員会の議員さんたちに意見します。

日本の動物愛護意識レベルを欧州並に押し上げたい!です。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/332-e6d8a23a
<< オランダのアニマルポリス | TOP | 横浜市動物愛護センター >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。