動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

動物実験大国のワースト2位の汚名は利権によって今回も挽回できず!

AR4Jより
↑クリック↑
AERA記事『医学界が潰した動物愛護法改正案』

既に報道もされている通り、5月31日の民主党動物愛護対策ワーキングチームで、最終的な動物愛護法改正案骨子が公開され、その場で了承となりました。

結論として、与党案には実験動物に係わる改正は一切含まれませんでした。
別法化案についても採用されないかわりに、動物実験の3Rの義務化も含め全てが入らないことになりました。
...
この信じがたい展開の経緯については、本日(6/11月)発売の「AERA」6.11号に「削除された『幻の改正案』~医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗」という記事が出ましたので、皆様、是非ごらんください。
http://alive-net.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-d88d.html
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

医師議員の反対で消えることになった、動物実験規制に関する動物改正法案

反対派の意見に、国際競争力が下がるとありますが、経済のために動物を犠牲にすることは倫理的に許されるものではありません。

また、欧州では動物実験の代替法がひとつのビジネスとして成り立っていることを考えてみても、日本は遅れをとっているとしか思えません。

欧州が動物実験を廃止している中、
最近、建設したばかりの日本の巨大大手武田薬品会社しかり
動物実験を続けている他社しかり
早急な対応が必要なのではないでしょうか。

EUは倫理的な面から動物実験の3R
(動物を使用しない代替法・動物使用の削減・苦痛の軽減)を法律で規制し、動物実験の廃止を進めているのに対し日本は動物実験に力を入れています。

それは世界と逆行した行いです。
動物実験に関して無法地帯となっているのは先進国で日本だけなのです。

なぜ、日本の動物愛護は向上しない?
なぜ、日本で真実は報道されない?
私たち一人一人が持っている知る権利を主張し声を出し続けなければ、日本の動物たちは今までもこれからも苦しみ・痛み・悲しみから解放されることはありません。

誰かに任せていても現状を変えることはできません。

私たちが行動してはじめて世論にすることができます。

みなさまのお力でこの事実を拡散してください。

どうぞ、よろしくお願い致します。
日本の規制のない動物実験という事実から目を背けないでください。
一人でも多くの人の目にとまりますように。
動物実験

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

動物実験の写真を使用し、 不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありません。
今でもなお彼らは自由を奪われ、苦痛を強いられ、規制のない日本の動物実験の犠牲になっています。
実験によく用いられる犬種はビーグルです。
ビーグルは個々の遺伝的差異が小さい、食欲旺盛、小型で飼育スペースをとらない、多産、そして人間に忠実であるという理由があります。

動物実験で苦しめられている子達から目を背けてほしくないという思いからあえてこの写真を使用致しました。猫や猿などの動物実験は見るに耐えないほどの苦痛を与えられています。
...
欧州委員会はEU域内の実験動物数を公表していますが、日本は全く公表しようとはしません。

例えば、代替法により、皮膚刺激性試験や眼刺激試験に使用されるウサギは従来の半分まで減少したとの記録もあります。
...
出所:欧州委員会(2010年度)第6回報告書
欧州連合の加盟国での実験や他の科学的目的のために使用された動物の数に関する統計によると
動物実験大国のワースト3
1 USA
2 日本
3 中国

日本だけで欧州27カ国に相当する動物実験を行っています。
3R(動物を使用しない代替法・動物使用の削減・苦痛の軽減)の義務化を日本に早急に求める必要があります。

一人でも多くの方に知ってもらえますように、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。