動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

実験犬シロの願い

◆苦しみ続ける動物たちのために◆さっち~さんのブログより
↑クリック↑

【拡散希望】実験犬シロの願い「9月2日は代々木公園で動物愛護法改正を求めるデモ」「動物愛護法・実験動物の法改正の国民運動のお願い」
demoyoyogi.jpg


シロが泣いています。
シロの仲間はずっと、、ずっと、、
暗闇に置き去りにされたままです。

~ヘルプアニマルズより以下転載~

実験犬シロの願い 2012年8月 新たに出版されました。
ヘルプアニマルズ
↑クリック↑

2001年に出てからずっと版を重ねてきたハート出版のロングセラー、実験犬シロの願いが、加筆・修正し、新たに2012年8月10日第1版として出版されました。

買って読む、図書館で新刊予約をする、お店に置く、お友達に紹介するなどぜひご協力お願いします。
jikken shirononegai
飼い主に捨てられ保健所で殺処分を待っていた犬シロ。
殺される恐怖におびえる日々を送っていたシロ。

そんなシロが保健所から出される日が来ました。
しかし行先は動物実験のため、東京都にある国立病院でした。
動物実験に使うため、1300円で病院へ売られたのです。

シロは脊椎を切断される実験をされました。左足は麻痺しました。
その後、手当もされず放置されました。
背中に手術の大きな傷。そして全身もストレスや皮膚病のため、毛が抜け落ちているままにされていました。
jikken siro1
シロはある日、ボランティアの人たちによって保護され手当を受けました。

シロのことを知り、Ava-netが、動物実験への払下げ廃止運動を展開しました。
シロの事件があった1990年当時、シロの映像は何度もTVで流され、野上さんも繰り返しTVで動物実験の問題点を指摘されました。

そしてシロの隣の檻にはビーグル犬メリーがいました。メリーはワクチンの実験に使われ、生き残りましたが、今度は脊椎の実験に使われ、その後、実験者が転勤になったあとは、忘れされれたように、5年間ずっと檻の中にほったらかしにされていました。

足が棒の間から落ちないようにいつも足先で棒につかまっていなければならなかったメリー。肉の中に爪がくいこんで、膿んでいました。

そしてAva-netの運動が実を結び、東京都は保健所から動物実験への払下げを中止しました。それに続き、他の都道府県も中止したのです。そして平成17年に、全ての都道府県で 保健所から実験施設への犬猫の払い下げはなくなったのです。
jikkensiro2.png

「シロの事件をふりかえって」より抜粋     NPO法人 地球生物会議・代表 野上ふさ子
シロの存在は、たくさんの犬猫を実験の苦しみから救い出す大きな力に・・・

↑クリック↑

スポンサーサイト
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

緊急提案!!これ以上時代遅れで良いのか!日本の実験動物 

THEペット法塾主催プロジェクト


以下、THEペット法塾HPより転載

=========================
緊急提案!!これ以上時代遅れで良いのか!日本の実験動物 
~ご意見は2012年8月末までに~

動物愛護法・実験動物の法改正の国民運動のお願い
                                        2012年8月3日

 THEペット法塾では、「動物愛護法・実験動物の法改正を求める申入書」を作成し、主催:THEペット法塾、共催:全国動物ネットワーク、日本動物虐待防止協会、栄町猫対策委員会、犬猫救済の輪、動物実験の法制度改善を求めるネットワーク、動物愛護支援の会(マルコ・ブルーノ)、NPO法人アニマルレフュージ関西(エリザベス・オリバー)、その他で「動物愛護法・実験動物の法改正」の国民運動を進めたいと思います。 

 2012年が、動物愛護法の5年毎の見直しの年であり、2012年(平成24年)5月31日、民主党動物愛護対策ワーキングチ一ムは、法改正項目にあった実験動物の項目を、改正項目から除くとの方針が示されました。 動物愛護法35条の行政の引取殺処分を無くすための法改正などを含めて、この申入は動物愛護法改正のために、市民1人1人が国会議員や行政、企業、大学、その他関連機関へ訴えて、世論を国政に向けるものです。 

