動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

イギリス・有名タブロイド紙 ミラーが取り上げた日本の殺処分記事の個人翻訳

イギリス・有名タブロイド紙ミラーに日本の殺処分が記事に

(記事に使用されている写真提供者はジャーナリストの山下浩さんです。)
山下浩さんは日本で唯一たった一人本気で日本のペット産業の闇について
動物愛護について真剣に取り組んでおられる方です。

       ↓クリック↓
ジャーナリスト・山下 浩氏のサイト


活動仲間がこないだイギリスで大きく取り上げられた
日本の犬猫たちの殺処分について記事を個人翻訳してくれました。

海外では日本の殺処分について、このように思われているのです。

「あくまで個人翻訳なので、ニュアンスが違うなどのご意見はご遠慮願います。」
拡散してくださる方、どうぞお使いください。
ご一報くださると嬉しいです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

               死刑を待つ犬

 サンデーミラー紙の調査が暴く 日本では毎年250000頭の犬や猫がガスによって殺されている。

死を待つ、血統書付き秋田犬の子犬がケージを引っ掻く
次の瞬間彼はガス室へと連れて行かれた。

子犬は今まさに繰り広げられるであろう恐怖から逃げ出そうと、痛々しくも必死でガラスを引っ掻く。

その数分後、その血統書付きの秋田犬は、他の大勢の犬と共に、”ドリームボックス”と呼ばれる死刑執行室へ連れて行かれた。そこでは二酸化炭素ガスが注入されていく。

死のガスがゆっくりと箱の中を埋め尽くすと、10分ほど心臓を締め付けるような鳴き声をあげ、そして七転八倒を繰り返し、さらに20分後、彼らのひっくり返った体はようやく動かなくなる。

この動物達は、こうして今年日本でガス殺処分されるであろう200000頭の犬猫の数の中に組み込まれた。

今回サンデーミラー紙の調査は日本では合法的、なおかつ国の行政機関が行っているこのベルトコンベアー式虐殺について暴く。

この大虐殺は年間約20億ボンドにも及ぶ日本のペット産業の急増が元となっている。
日本には、現在2300万匹の犬猫が住んでいる。これは日本の子供の総人口よりも多い数である。

無秩序なブリーダー達は今流行の血統書付きの犬猫を売り、それらは時に5千ポンドという値がつくこともある。それらの犬猫で全国のペットショップのガラス窓は埋め尽くされる。

それでも売れなかったり、繁殖するには歳を取りすぎている犬猫は、首回りに赤いひもをつけられ、死へと放り出される。


婉曲的に”ドリームボックス”と呼ばれ、犬猫達が最後の時を迎えるガス室は「ほけんじょ」と呼ばれる健康センターに設備されている。

この保健所は日本全国に108箇所あり、各保健所で、毎日平均550頭の動物が殺されている。仏教ですべての生命は神聖だとされている日本であるが、このガス室は日本の科学者によって作られた。獣医でさえ、動物の命を絶つことはできない。
しかしわれわれの写真が表すように、日本の急成長するペット産業において、そのような慈悲の入り込む隙間などない。

私達は滅多に立ち入ることの出来ない”死刑執行室”の取材を許可された。

東京から50キロほど離れた千葉市にある一階建ての建物内に、6面ステンレスケージで埋め尽くされた部屋が少なくとも30匹の犬の死刑のために用意されている。


「今は少ないほうですよ」
所長ののひらさんが言う。
「夏前は特に沢山の子犬でケージが埋め尽くされ、とても忙しくなります。」
去年は5000匹以上の猫と2000匹の犬がここで殺処分された。

数十頭もいる犬達の中で、ダックスフント、ミニチュアポインター、テリア、プードルはケージの中を歩き回る。

首周りに赤いナイロン糸がついている犬は、最大で7日間そこに収容されるが、7日後には殺処分しなくてはならないことを意味する。
7日間以上収容するのは、「財源の無駄」になってしまうからである。他の部屋で100匹以上の猫も同じ悲惨な運命を待っている。毎週火曜日と金曜日の朝8時半ちょうどに動物達は狭いコンクリートの廊下を通り、ドリームボックスに引きずりいれられるのである。

