動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダの動物愛護法律:ブリーダーが行ってよいとする繁殖は1年に1回まで!


ボーダーコリーのブリーダーとして承認されるには・・・
ボーダーコリークラブNEDERLANDTSという団体がオランダ中に存在します。
この団体はボーダーコリーのため、ブリーダーのため、購入者のために存在します。
ブリーダーがボーダーコリーを繁殖させたいのであれば
FOKREGELEMENTというブリーダーのルールをクリアする必要があります。

とても細かくて長く厳しい決まりがあるので全ては書けないですが、
ポイントをオリジナルのウェブサイトから翻訳し書きたいと思います。

このボーダーコリークラブのルールをクリアするには次のようなチェックアップがある。

◎ボーダーコリークラブの人がチェックアップをしに開催される町へ来る。
FOKKERの人はメールや電話、サイトで開催される日付と町を確認し
自分たちの繁殖犬用のボーダーコリーを連れていくことができる。
(連れてくる繁殖犬用のボーダーコリーには必ずぺデイグリーが必要。)

そこで母犬・父犬になろうとする両方をボーダーコリークラブが検査をする。
      ■■検査の内容■■ 
      
      ■骨格の写真(股関節異形成)ボーダーコリークラブが選んだ場所
      (会社や企業:例)動物愛護団体やシェルターなど)か
       ドクター(動物病院)あるいは、外国であればFCIという団体が行う。
      
      ■目の検査 
      
      ■タレント・スキルテスト(シープドッグの才能)・
       仕事のテスト(遊び以外のことができるか)
      
      ■健康チェック・体の状態    

チェックをクリアできれば子犬を産ませてもよいという印がボーダーコリークラブでもらえる。

◎チェックをクリアした親同士から子犬が生まれたら
ボーダーコリークラブのウェブサイトに載せられます。

載せられる内容は
    ■ママ・パパ犬はどこからきているか。
    ■パパ・ママのぺデイグリーNO
    ■パパ・ママ生まれた日
    ■パパ・ママの骨の写真の結果
    ■パパ・ママの目の検査の結果
    ■パパ・ママのタレント・スキル・仕事のテストの結果
    ■パパ・ママの健康状態の結果
    ■パピーの生まれた日
    ■パピーの生まれた数(男○匹・女○匹)
    ■このパピーを産ませたブリーダーの情報と連絡先

◎パパ・ママ(繁殖犬)に何か少しでも問題があれば繁殖させることは認められません。
 そして、全てのブリーダーへ1年に1度しか繁殖させてはならないという
決まりがオランダの動物愛護法律(ブリーダー業への法律)で定められています。

ボーダーコリーに限らず、他の犬種においてもテストの内容は違っても
似たようなことを行っています。


オランダのボーダーコリークラブが決めたブリーダーたちへ課す厳しいルールがなぜあるのか。

■ボーダーコリーの種類の特徴を守るため(良さがなくならないため。)

■ボーダーコリーの種類の健康状態を守るため。

■遺伝子が悪くなるのを防ぐため。
(例;目が悪い遺伝子を持つ親からは目が悪いパピーが生まれたりするのを防ぐため)

■形や見た目・性格(服従)・振る舞い・勝負に強いかどうかなどの
一方的な偏った繁殖をさせるブリーダーたちを防ぐ、避けるため。
だそうです。

ボーダーコリークラブのウェブサイトから翻訳をしました。
http://bccn.nl/
そして、このサイトの中にある
http://bccn.nl/DW/CFH/Fokreglement%20%20voor%20leden%20BCCN%20(per%201-7-2010).pdf
を頑張って翻訳しました。

これは主人の姉がシェルティードッグを購入したブリーダーさんのサイト。
http://www.123website.nl/deCaumerhof/35735125

大きなブリーダーさんになると、パピーをゲージに入れたりしていますが
(とはいっても規定で定めらている大きさのゲージ。)

ここのブリーダーさんはゲージにはいれずに自由な環境で母犬や兄弟犬と生活をさせ
犬社会を学ばせてから、新しい家族のもとへ行きます。

こうした理由から主人の姉はこのブリーダーさんを選んだそうです。
http://www.123website.nl/deCaumerhof/35735127
は、親犬や子犬が載っています。

http://www.123website.nl/deCaumerhof/35735128
は、母犬だけが載っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/300-92828346
<< BIO商品■ベジタリアン・ダイエット■ | TOP |  隣人のテリア・ミックスはスペイン出身  >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。