 今国会の短い会期の中で、国民の皆様の一致団結をした早急な動物愛護法改正活動が必要です。 申入先のリストをセットでご案内致しますが、本件に関してのお問い合わせは070-6634-6939までお願い致します。

 実験動物は動物愛護法41条で規定されながら、自主管理の下、闇の中に置かれており、感情や痛みもある動物の命が浪費され、あるいは動物に不相当な苦痛を与える状況が認められ、人倫及び動物愛護法からも許されないところであり、過去2回にわたり立法が見送られてきた経緯があります。 

 一人でも多くの人達への配信と申入をしていただくよう、他の皆様へも早急にご伝達いただき、特に業界団体や、行政、議員の皆様にされることが重要と思います。 この活動は、主権者側から、申入先の機関へアンケートを出し、回答結果を広報し、さらに、勉強会、国会議員、各政党への申し入れなどの活動を進めていきたいと思います。 

 今国会の1ヶ月余の最後の活動であり、これをまた、5年後の見直しに託することはできないところであり、皆様一人でも多くの方に呼びかけてご意見を国会や改正に反対する機関などに届けるご尽力が必要です。 宜しくお願い申し上げます。


moushiire1.jpg
↑クリック↑

※申し入れ宛先リストを掲載します。追加があれば別途リストの追加掲載をいたします。問合せ先メールアドレスにつきましては、別途掲載いたします。

moushiire2.jpg
↑クリック↑

まだ闘いは終わっていない。

THEペット法塾共催:全国動物ネットワーク、日本動物虐待防止協会、栄町猫対策委員会、犬猫救済の輪、動物実験の法制度改善を求めるネットワーク、動物愛護支援の会(マルコ・ブルーノ)、NPO法人アニマルレフュージ関西(エリザベス・オリバー)に続いて、日本全体の有志が足を引っ張り合うような低レベルなことをせず、それぞれの持つ意見を超え、団体同士がしっかり結束して力を合わせていけば、必ず日本を動物愛護先進国にできるはず!

そしてそれに続いて、一般人の私たちの意見は結束した団体の後押しをすることができます。
オランダも同じですが、一般人の意見が世論になるので、とても重要になります。

2012.6.19 緊急院内集会・「動物の命」と「人と動物の共生」.wmv


35分ほどから「動物実験と実験動物の福祉について」
「動物実験の法制度改善を求めるネットワーク」藤沢顕卵氏によるお話の内容ですが、
39分あたりから、自民党議員による「脅し」ともとれる事実があります。
こんな議員の横暴を許してしまっているのは、私たち国民だと思います。
藤沢氏がこの場で勇気を持って公にしてくれているのですから、私たちはそれについて、この議員がなぜこのような発言をしたのか、この議員に献金している所はどこなのかなど、しっかり調べる必要があると思います。動物実験の法改正をさせまいとしている理由は、法改正案から削除されたほとんどの理由はここにあると思いませんか?
人間の欲の塊、金が絡むことで、全ての動物は苦しめられています。

←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

削除された『幻の改正案』~医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗の元凶は?

マルコ・ブルーノ氏のHPが再会になれば、
後日マルコ・ブルーノ氏がこれらについての解説を予定してくれているようです。
40年以上もの間、日本を見てきたマルコ氏、日本の動物たちを思い、日本の未来を思い、日本の動物愛護向上に尽力を尽くされてきたマルコ氏の意見を聞き入れず無碍にしてきた霞ヶ関の役人、官僚、政治家たちの罪は重いです。

日本の動物愛護が向上しないのは、日本の動物たちを取り巻く環境への無知、思いやりの低さと、知っても声にしないという無関心さです。
それが罪のない犬猫や動物たちを殺しているのです。

