動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダの賃貸物件は犬猫同居は当たり前

日本からオランダに来て、「オランダは動物先進国」と数々のことを身を持って体験することになった私ですが、はじめての感動と驚きはやはり、賃貸物件に関することでした。

愛犬3頭を連れて日本からオランダに移住するにあたって、まず心配だったこと・・・
それは愛犬たちと一緒に住める、子供にも犬にも優しい住宅環境に合う賃貸物件が見つけられるかどうかでした。

オランダ人の主人も義理の両親も、主人の友人、ファミリーも口をそろえて「全く問題ないよ。」と言いました。
みなが声をそろえて言うのだからと信じてはいたものの、「犬猫は汚い、臭い」という概念がしみこんでいる日本で愛犬と住む家に関して、辛い経験をしたことがある私は、半信半疑なままというよりは不安を抱きながらオランダという異国の地へ愛犬と共に降り立ちました。

私たちの環境に合う家が見つかるまでの3ヶ月ほどの間、義理の両親と同居させていただいていました。
同居に関しても快く受け入れてくださったおかげで、安心して物件探しに専念することができたというわけです。

まずインターネットで物件探しをしはじめて、気がついたことは、物件情報欄に日本では当然の(犬猫可・不可)という文字がなかったことです。
いくつかの物件を気に入り、不動産へ電話をして、直接物件を見にいく約束を数日後に取り付けました。
物件の前で待ち合わせをし、サバサバとした背の高い担当の方は私たちより10分遅れてきました。
「少し遅くなったけど、ごめんね。」というと、早々に自己紹介を済ませ、物件を案内してくれました。
オランダは日本でいうところのマンション以外では庭つきの家が主流でたくさんあります。
愛犬と共に住みたいので庭つきは私たちにとって絶対条件でした。

なかなかいい物件だったので、本当に愛犬たちと一緒に住んでもよいのか、しっかり聞いてほしい。
また「住んでもよい」とする証拠を見せてほしいと担当の方に言いました。
日本で経験したように、言った言わないのトラブルになることが不安だったからです。

ですが、それを聞いた担当者の方は、サバサバとした態度で「もちろん、問題ないですよ。」
とあまりにもあっさりした回答。

主人も「ほらね、オランダは犬でも猫でもうさぎでもフェレットでも一緒に住むことは問題ないんだよ。それは飼い主、僕達の権利だからね。」といいました。

主人が担当の方に日本の住宅事情を話すと、大きな目をさらにまんまるくして驚いていました。
「犬を飼えない家を見つけるほうが困難だよ。」とオランダ人は笑って言うのです。

数日後にプルメレントという町へ物件を見にいくことになりました。
そこは義理の父の友人が賃貸として出している物件でした。そこでもまた、「もちろん、問題ないですよ。」と一言返事。
今度は自分の飼っている犬の写真を取り出し、彼のやんちゃぶりとその可愛さを自慢気に話してくれました。
部屋を案内しているときの表情とは打って変わって、表情が緩んでいました。

実際、どこの不動産屋さんでも、「もちろんだよ。」という返答ばかりで、そんな質問をするのがおかしいくらいでした。そして、自分の飼っている犬や猫の話をしてくれるのです。

オランダは老人ホームでさえ、本人が犬や猫を飼育できる状態であれば、一緒に入居できる施設も存在しています。愛する家族でもある犬や猫と一緒に住める老人ホームのリストがあるのです。

私が以前住んでいたザーンダムという町には、愛犬、愛猫やその他、うさぎや鳥などと共に入居可能な老人ホームが4施設あります。

また、ご飯はお世話できるけれども、犬の散歩に行く、猫のトイレ箱を掃除するなどの身の周りのお世話が困難になっているご高齢者の方のために、代行してくれるNPOもオランダには存在しています。

ホームに入るからという理由で、長年、家族として飼ってきた犬猫たちとご高齢者を引き離すことは、ご高齢者への心の苦痛だけでなく、犬猫たちの心の苦痛でもあると認識されているのです。
また、オランダのこうした行届いた老後システムは、「人と動物との共生」の素晴らしい成功例です。

