動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

パブコメ 動物業界の組織票

パブコメの裏実態。

環境省の動物愛護はあくまでも”動物愛護” ”業者愛護”であってはならないはず!
なのに、こうした業者の組織票がはばかり、
動物愛護法が、海外のようにすすまない!
日本の動物愛護の間違った認識と無知は恥ずかしい限りです。

犬猫や動物と共存することが動物愛護です!
業者愛護や人間愛護をする。それを日本は動物愛護といっているようだ。

以下太田さんの文です。

8月半ば、ペットショップ経営者らに、そんな「要請文」が送られてきた。
同封されていたのは、「意見例」と「提出用紙」が30セット。
送り主の欄には、中央ケネル事業協同組合連合会(CKC)とあった。

ペットショップ経営者ら全国約千の動物取扱業者が加盟する、
主要な業界団体の一つだ。
要請文には、連合会全体で3万件以上の意見提出を目指すとして、組合員1人あたり「30件を努力目標として掲げています」とした「ノルマ」も設けられていた。

なりふり構わず

 動物愛護法改正を2012年に控え、
環境省は8月27日までの1カ月間、
動物取扱業の適正化を巡るパブリックコメント(意見募集)を実施した。

このパブコメに、CKCは大量の「組織票」を送ろうとしたのだ。
事務局の桜井要治氏はこう話す。

「今回の法改正案は、まじめにやっている業者に対してもあまりに厳しい。
この問題に対する組合員の認識の度合いが低く、
関心を持ってもらうために要請文を出した。
努力目標を設けたが、強制ではない。やれることは、やらないといけない」

 意見例には、生後8週齢まで子犬を生まれた環境から
引き離すことを禁止する「8週齢規制」や、
繁殖犬の健康を守るための「繁殖制限措置」などについての
反論が列挙されていた。

これらの規制は、
米国やドイツなどでは既に科学的根拠に基づいて法制化されており、
今回の法改正の目玉だ。

CKCの意見例は多くが根拠が薄弱で、
「自主規制に任せるべきだ」などとしているあたり、
なりふり構わぬ運動といえるーー。

AERAより

ペット業者が「組織票」 環境省パブコメに数万票か
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/283-5355351f
<< コカコーラ社が殺処分ゼロ活動の支援!! | TOP | 動物たちの命と心 9月18日 13:30~ マルコ・ブルーノ氏講演 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。