動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

BIO商品■ベジタリアン・ダイエット■

ヨーロッパ・オランダに来てから
動物に優しい食品選びということを身近に感じるようになった。

私たちは完全ベジタリアンではないけど
私たちの食卓に並ぶお肉選びは動物に優しいを心がけている。

それでも、肉食生活は大腸ガン・直腸ガンの可能性を増やす結果がでたこともあって
もっと控えるようになった。

スーパーへ行ってもお肉コーナーはほとんど素通り。
お友達のお家で出されたら頂く、外出先で頂くくらいです。
肉食を控えると体重が軽くなったことを実感したこと
さらに健康になったことも実感した。
IMAG0477.jpg
会社の同僚で2人、完全ベジタリアンがいる。
その人たちもいつも健康的で肌も綺麗で細くて健康的な体をしてる。
男性と女性
さらっと言い放った言葉がすごく印象的で耳に残った。
「◎◎◎、痩せたかったら、ベジタリアン食を食べたらヘルプになるわよ」
そしてジムのスタッフもベジタリアンダイエットはいいといってた人がいた。
IMAG0481.jpg
私のパートーナーは現在1ヶ月ベジタリアン食ですでに4キロ痩せた。
ジムにも時々いっているけれど、
ジムのスタッフはそれでも早いペースで落ちてると言ってた。
普通に食べていて痩せていく。
もちろん、ジムが一番きくだろう。
そしてもっと早いペースで落とす手助けになっているのが
ベジタリアン食なのだと思う。
かくいう私もすでに1ヶ月で5キロ落ちた。
このままベジタリアンダイエットは続けます。
息子も普通に美味しいといって食べています。
何より動物にも優しい・・・。
本当にお肉の味がするから。それでいいじゃない。
あとはフルーツ100%ジュースで毎日ビタミン補給と
カルシウム強化も忘れずに。
IMAG0483.jpg

IMAG0480.jpg
明日はBIOの偽ひき肉とトーフでマーボードーフを作ります♪
前回もこれで作ったのですが
息子にもパートナーにも好評でした♪
おいしいです。
IMAG0476.jpg
予定通りBIOのベジタリアンひき肉を使用して
マーボー豆腐を作りました。
ピリ辛でおいしかったです。
IMAG0518.jpg

ベジタリアンダイエットでどれだけ痩せれるか楽しみです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
オランダの大手スーパーたちと動物愛護団体とが協力して
スーパーで売られているお肉に(命をもっていた動物たち)対して
★印が表示されている。
DSC02193.jpg
★の数でレベルわけしている。
もちろん、★の数が多ければ多いほど
動物たちに優しくいい自由な環境で飼育されているという意味。
DSC02194.jpg
狭い檻の中で飼育したり、ストレスなどの苦痛を強いる環境では飼育されていないという証拠を
スーパーと動物愛護団体が協力して
購入者に情報提供をしているのです。
DSC02195.jpg
ベジタリアンコーナー
今週は25%オフ
IMAG0502.jpg

IMAG0503.jpg
★★★
IMAG0505.jpg
今まで国や行政は真剣に動物の命に対して向き合ってきていません。
立ち止まったままです・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/301-6027b813
<< 飼育放棄…その瑣末な理由 | TOP | オランダの動物愛護法律:ブリーダーが行ってよいとする繁殖は1年に1回まで! >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。