動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

イギリスに続きノルウェー・ベルギー・ドイツ・オランダにも

ノルウェー・NYHETER紙が日本の殺処分の様子の報道 

ベルギーの記事・ドイツの記事・オランダの記事も
日本の残酷な殺処分の事を取り上げていますので
それぞれアップします。

日本が隠したがっているこの事実が世界に広がり、
日本がどんなことをしているかを改めますように。

小さな命さえ大事にしようとせず
生かす努力や方法を思案せずに
仕方がないや、命より利益優先にしている国や人が
国民や子供たちに命を大事にしましょうなどと
言っていることに疑問です。

子供達はそんな矛盾だらけの日本の大人を見て
また同じような大人へと育っていくのでしょうか。
いい大人になるには教育しかありません。

勉強ができなくたって、いい学校出てなくたって
最後に残るのは学力やお金じゃない。

死ぬときに自分に恥じない生き方ができたかどうかとか
わが子や孫や未来っ子たちに
一人の大人として一人の人間として
恥じない国を残してあげれるかだと思うんです。

小さな頃、自分はこんな大人にはならない・・・。と
思っていたはずなのに
いざ大人になってみると
嫌だと思ってたような大人になってる・・・。
そんなことを感じたら
気づいたときから直せばいい。

世界から、日本はどんどん信用を失っている。

とにかく生かす方法を考えるだけのこと。
何が必要か、何を廃止しなければいけないか
何を厳しく取り締まらなければいけないか
何が動物達にとって一番いいのか

答えやヒントは
ヨーロッパにあります。
命は待ってくれない。

私、説明も下手ですし
このようなブログだともっと
伝わりずらく、誤解を招いていることも
たくさんあるかもしれないけれど
普通のこと、当たり前のことを言ってるだけです。

法律に
むやみに殺してはいけない
みだりに殺してはいけない
と書いてるのに
法律違反を犯しているのは国の方ですから。
そんなのおかしいと思わない人の方がおかしいはずです。
Gasser 250 000 kjæledyr i året
.Er uskyldige offer for den forfengelige og kyniske kjæledyrsindustrien i Japan.
27.10.2011, kl. 13:50

(Dagbladet): Det tar rundt ti minutter før bjeffingen stilner. Etter ytterligere tjue minutter går klynkingen og rykningene over i full respirasjonsstans og død i «drømmeboksen», en eufemisme for gasskammeret som sakte fylles av karbondioksid, ifølge den britiske avisen Sunday Mirror som har fått tilgang til å dokumentere praksisen.

Kadavrene dumpes gjennom en luke og inn i en forbrenningsovn som holder 600 grader. Hele prosessen er lovlig, drevet av myndighetene og skyldes i stor grad den japanske kjæledyrsindustrien som omsetter for over 170 mrd. kroner i året.

Uregulerte oppdrettere driver råavl for å produsere dyr med ønskede trekk som lever opp til de siste trendene, enten det er rød pels eller en miniatyrutgave som får plass i veske. «Motedyrene» kan gå for opptil 40 000 kroner, mens de andre ofte ikke blir solgt og må dø.

Praksisen fører også til at bare én eller to i et kull har den «riktige søthetsfaktoren», ifølge avisa. Og siden oppdrettere bevisst driver innavl over flere generasjoner for å tvinge fram enkelte sjeldne trekk, blir mange av de andre født med alvorlige genetiske defekter.

- Å kjøpe et kjæledyr er ikke noe annerledes enn å kjøpe en håndveske for mange. Folk kjøper dem uten å tenke mer over saken, og kaster de senere som leker, sier Emi Kaneko ved den veldedige organisasjonen Lifeboat til Sunday Mirror.

スポンサーサイト

コメント

地元での愛護活動にて、パネル展でこの記事を使用するにあたって、日本語訳を使わせていただきました。 とても助かりました。ありがとうございました。
二村様

こちらこそ、ありがとうございます。
日本の動物愛護向上に尽力を尽くされている方々の協力ができて、こちらこそ光栄です。
もし、よければ、そのときのパネル展の様子などブログやHPなどに掲載済みでしたら、非公開のコメントにて教えていただけると幸いです。
宜しくお願い致します。
二村様

お知らせくださいまして、ありがとうございました。
拝見させて頂きました。素晴らしいです。
こうして、日本の動物愛護向上に向けて、人にも動物にも優しい日本社会になるようにと、命の大切さを伝える取り組みをしている方々がたくさんいると思うと、こちらもがんばらなければいけないと励まされる思いです。

遠く離れた国にいますが、目標は同じですね!

ありがとうございました。


コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/318-5654c5a1
<< ベルギー・日本殺処分の様子の記事 | TOP | エゾシカ、旭川の高校に出現 5時間後、捕獲・駆除 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。