オランダ人が命ある動物たちのことに無関心だったら、オランダも今の日本と同じ状況だったのですから。

私たちが行動を起こさなければ、動物後進国のままで動物たちを守る法律へと変えることができません。

まず、マルコ・ブルーノ氏が提案している日本の動物愛護向上・環境改善マニフェストの内容を賞賛しながら、実行しようとしない霞ヶ関のお役人。
「動物たちの悲劇に終止符を打ち、「殺処分ゼロ」を目指すためにはどうしたらよいのかと真剣に考えた末、私が「動物愛護及び保護の改善マニフェスト」を発表し、動物愛護団体や報道関係だけではなく、鴨下前環境大臣にも提出した。世界の深刻な環境問題や日本の動物現状に関する興味も知識もなく、日本の環境大臣はいつも形だけの閣僚だから、このマニフェストに関する反応も返事もなかった。
毎日、無駄死にをしている動物たちの悲鳴は日本中に響きわたっているのに、霞ヶ関の官僚も永田町の政治家もこの助けを求めている悲鳴を聞こえないふりをしている。」

マルコ・ブルーノ氏もこのように述べています。
「命は待ってくれません!」
その危機感が全くないのです。
ただ冷静に日本を見つめてきたマルコ・ブルーノ氏の改善マニフェストを早急にできるところから取り入れていってほしいです。
日本を動物愛護先進国にしたいと真剣に願っている方、動物愛護先進国から日本に来て40年以上も尽力を尽くされてきているマルコ氏のマニフェストに目を通してください。
私たちに協力と団結ができなければ日本の動物たちに強いている残酷な環境を根本から変えることができません。
マルコ氏のメッセージとマニフェスト
↑クリック↑

samen.jpg

動物実験ワースト2位の汚名は利権によって挽回できず!
↑クリック↑

動物実験について、拘束力のある法律が、何もない無法地帯の日本。
日本は他の先進国と比べられないほど、あまりにも大きくかけ離れてしまっています。

ヘルプアニマルスズ/動物実験に使われる動物の数と種類
↑クリック↑

2012.5.31 
見直しが進められていた、動物愛護管理法の改正について、実験される動物のための法改正は、何も行わない、という案がまとまりました。

医師議員の反対で消えることになった、動物実験規制に関する動物改正法案。
この信じがたい事実をAERAの大田記者が記事にしてくれています。

AERA 削除された『幻の改正案』~医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗」↑クリック↑

日本は5年にたった一度しか法を見直さない国です。
対してオランダでは議題に上がれば、その都度見直しをして法に反映させている国です

無法地帯の日本では・・・
1999年の動物愛護管理法改正 動物実験についての法規制 見送り
2005年の動物愛護管理法改正 動物実験についての法規制 見送り
2012年の動物愛護管理法改正 動物実験についての法規制の見送り
が繰り返されてきました。

下記はの医系議員が発言した数々です。

「正気の沙汰とは思えない。国家戦略を阻害し、雇用も減る。テロリストが施設の構造などの情報を手にすれば大変なことになる。」
(吉田統彦衆院議員)

「実験動物の関係者からは、懸念が出ている。別法で対処してほしいという声も理解してくれないか」
(岡本充功衆院議員)

「『動物実験』と『実験動物』とを明確に分けることはできない。実験が止まってしまう。」
(足立信也参院議員)

さて、これら医系議員が言い放った信じがたい発言が持つバックグラウンドの元凶はどこにあるのか。
↓ここですね。

日医白クマ通信 No.1554
2012年6月7日(木)


定例記者会見
実験動物への配慮を求める
― 久日本医学会長、高杉常任理事


 高杉敬久常任理事は6月6日、 久史麿日本医学会長と共に記者会見を行い、動物愛護管理法の見直しに際して、実験動物に対する配慮を求めた。
 動物愛護管理法は、動物の生命を尊重し、愛護すること、動物による人の生命・身体・財産への侵害を防止することを目的として、昭和48年に制定されたものであり、5年に1度見直しが行われている。今回の見直しに当たっては、届出制または登録制の導入等、実験動物に対する規制強化が検討されていたため、日本医学会始め、日本再生医学会、日本実験動物学会、日本神経科学学会、全国医学部長病院長会議等からは、規制強化の見直しを求める要望が出されていた。