そして、オランダ人の家はとても綺麗です。
犬猫たちを家の中で飼うことを原則としているオランダでは、日本のように畳というものが存在しないので、床はタイルや、カーペット、木材が主流で掃除もしやすいのです。
動物を飼っていても、いつも綺麗にしているので、清潔さがうかがえます。
ある程度、清潔にしていなければ、近所から通報され、アニマルポリスが駆けつけることになってしまいかねません。
近所の人たちの目によって動物たちは守られているというということでもあります。

無事、希望する賃貸住宅に住んでからも、オランダ人の動物に対しての寛容さにもびっくりさせられることになったのです
日本から、ミニチュアダックス2頭とゴールデン1頭を連れてきたのですが、ダックスは猟犬の血が入っているので、風で飛んでいる袋を見ただけでも吠えたてるのです。
毎日のように、ダックスたちと顔を合わせる隣のおじいさんにも、馴れるまでは吠え続けていました。

毎日のことなので、申し訳なくて、おじいさんに「ごめんなさい。」とあやまると、「どうして、あやまるの?犬は吠えるのが仕事だよ。とくに猟犬種のダックスはね・・・。気にしなくていいんだよ。」と二コリと笑って去っていきました。
毎回吠えるにもかかわらず、おやつを頂いたりしていました。

「この子たちのおかげで泥棒はこの近所には寄ってこないから、安心だ。」と言ってくださったオランダ人のおじいさんの心の広さに涙が出そうになりました。
近所の人たちが、とても動物に対して寛容的で、当時の家の並び5軒中、4軒は犬や猫を家族にしていました。

たまたまラッキーな近所に当たったのかもしれない?
いいえ。今の家に3年前に引越してきましたが、こんなにも、毎日、吠えているのに、苦情をされたことがありません。
外で会うと、「よく吠える子たちね。」と笑って触りに来てくれるのです。

一日中吠えているわけではなく、ドアベルが鳴ったときや、動くものを見つけたときです。
家の中にいるときは吠えませんし、散歩しているときも問題ないのですが・・・

賃貸住宅であろうが、マンションであろうが、ペットと一緒に入居することは住居者の当然の権利であるということが浸透していることに驚きと感動を覚えたのです。

日本にもいつか、必ず・・・「人と動物との共生」ができる日が来ることを信じて、目指して・・・きっとできる!
DSC06253.jpg
最近、忙しい日々を送っており、なかなかブログ更新もままならず。
申し訳ありません。
シェルターのボランティアにも行ってますよ。

スポンサーサイト
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

公共機関の電車やバスにも犬と一緒

私の地元の駅です。
ハスキー犬の子供、3ヶ月、その名もAKIRA
このまるで「めがね」をかけたようなチャーミングな顔もかわいいです。
日本の人形から名前を取ったそうです。
パピークラス「しつけ教室も通い済み。」
DSC00441.jpg
オランダではもちろん、飼い犬と電車にも一緒に乗り込みます。
DSC00442.jpg
躾教室に通ったりなどして、躾が行届いているので、
大人しくちょこんと座っています。
飼い主さんの足元にちょこんと賢く座っていたのですが、
写真を撮るために、出てきてくれました。笑
歌舞伎役者みたいだね♪
DSC00443.jpg
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

