動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

犬:予防接種の義務

オランダでは生き物を扱う事を仕事にするにあたって
厳しい決まりがあります。
国が認めている資格を持ち、尚かつ国の法律で定められている
基準を満たし、国へ申請登録をします。
しかし、ここでひとつでもクリアできなければ
決して認められる事はなく
もしも、法律を破り商売、販売に至った場合は
厳しく処罰されます。
オランダは禁固刑も勿論あります。

オランダは決まりに対して
とても厳しい国です。
怠れば、厳しい罰金なりと罪が課せられます。

特に命を扱う業者に対して厳しい決まりがあります。
こうした法規制があってこそ犬猫・動物たちの命を
身勝手な人間から守っているのです。

オランダの子犬販売は
決まりは7-8週間から販売可能(8週規制を検討中)
必ずその期間に必要な予防接種は
必ず業者が行う事が絶対義務です。

★寄生虫の駆除
産まれてから
2週間ー8週間の間に4回:飲み薬での寄生虫の駆除
子犬と母犬も同時に行います。
なぜなら母犬のミルクを飲むからです。

その後も3.4.5.6ヵ月後も毎回
飲み薬での駆除
その後は3ヶ月毎に行います。

1回目の接種は6週目:2種類感染予防注射

2回目の接種は8-9週目:2種類感染予防注射

3回目の接種は12週目:6種類「インフルエンザ・狂犬病含む」

4回目の接種は9ヶ月:今まで受けた接種の中で2回必要な注射。

子犬が売れない間でも
必ず業者が予防接種を全て行う義務です。

オランダで犬猫を販売する際
病院での注射の日付証明書、健康証明書添えます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。