 会見では、 久会長が、まず、日本の動物実験の現状について、(1)実験動物は動物愛護管理法の外にあるものと考えられてきたため、2006年には文部科学省、厚生労働省、農林水産省が動物実験の実施に関する基本方針を制定している他、日本学術会議も詳細な指針「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」を制定している、(2)この制度は国際的にも認知され、その実効性を担保する第三者評価制度も所管省庁の指導の下で構築されている、(3)実験動物を取り扱う医療機関では「動物実験倫理委員会」を設置し、実験動物を使用せざるを得ない理由を極めて厳格に審議し、承認された場合にだけ実験動物の使用を許しているだけでなく、犠牲死させる場合でも、実験動物に過度の苦痛を生じない手段を講じることを許可の条件としている、(4)各大学医学部や医科大学では、毎年「実験動物慰霊祭」を全学的な行事として行っている―ことなどを説明。
 その上で、 久会長は「医薬品、医療機器が輸入超過の状況にあるわが国では、日本独自のものを開発する必要があるが、そのためには、動物実験がかかせないものになっている。現行法下でも研究者たちは十分に注意し、かつ実験動物に敬意をはらって動物実験を行っており、規制に関する特別な配慮を改めて求めたい」と述べた。

 引き続き、高杉常任理事が今回会見を行った理由について、「この問題に関する医療界側の意見を表明して欲しいとの要望が関係国会議員等からあった」とした上で、「動物愛護の精神も大事であるが、日本の医療の発展のためにも、実験動物に関しては法規制の枠外にすべき」として、規制強化反対への理解を求めた。
◆問い合わせ先:日本医師会生涯教育課・日本医学会
 TEL:03-3946-2121(代)
◇関連資料はこちら⇒ (208KB)

http://jams.med.or.jp/news/025.pdf
↑リンク元↑

これらが元凶ですね。

製薬会社、日本医師学会、議員

金の亡者たちの利権です。

オランダでは動物を使用せず、人間を使用した代替法も確立されてきているというのに・・・
日本はいつになったら、利益優先、利権優先、動物実験大国ワースト2位という汚名から脱出できるのでしょうか。

私は日本に動物に優しい国になってほしいです。

「人間への尊敬は動物への尊敬から始まる」

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いはその国が動物をどのように扱っているかで判断できる」
 マハトマ・ガンジー
126473322_v1342235742.jpg
20080331_353080.jpg

動物実験について再度訴えを!
↑クリック↑私たちができること。動物たちは、私たちの声でしか救えません。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

イスラエルで、新日本科学へ送られる予定だった猿90頭の出荷停止を司法長官・最高裁判所が決定!

ヘルプアニマルズ アニマルライツ動物の権利 ニュース
http://helpanimals.jugem.jp/?eid=292
↑クリック↑

イスラエルで、新日本科学へ送られる予定だった猿90頭の出荷停止を司法長官・最高裁判所が決定!

裁判前日にはイスラエル各地で大規模で反対デモ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
オランダでは動物実験していない商品に下記のように、いくつかのロゴが記されてあり、
消費者が見てもわかるようになっています。
shop2131000_images_Homepage-keurmerken14.jpg
例えばこのうさぎちゃんのロゴです。
DSC07426.jpg
すぐに痛む手と爪のお手入れにと、バレンタインにプレゼントしてくれたものですが、
もちろん、動物実験していない証拠のロゴがついているものを選んでくれました。
DSC07423.jpg
向かって左から3番目のマークが動物実験していないという証のうさぎちゃんのロゴです。
うさぎちゃんのロゴは出来上がった商品を動物実験していないだけでなくて
使用されている全ての成分が動物実験されていないものという証のロゴです。
DSC07425.jpg
この商品、MADE IN イスラエルなんです。
上記のブログ記事で紹介したデモもイスラエルでのことです。
イスラエルは日本より進んでいる・・・素晴らしいです。 

このように、商品の裏側を見て、動物実験していない商品かどうか
消費者は確認して購入することができます。
選ぶ権利も、知る権利もあります。

また、マークがないものでも、動物実験していない商品には
「動物実験していません。」と記載されているものも多数あります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日本、どうなっているんでしょうか・・・。
日本人の倫理は世界と逆行し続けている気がしてなりません。
私の母国、日本が動物実験を当然の人間の権利かのように正当化し、
その内容を隠し続けている。
本当に恥ずかしいです。