★オランダ★4月★

この日、義理の母のお誕生日だったので、
バスで義理の母が住む町まで向かいました。
次のバス停で乗ってきたのは・・・
かわいいおばあちゃんと、おばあちゃんにぴたりと付き添うボーダーコリー★
「写真を撮らせてもらってもいいですか?」
「私は日本人です。日本は犬をバスや電車などの公共交通機関に乗せてはいけないんです。」
おばあちゃん「あら、そうなの。オランダでは普通のことよ。」
「はい、オランダが動物に優しい国だということを、例を見せていきたいので、写真撮らせてください。」
おばあちゃん「ええ。もちろんいわよ。髪型変じゃないかしら?」
なーんて、お茶目なかわいいおばあちゃん。
ワンコもきちんとおばあちゃんの優しい掛け声に耳を傾けながら
足元にびたりとくっついて座っていました。
DSC00357.jpg
義理の母の家近くで、スキップしながら愛犬をお散歩していた姿が
あまりにもかわいくて・・・。
義理の母の近所の子供なんですが、通りすがりにスキップしながら
「ハロー」と挨拶を交わします。
DSC00359.jpg
変わって、こちらは我が家の愛犬なんですが、
ガチョウやカモたちにパンをあげていると
うちの子も食べたくなったらしく・・・。
パンを投げる方向へ駆け足で向かう所には、気の強いガチョウも駆け足でパンに直行!笑
うちの子、負けました・・・。笑
その直後、私のところへ駆け足で逃げてきたときの表情がこれです。
自然で生きている子たちはたくましいです。
ぬくぬくと食べ物にも困らずに育っている子とは違いますね。
「かかしゃん、僕、負けたよ・・・」
DSC00386.jpg
白鳥もやってきました。
5月になると鳥たちの出産シーズンに入るので、
この綺麗に羽をハート型にした中に
白鳥の赤ちゃんが入っている姿が見られるようになります。
DSC00387.jpg

DSC00388.jpg

DSC00394.jpg
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

散歩はみんなで楽しく

オランダに待ちに待っていた春が今年もやってきました。
あったかポカポカ陽気が続くオランダ。
IMAG1048.jpg
こういいお天気だと外に出なきゃ損な気持ちになります。
IMAG1049.jpg
「はろー」「はろー」
IMAG1070.jpg
お散歩コースも賑わっています。
いつの間にかみんなで散歩することになります♪
オランダのたくさんのパークではノーリードでOKです。
IMAG1071.jpg
ちょっと見えにくいですが、
赤ちゃんが乗ったベビーカーを押すお父さんと
ノーリードのシェパード2頭。
赤ちゃんが少しぐずっていて、お父さんはベビーの対応に追われていたけど
躾がしっかりなされているシェパード2頭はお父さんの掛け声だけで
ベビーカーの隣にそれぞれペースを崩さずに悠然と歩いていました。
IMAG1062.jpg
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダ人と犬

私達の住む、近所の様子です。(先週)
毎日の日課である犬同士のお散歩タイム
連れているのは子供達です。

散歩は当番だから行く
おこずかいをもらえるから行く
という子も多いけれど

オランダ人の根底にあるのは犬猫は家族
今も日本人の多くは
犬を番犬として飼い
外で雨、風、暑さ、雪
にさらしながら
鎖に一年中繋ぎ、身動きとれない状態で
飼っています。

オランダでは鎖になんてつないでいたら
虐待とされ、すぐに警察かアニマルポリスに
通報される事でしょう。
私は今まで一度も外で鎖に繋がれている
犬を外で見た事がありません。

犬の行動を極端に妨げ、
犬にとって多大なストレスになるような
飼い方は虐待のなにものでもありません。

ストレスが溜まり、限界を超えると
鎖を噛み、逃げ出し人に危害をあたえてしまったりするかもしれません。
どんな行動を取ってしまうかわかりません。

もし、そうなった場合
オランダ人は犬にストレスになる環境を与えた
人間のせいにします。

常に動物が悪い行動をとった場合は
動物のせいではなく
人間のせいだと言います。

メディアから流れてくる情報も
いつも動物側からの視点です。

人間の都合のいいように動物を扱う日本
人間にとって都合のいい法律が定められている日本。
本当にそんな風に動物の命を見ている私の母国日本は悲しいです。

私がまだ小学生の低学年の頃
私の父の実家の裏庭では
番犬として紀州犬のMIX?
秋田犬のMIXのような
真っ白い「シロ」を飼っていたのを覚えています。

シロは一年中・・・・・・
鎖に繋がれていました。

覚えているのは、触ろうと近づくと
うなり声をあげて威嚇します。
そして吠えます。

本当にシロは・・・番犬です。

けれど、シロは鎖に繋がれたままなので
身動きはとれません。

そして・・・・本来なら綺麗であろうシロの白い毛は
薄汚く汚れていて
猛暑の中でも繋がれっぱなしで
蚊が飛びかう中
可愛そうだなと、子供心に思った事を覚えています。

