動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

写真展「命の光と陰と・・・」

エコちゃんのおもちゃ箱3から転載させていただきました。
↓↓写真展が行われています。↓↓

子供さんと足を運んでください。
小さな動物たちも私たちとなんら変わりない命をもっていること。
日本の犬猫たちの強いられている状況を見ることは
まさに命の教育だと思います。

他人の命を奪ってしまう人のニュースが後を絶たない。
簡単に人や動物を傷つける人のニュースが増えている気がする。

大人たちが子供へすべき最大の教育は
自分の命も
他人の命も
大事に思える人間の感情を育てることだと思うのです。

日本人が奪い続けてきた犬や猫たちの命。

平和とは何でしょうか。
無知・無関心・無視に平和はありえないと思います。

私が日本人として日本に心から帰りたい、日本はすばらしいと思えるようになる日は
日本から殺処分がなくなる日です。


人の痛み・悲しみ・喜びを感じれるような人に。
日本できちんと教育されてきてたら
殺処分なんかなくなっている気がしてなりません。

オランダではペット(物)という言葉を使用することを嫌います。
HUIS DIEREN(家の動物)と言っていましたが、時代の変化にともなって
今ではGezelschaps dierenといいます。
辞書などで翻訳をしようとすれば(ペット)と翻訳されてしまいますが
本当の意味はペットではありません。
翻訳にできない意味をもつ言葉なのです。
意味はたくさんあり、説明がとても難しいのですが、
動物は人の物ではなく、動物は人の友達と考えられています。
(友達・仲間・パートナー)という意味合いにります。

原発も命の犠牲の上で金になっている。
自然破壊・生命の破壊
天下り・利権・交付金

ペット産業も構造は似ているのかもしれません。

人間主義なんかよりも生命主義がいい。
人間中心よりも生命中心がいい。

私のパートナーの知り合いは日本い詳しいオランダ人です。
彼はズバリ言いました。
「日本は倫理面でも遅れをとっている国です。」と


■・。☆・。★・。・■・。☆・。★・。・■・。☆・。★・。・■
明日、9月26日~30日まで
愛媛県新居浜市役所 玄関ロビーで

  写真展「命の光と陰と・・・」

が 開催されます。
22日夕方に 有志3人とで 設置してきました。

 協力、ありがとうございました。

26日には 地元のケーブルTVの

  ハートネットワーク

さんも 取材に来てくださるとの連絡がありました。

今年の
光は マルコ・ブルーノ氏の協力の下

  動物先進国の ヨーロッパでの
   普通の犬達の生活ぶり
  <撮影・メッセージ: マルコ・ブルーノ>

陰は 福島原発事故の現地に残り 
   取り残された犬達を必死で救済しようと
   日々頑張っている 若い女性が撮影した
    
     有りのままの 動物達
   <彼女からの メッセージもあります。>

私達は 日本と言う 小さな島国で暮らし
視野が狭くなり

    井の中の蛙

に なっています。
動物愛護だけでは有りません。
政治・教育・福祉・・・
もっと 世界を知り
自分の国、
日本の本当の姿を 知るべきです。

動物愛護団体では 何年も

   殺処分ゼロ!
   シェルターを作ろう!
   法律改正しろ!

と 訴えているけれど
日本で 何故 それが不可能なのか?????
先進国と 何処が違うのか?
何から 変えていけばいいのか?????
この辺を きちんと理解しなければ
後何年訴えても 同じ、変わりようがありません。

    
     何故?????


この事を 常に意識し 答えを探してほしい。
私達が 答えを見つけ出すまでは
小さな命は 犠牲になり続けるのですから・・・
エコちゃんのおもちゃ箱3
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/287-44af392a
<< ペット残酷列島 山下 浩さん | TOP | これでもまだ「神経質になりすぎだ」と言っていられますか >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。