動物実験の必要性が本当にあるかどうかを考えれる国になってほしい。
こちらヨーロッパ西欧においては10年以上前から、取り入れられている当然とされている
(★3R)の提言は・・・(★苦痛の軽減)(★数の削減)(★代替法)

今、まさに議論が繰り広げられている動物愛護法改正から
削除されているという。

本当に先進国などとは決して呼ぶことのできない
自体が霞ヶ関で繰り広げられている。

獣医師や実験に関わる科学者の欲望のままに彼らの体を
切り刻み、傷つけ、閉じ込め、閉鎖環境で強いストレスを強いて
飼育し、虐待を続けることは倫理向上をし続けるこの時代において、
逆行しているとしかいえないことが私の母国、日本で起こり続けています。

また、その裏には政治家、製薬会社、医師とうの利権が絡み合っていて
彼らはそんな金の亡者になっているだけの汚い人間の犠牲にされているんです。

彼らの命の犠牲の上に生きている人間であるのだから、
彼らの生命に配慮するのは、人間として当然の責任と義務であると思います。


日本からあらゆる動物虐待を減らすように
努力していかなければ、虐待をし続ける日本を放置し未来に残してしまうことほど
人間として大人として
日本の未来を担ってくれる子供たちに罪になることはないと思います。

動物と子供たちには何ひとつ罪はありません。

動物にも子供にも老人にも安心して暮らせる社会を残せるような大人でありたいです。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

動物実験大国・日本には痛み苦しみの規制が存在しない

武田薬品は動物実験の詳細を国民に情報公開しない
↑クリック↑

2013年からのEUの動物実験の動向と今まで

エコちゃんのおもちゃ箱3

↑クリック↑

AERA6月11日号
AERA ◆医学会が潰した動物愛護法改正案◆
↑クリック↑

◆医学会が潰した動物愛護法改正案◆
 医師出身議員らが動物愛護法改正に抵抗
   削除された「幻の改正案」


今も国会で改正を目指している動物愛護法。
 その改正案から、実験動物に関する項目が全て消えた。

63ページ 太田国彦氏の記事を是非、読んでみてください。


  何が起きたのか・・・。

動物実験に何の規制もない、無法国家となっている日本で何が起こっているのでしょうか・・・。

私たちは彼ら動物たちの犠牲の上に生きています。

ならば人間として最低の責任を果たすのは当然ではないでしょうか・・・。

動物実験3Rの提言はEUでは当然長い間議論され、法律化されてます。

痛み苦しみ
数の削減
代替法

日本は世界で類をみない、動物実験大国、アジア諸国においては動物実験数で日本に勝る国はありません。

それほどに、動物を苦しめているのに、未だに規制がないのはなぜでしょうか・・・。

動物の命を犠牲にしてまで、人間側の主張を通し、利権にまとまりつく必要があるのでしょうか。

いったい、誰のための動物愛護法なのか、倫理的に議論できる国になってもらいたいものです。

動物実験の詳細な裏側を私たちに知らされることはありません。

私たちの身近で起こっていることなど、日本人は日本で起こってることを知る権利があるはずです。

是非、アエラの大田国彦氏の雑誌を読んでみてください。




かわいそうだから、ひどいからと、この事実から目をそらさないでください。
彼らは日本でずっと目をそらされ忘れられた存在なのです。

動物実験に関する規制のない日本に産まれてしまったら、今もこれからも苦しまされ続けられてしまうのです。

私たちは彼らの犠牲の上に生きています。
私たち人間が目をそむけていることは、人間として倫理を失ったひどい行為です。

動物実験です。
EUではすでに3Rの提言がなされ、すでに法律施行されています。

日本は動物に関してあまりにも残酷です、そして世界の動きを知らない・・・。


あなたはこれを見てどう思いますか?
私たちにできること・・・

動物たちの苦しみ、痛みを軽減するように政府に意見をし、回答を求めることです。

彼らの代弁者となることではないでしょうか。

知ったときから、あなたもスタートしてくれたら、日本を諸外国のような動物先進国に導けるはずです。
動物実験
動物実験2
prefdieren2.jpg
proefdieren.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。