おじさんには噛まれるかもしれないよ。と
言われた事をなんとなく
覚えています。

フィラリアの事を知って
これは大変だと思い
シロの事を思い出し
おじさんに言った事、覚えています。

ふと見ると
小屋の中でいつもしょんぼりしてた。
シロはいっぱい散歩したかっただろうな。って
近くには海も山も川もあったのに・・・。

次の年の夏、田舎へ帰ったら
シロの姿はなくて、、、

シロの噛みあとが残った小屋だけがぽつんとあった。
おじさんにすぐに聞きに言ったら
フィラリアで亡くなったと聞いた。
それはとても可愛そうだったと・・・。
シロがおかしくなり、病院へ連れて行ったら
心臓の中はフィラリアだらけになってたと。
dog_firaria.jpg
蚊を媒体として寄生し、やがて心臓にたどり着き
心臓内でさらに増え
死に至らしめる
恐ろしい病気です。

場所を問わず蚊がいる所で
室外犬も、室内犬にも発生する可能性があります。
毎年、お薬を飲ませてあげるだけで
防げる病気。

23年以上前の日本の飼い方です。

あの頃に比べると
よくはなってきているとは思いますが
それでも、日本は動物飼育に対しての知識のなさ
動物に対する扱い
日本の考え方がまだまだなので

犬、猫と人間はパートナーであり
仲間であり、友だちであり、家族なのだという
意識改革をしていく事は
動物後進国の日本にとって
とても大事だと思います。

そして人間と同じ「命」だと認識することです。
ヨーロッパでは当たり前の認識が日本ではまだまだです。

オランダでは、繋ぐ時は
散歩の時だけですから。

森の中は勿論、町の中にも犬のリードを外しても良い
散歩コースがちゃんとあります。
osanpo2.jpg
躾教室へ通ったり、小さな頃からの散歩などで社交性を養っているので
多くの犬達は仲がよいです。
ちょっと心配な犬達はリードをしています。
osanpoO.jpg
小さな頃から犬を家族として
親の付き添いのもと
一緒にお散歩を楽しむ事を学んでいます。

小さな頃からこうして
命の尊さ、動物に優しくする事
身近に動物と接する事で
命を大切にするという
教育ができているわけです。

人間と同じように、外の空気を吸って
リラックスをし、健康の為に運動をさせる事。
散歩は大事な基本。

ちょこちょこ行く人もよく見かけます。
一日、最低3回は行くのが多いみたいです。
散歩の回数を増やす事で
おしっこ、うんちは外でするものだという事を覚えるし
外の世界に慣れる為の社交性を磨く事になるから。

(口の周りにある黒い紐は拾い食い防止の為です。)
ラブやゴールデンを家族にしている人は
経験があるかも知れませんが
大食いで、吐くまで食べてしまう。
そして拾い食いをしてしまったり。
特にまだ子供の時は臭い物に魅了されてしまうようで
ついつい、臭いうんちを食べてしまう事もしばしば。
どんな犬種にせよ、臭い物に魅了される事は
多いようなので、小さい時からの躾は大切。
過去にうちのダックスが小さい時
ついつい目を離すと、、、
猫のうんちの匂いに魅了され
上でゴロゴロなんて事もあったりしました。汗
DSC09490.jpg
この公園では低学年から高学年のくらいの
子供達が思い思いのまま
遊んでいます。
ローラースケートしたり、スケボーをしたり。
デイフはオランダ人でわずか10歳
デイフは言います。
「オルディと散歩をするのは僕とオルディの運動にもなるからねっ」と。

