動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

ラルフローレン ralph lauren

Great News! ラルフローレンが一切の毛皮の使用廃止を決定】
記事はPETAのサイトのものです。
http://www.furisdead.com/feat-RalphLaurenVictory.asp

[日本語訳]
(ラルフローレンが観たというビデオはこのサイトの「毛皮の現状」に載っています。残虐なシーンがありますので観るには覚悟が必要です。)

中国の毛皮工場の実態ビデオを観て、ラルフローレンは毛皮を今後一切扱わないことを決めました。
長年ファッション界のリーダー的存在のラルフローレンは同時に、慈悲深いリーダーとしても知られることになりました。ファッション業界の中で先駆けて純粋に道徳上の理由から今後一切彼の作品・コレクションに毛皮を使用しないことを決めました。

ラルフローレン社はいつかは毛皮を廃止することを以前より検討していましたが、ラルフローレン氏自身が中国の中国の毛皮工場で行われている醜悪で 恐ろしく見るに耐えない動物虐待を目にしたことによって、その決断は早まりました。

ラルフローレン氏は中国の毛皮工場で潜入撮影された恐ろしいしビデオを観ました。
そこでとられた毛皮の約半分以上がアメリカへ輸入されます。
PETA(アメリカの動物の権利を守る団体)との2006年2月、3月と連続して行われた会議の後、棚から全ての毛皮をなくすことを宣言しました。

中国の毛皮工場では、動物達は、雨、雪、嵐でも灼熱でもどんな気象下でも極小のワイヤーでできた檻に閉じ込められたままです。そして毛皮を剥がされる前に従業員によって鉄の棒で殴打され地面に叩きつけられます。骨を砕かれても動物達は死にません。ほとんどの動物達が生きたまま、意識のあるまま毛皮を剥がされています。

会議の後、ラルフローレンは、未決定だった毛皮の注文を全てキャンセルし、今後一切毛皮の付いた商品を販売も宣伝もしない、またこれらのアクションを今すぐにとること、、、などを宣言書にサインをしてPETAへ送りました。
1200の既に作られていた2006年秋コレクションの毛皮付きコートはチャリティとして開発途上国へ寄付されます。

ラルフローレンの慈悲深い、改革進歩的な今回の決定はファッション衣料業界へ「ファッションの為にうさぎ、アライグマ、きつね、たぬき、他全ての動物を拷問のような目に遭わせ殺す事は、今や許されない大目にみることさえもできない事だ」という強いメッセージとなった。


[英語原文] Ralph Lauren Drops Fur After Watching Chinese Fur-Farm Expose Ralph Lauren, long recognized as a leader in fashion, is now also a leader in compassion since he announced a precedent-setting decision to stop using fur in any of his apparel or home collections for purely ethical reasons.
The Polo Ralph Lauren Corporation had apparently been considering eliminating fur from its lines for some time, but its decision was accelerated after Ralph Lauren, the chair and chief executive officer, himself witnessed the hideous abuses endured by animals on Chinese fur farms.
Lauren viewed grisly undercover video footage of fur farms in China, which produces more than half of the finished fur garments imported for sale in the United States, and after a series of meetings with PETA in February and March 2006, his company committed to pulling all fur from its shelves.
On fur farms in China, animals are confined to tiny wire cages through all weather extremes. Before they are skinned, workers bludgeon them with metal rods and slam them against the ground, breaking their bones but not always killing them. Many animals are skinned while they are still alive and conscious.
After the meetings, the Polo Ralph Lauren Corporation sent PETA a signed statement of assurance acknowledging its intent to pull all advertising for fur, cancel all pending orders for fur products, and, beginning with its holiday 2006 collections, no longer sell any fur products. Twelve hundred of its brand-new fall 2006 fur-trimmed coats will be donated to charities in developing nations.
Ralph Lauren’s compassionate, progressive decision sends a powerful message to the clothing industry: that torturing and killing rabbits, raccoons, foxes, and other animals for fashion won’t be tolerated.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://inochi88.blog28.fc2.com/tb.php/10-e733acce
<< 5年、10年後は日本も毛皮を着るのが恥ずかしい国に。 | TOP | バーバリー★burberry >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。