動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

「風力発電 」もう、日本に原発はいらない、増やさない、作らない

「見せたいところがあるから、犬達みんなで息抜きに行こう」と

彼に言われるがままに連れていかれたところ

車で20分のところにある
オランダは自然と共生している。
風力発電
オランダは世界中で一番
風力発電が多い国です。
オランダには2009年時点で1800基の風車がある。
2009年の1年間の3843ギガワットアワー
これは120万件分の家の電気供給になります。

大小様々な風力発電があり
MAX75キロワットから
MAX7580キロワットまで電気を作る事ができる。
MAXのキロワットがでる時は台風などの強風がある時。

そのせいで平均が1067キロワットになります。

という事は1873基×1067キロワット=2000メガワット

この数字はオランダの4.5%の電気供給

原発1基でオランダの4%の電気供給

外国から電気を買ったりも多くしています。

太陽発電もあります。
彼の両親は太陽発電を屋根に使用しています。

原発、核のどこが安全なんでしょう。
核の平和利用という嘘の長い夢から覚めるのはいつなのかな。
DSC09762.jpg
世界中で442基の原発があります。
IAEA2011年1月19日調べで

日本は54基を電気に使用しています。
アメリカは104基
ロシアは32基
ドイツは17基

オランダは現在電気供給の原発は1基。

原子力発電所は電気を作る為だけに存在していない。

オランダは電気使用の原発以外に5基。

内、1基はとても小さな原発でガンの放射線治療の為。

内、1基は廃炉。

内、1基は濃縮ウランを作る為

内、1基は同じく小さく、原子力工学研究の為の大学

内、核ゴミ保管場所:(燃料棒など冷却水、放射能に汚染されたもの全て)

核ゴミ

オーストラリアなどはゼロ基

中国はさらに27基を作っているところ。

日本は小さな国でありながら
その原発の多さは54基、さらに作ろうと計画してた。

日本の数倍もあるロシア32基と比較しても
かなり多い。

原発へ依存している国。

オランダは1基の原子力発電以外は

安全な風力発電所で電気を作っている。

日本の電気を作る為に原発はかかせないと思っている人が多いらしいですが
実は原発によって作られる電気は
日本の電気に約30%ほどだけらしい。

世界中にある原発も
電気を供給するためにあるのは34%ほどだと
特集で見た。

原発は大事ではない。
DSC09760.jpg
風の国のオランダ人が言うように
海に囲まれている日本は風力発電を大いに利用できす。
安全で、環境に優しい風力発電。
管理は難しくなく、現場にいなくても無人管理できるので
人件費の削減になり、長い目で見ると
原発を維持するコストより安くて安全。

7代先まで人体に悪影響をおこして破壊してしまうような
核・原発なんか日本にはいらない。
戦争なんかも絶対にしない。
DSC09780.jpg
「核」は世界を破壊してしまう。
DSC09781.jpg
自然と人と動物との共生。
オランダができて日本ができない。
DSC09778.jpg
さらに閉鎖・廃炉・取り壊しまでにかかる時間は
とてもつもなく長い年月を必要とするほど
危険なものであると書かれている。

オランダの廃炉にした原発で言うと

2003年に閉鎖
その際、使用済み燃料棒を取りだし
他残りの放射能に汚染されている全てのゴミを運びだし

「使用済み核燃料は原子炉から出した後も自然に過熱し、
空気中で高温になると溶けて放射性物質が大気中に放出される。」

2年間かかって
2005年に、ようやく核ゴミ保管場所へ運び終える

けれど、まだまだ核の恐怖は長く

全て放放射能に侵されているものを
核のゴミ保管場所へ移し終えても

2005年から完全廃炉になったにもかかわらず
その場所はまだまだかなり危険なので
警備員を雇い、完全立ち入り禁止。

そこから40年(約半世紀)かけて

2045年にようやく
完全に建物を壊す事ができます。

さらに、壊した後は
自然の植物、花などが生育するまでは
更地のままとする。

環境によいのは原子力ではなく、
温暖化、オゾン層に穴を空ける原因となっている二酸化炭素ガスや
天然ガスでもなく、石油、石炭でもなく
化石燃料
地球、環境に一番いいのは
太陽光発電・太陽光発電

水力発電・水力発電

風力発電風力発電
です。
スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。