犬に声をかける時のデイフの声は
とても優しくなります。

デイフだけでなく、私の飼っている愛犬達にも
声をかけてくれる子供の声は
それは、それは、優しい声なのです。
DSC09493.jpg
犬と散歩している人同士も挨拶も当たり前。
オランダでは、知らない人でも
通りすがった人と挨拶する事はごく普通なことです。
「ハイ」「ハロー」「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」
「楽しい週末を」「よい一日を!」
犬同士も挨拶してます。
DSC09495.jpg
町のいたるところに
こうして、うんこ回収BOXが設置してあります。
J33unko.jpg
ビニール袋で取って、しっかりくくり
ここへ捨てます。
とにかく、住宅がある付近には
あちらこちらに、普通なゴミBOXと同じように
うんこBOXも設置されています。
unko bak
ここはオランダはアムステルダムです。
犬を連れて一緒に
女性二人が犬を連れて駅から出てきました。
DSC09518.jpg
電車の中も犬猫を乗せるのはOKです。
「躾がされてることが前提ですね。」
小型犬なら無料です。
大型犬は子供料金のキップを購入すれば
乗車OKです。
本当に、私も何度も経験済みですが
国民が穏やかな雰囲気なので
子供や犬が電車の中にいる方が
いない時よりも
周りはニコニコと笑顔で相手をしてくれます。

普段は車に愛犬を乗せて
犬と一緒に行ける所を選んで
旅行にいきます。

この時はまだ車を持っていなかったのですが
行き先はフランスでのんびりと田舎町めぐり。
一足先に現地入りしている義理の両親と一緒におち合う事に
なっていました。
帰りは車とキャラバンで帰宅でしたので。

乗り換えを入れて6時間、じっとお座りをしたり
寝たりして耐えてくれました。
車掌さんが見まわりにきた時は
優しく声をかけてくれました。
「暑いかい?もう少しね、頑張ってね。」と。

バスでも、電車でも妊婦さんや
ベビーカーは優先してくれます。
必ず、誰かが当たり前のように、さっと、助けてくれます。
初めて、オランダに来た時はびっくりでした。

さっと誰かが、自然にヘルプをしている光景に感動でした。
若者もすっと席を譲ります。
妊婦さんにも、子供連れの人にも、お年寄りにも
障害者の方にも。
今ではこの光景に慣れてしまっています。

特に小さな子供を持つ日本人の方は
日本と比べておられるのでよく知っておられます。

まだ私が小さい頃は席を譲るという事は
よくあったように思います。

私の子供にもしっかり教育しています。

けれど、今は妊娠バッジなるものがなければ
バスの中でも席を譲ってもらえないとか・・・なんとか・・・
それだけを見るとなんだか
切なくなりますが
けれど、妊娠バッジがあるおかげで
気のつかない人や席を譲ろうとしない人に
アピールできてとてもいいアイデアだと思います。

実際に里帰りをしていた数人のお友達は
日本の妊婦さんや子供に対する思いやりまでもが
低いと言って、嘆いてオランダに戻ってきてらっしゃいました。

立場の弱い者を守ってあげなければいけないのに
日本はどうかしてます。

妊婦さんやお年寄りや子供、動物には
より優しい日本になって欲しい。
DSC09519.jpg
↑↑バスの中から写真を撮りました。
飼い主さんがスーパーの前で待つように言いました。
じーっとお店の中の飼い主さんを
待つけなげな姿。
まるで親の帰りを待つ子供と同じです。
彼女や奥さん、彼氏や旦那さんは
こんなにけなげに待っていてくれるでしょうか・・・。
hooi1.jpg
↑↑この写真は我が家の近所で
車の中から撮ったもので
ちょっと見えにくいかも知れません。
子供がうさぎさんのお世話をしているんです。
うさぎ小屋の古い干草をゴミ箱に捨てて
新しい干草に入れ替えている所です。
自分の飼っている動物のお世話を責任を持って
する事を小さな頃より教わっていますね。
amsdki.jpg
↑↑アムステルダムの公園
ゴッホ美術館、ライクスミュージアム
コンセルトベボーなどが建ち並ぶ名所です。
たくさんの観光客、地元の方が訪れます。
あちらこちらに犬とお散歩をしています。
絵になる「ダックスとおじさん」
amsiem.jpg
オランダではベビーカーを押しながら
一緒に犬の散歩をしている風景もよくよく見かけます。
ams2.jpg
なんて楽しそうに走り回って遊んでいるのでしょうか。
子供が自由に遊んでいるのと同じです。

保健所の子たち・・・
(殺処分)愛護センターの子たち・・・を殺すために税金を使わないでほしい。

こんな風に芝生の上を思い切り走らせてあげたい、、、、
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。