動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダ中の捨て犬捨て猫の数

私達はオランダに住んでいます。
日本を変えることは日本に住んでいる日本人の行動で変えなければいけないと思います。
私達ができる事は
オランダで実際にある事だけを事実を伝えていくこと。

一番の疑問は
「オランダでは本当に殺処分を行っていないのか」
だと思います。
そして、それはどのようなシステムになっているのか。
私達は日本に
オランダにある事実とそのノウハウを知らせていくことができます。

オランダの中で一番大きな犬猫の保護施設の
代表の方へのインタビューの約束を
取り付けてもらえることになりました。

忙しい方のようで、後日連絡しあって
私達も普段は仕事がありますし

彼も今忙しい時期に入ってきたようで
週末も仕事がある時が出てきます。

これから代表のM氏と日程を決めていきます。

その前にちょこっと下見をしに行ってきました。

オランダ中で現在
保護施設が171施設存在しています。
「多少減ったり増えたりもするそうです。」

統計によるとオランダ中で
1年間で7000匹の犬と猫が来ます。

この中の90%は早い期間で
新しい飼い主へと渡ります。

10%はゆっくりとしたペースで
飼い主が見つかります。

結果、1000匹の犬が
オランダ中の171の保護施設で

とても衛生的な状況で

明るいところで保護されています。

散歩も毎日連れて行ってもらっています。

同じ状況で猫は2000匹が保護されています。

他の動物、うさぎやハムスターなどは600匹です。

毎回、ウェブサイトを使い新しい飼い主を待つ子たちの
写真と性格が事細かに記載されています。

「アニマルアラート」(日本にもありますね。)
ペットが行方不明になった場合
サイトに迷子になったペットの写真を載せて
自分のメールアドレスの情報を載せます。
するとメンバーの携帯に迷子の情報が入ります。

またグーグルマップ上で
オランダ中で迷子になっているペットの
場所の情報が簡単に見れます。
「ウェブサイトのメンバーになっている事が
必要です。」

多くの人はすぐに地域の動物保護センターへ
連絡をしています。
保護センターで保護されている場合は
マイクロチップの徹底で多くの
ペットはすばやく飼い主に戻る事ができています。

「オランダでは犬より迷い猫の方が多いそうです。」

オランダの一番大きな動物保護センターに行ってきたので
近々紹介します。
スポンサーサイト

コメント

You Tubeへのコメントありがとうございました。
ブログリンクさせていただきました。
日本の動物殺処分を無くすためには、現状を良く理解しないと難しいことがたくさんあります。

生体販売な無くならない訳、迷子が飼い主の元へ帰れないのは何故か・・・

http://www.animalpolice.net/projectzero/

このサイトが良く調査しています。
管理人さんが体調をくずして今はお休みしていますが、もの凄く勉強され、調査した内容です。

私は日本国内の、しかも地元周辺でコツコツと出来ることをしています。
お互いに一歩でも二歩でも、日本の動物福祉がアップしてオランダに近づけるよう頑張りましょう!
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
Momoさんコメントありがとうございます。
はい、すでに読ませて頂いていて、大変勉強にもなっています。
オランダのペットの状況をありのまま
日本に伝えていく事が、私達の日本の犬猫達を思って
できる事だと思っています。

私はまだ、先走ってしまったり
かわいそうだと強く思うばかりに
感情的になってしまったりすることも多々ありますが

常に温厚で常識、冷静な判断を持つパートナーと協力して
支えられながら
犬猫やペットを愛する日本人の方と一緒に頑張っていきたいと思います。

これから色々と勉強もさせていただきますね。


未熟ですが、どうぞよろそくお願いします。
Momoさんの素晴らしいブログも貼らせてもらってもいいですか?

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/13-290517f1
<< 肝炎の予防接種 | TOP | 5年、10年後は日本も毛皮を着るのが恥ずかしい国に。 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。