動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

 肥満が実験動物を救う?ヒトの皮膚を“リサイクル”して、動物実験を減少

 肥満が実験動物を救う?

ヒトの皮膚を“リサイクル”して、動物実験を減少


皮膚医学の発展のためにはヒトの生きた細胞がなくてはならない。オランダの有名なライデン大学メディカル・センターは、動物実験でなく、実際にヒトの皮膚から作った培養皮膚を使う方法に注目している。

細胞生物学の権威であるガルブズーリ博士は実験に必要な培養皮膚を、手術後に余った皮膚に頼るほかないのだが、なにしろいつでも入手できるというわけではない。

ところが、著名な美容整形外科医であるシューマッハー医師...は、その問題は解決できる、と言う。何ということはない。肥満でだぶついた皮膚を切除した際や、大き過ぎる乳房を小さくする手術を施した際に出る皮膚をメディカル・センターに送り込む、というわけだ。
もちろん、患者の了解を得た上である。

ヒトの皮膚で作った培養皮膚は利用範囲が広い。熱傷、老化した皮膚、皮膚ガンなどの治療で創傷被覆材として使うことができる。製薬会社や食品業界もヒトの培養皮膚で実験できるようになれば、動物実験を減らすことができるだろう。

「ブタ、ウサギ、ハツカネズミの皮膚とは違って、ヒトの皮膚から作った培養皮膚のほうがずっと人間の皮膚に近く、しかも、コストの点で動物実験よりずっと安上がりです」とガルブズーリ博士は述べている。

http://proefdiervrij.joris.dev.tim-dm.nl/nieuws/overtollige-kilos-redden-duizenden-proefdieren

世界で動物実験大国ワーストNO2の汚名を持つ日本

動物実験

動物実験規制法改正案に関して猛反対の姿勢を崩さない元医師議員たちの信じがたい発言の数々。
そして議員による愛護団体への脅し・・・。
議員と製薬会社との間には密接な繋がりがあると言われています・・・。

動物実験施設の中でどんなことが行われているのか実態は明かされず、全く暗闇のままです。
国民の知る権利はことごとく無視されています。

世界で代替法が次々と確立され、代替研究がますます進んでいる中で

日本の動物実験の技術は遅れをとるほどの低いレベルしか持たないのでしょうか?

いいえ、日本は高い技術を誇る国です。

代替法を進めれないわけがないのです。

日本は代替法を見つける研究をするには多額の費用がかかると言っています。

オランダや欧州ではすでに多くの代替法が見つかっています。
13項目ある中の動物実験のうち10項目はすでに代替法が確立されているという状況です。
先進国とされる国は、命を尊び、倫理、道徳を重んじ率先して進んでいかなければいけないとされています。

ですが、日本では、代替法の研究をすすめるには多額の費用がかかるという理由などさまざまな理解に苦しむ理由を並べ、動物達を壮絶な苦しみ、痛みを強いて、命を奪い続けるという道を今回も選択しようとしています。

多くの動物実験は命を無駄に奪うだけだとされている欧州に比べ、無駄な実験をすすめるのであれば、それこそ論外であって、日本はただの動物虐待国というレッテルを貼られても仕方がないのです。


誰にも、これらについての言い訳はできないのです。

代替法の技術を日本がいまだに確立できないというのであれば、かなり遅れた技術を持つ国、日本というレッテルを貼られるでしょう。

技術大国日本という栄光は、過去のものでしょう。

今までと同じように動物愛護は無視し、動物の命を無駄な実験に使用しつづけ、技術の発展のためなどと、

動物実験を正当化し続ける日本の姿勢は、世界からどう映るのでしょうか。

全ては利益優先の動物実験でしかないのだから・・・

自国の倫理を欠いた姿、暴走をし続ける罪深い人間たち。

動物実験という残酷な事実に目を伏せ続けて、無関心を装う人たち、

日本は世界と逆行したいのでしょうか。取り残されていきたいのでしょうか?

世界はそんな日本の奇行、暴走ぶりをどう捕らえるのでしょうか?

「命は待ってくれない。」
スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。