紳士的で腰の低いオペレーターのいしざきさんがコントロール室の緑のボタンを押す。そして彼はシリンダーが二酸化炭素を放出するのを確認する。

「初めてボタンを押した時は本当に悲しかった。」といしざきさんは話す。
「でもこれは私の仕事ですから。今はもうくよくよ考えなくなりました。」

あたりには死臭がたちこみ、鉄レールには今までここに来た何千何万という数の犬や猫の毛がもつれていた。

子犬や子猫の小さな体に二酸化炭素がいきわたるまで時間がかかるため、もっと死まで苦しむ時間が長いことを石崎さんは教えてくれた。

死体となってしまった動物達はハッチを通り、焼却炉へ捨てられる。600Cの熱であっという間に灰になり、それらは産業廃棄物とラベルの貼られたプラスチックの箱の中に入れられる。

公式統計によると、飼い主に捨てられた90%のペット達は毎年保健所でこうして処分される。
イギリスではたったの9%である。

この殺処分の現状の大きな理由のひとつとして挙げられるのは、日本で血統証付の犬達が高い確率でなんらかの遺伝的疾患を持って産まれてくることにある。数字にしてあらわすと、2匹のうち1匹だけが人気種の持つ「かわいい要因」をもって産まれてくるという確率になる。

ミニ”ティーカップ”トイプードルは最近日本で人気の犬種である。彼らは2,500ポンドもの値で売られている。傍ら”赤い毛並み”の子犬は先週東京でその2倍の値でセールとして売られていた。ペットショップチェーンは毎年100万もの利益をだしている。

ブランド品

いくつかのペットショップは夜中の3時までオープンしており、溢れ出すサラリーマンと近くのクラブで働くホステス達のブランドバックから顔を出す子犬や子猫を購入する場を提供している


パリスヒルトンがそのような店の外でポーズをとっている。ONEWANはそのような店のひとつである。ここでは数年前グッチの犬の首輪を1,400ポンドで売っていた。

かねこえみさんはライフボートチャリティーという団体の代表で、ここでは約8000匹の猫をガス室から救助した。かねこさんは「多くの日本人にとってペットを買うこととハンドバックを買うことはなんら変わりのないことだ」という。

「人々は何も考えずにそれらを買い、そしておもちゃのようにそれらを捨てるのである。」
「もし日本人が一斉にペットショップからペットを買うことをやめれば、パピーミルもほけんじょもなくなるのに。」

かねこえみさんのような活動者が多くの猫や犬にとっての唯一の希望である。
決して大きくない活動資金の中で彼らはできることのすべてをしている。

しかし日本のすさまじい動物の権利の歴史の前ではそれもなかなか報われない。動物権利保護団体の「ALIVE」代表ののがみふさこさんは、何年も全国のペットミルで繁殖された血統書つきの犬や猫の闇取り引きの現状を暴こうとしている。
これらの小さいペット工場は、粗雑に作り変えられた家屋で、ほとんどの場合そこに不衛生なケージがあり、ペット達はそこに詰め込まれている。
ある匿名の活動家は2年かけて南日本の福岡県近くにあるペットミルを営業停止させようとした。
「何百匹もの動物は小さなスペースにつめこまれていました。悪臭がとてつもなく、死骸がそこらじゅうに転がっていて、死んだ動物は他のごみと一緒に捨てられていました。」と彼女は話す。

この活動家はそれらの証拠を集めようとしたところ住居侵入により逮捕された。このペットミルのオーナーはなんの罪にも問われなかった。
過去5年間で、営業停止を受けたブリーダーは日本で一件のみである。
「現在の法律はとても不十分で、曖昧、そしてほとんど効力がない。」とのがみさんは話す。
今はその法律が変わる可能性はとても低い。昨日東京ではあるブリーダーにデザイン交配された犬が4,200ポンドで売られていた。多くの人がその犬を見ようとペットショップの窓に群がっていた。
その犬が窓に手をおくと、通行人たちは笑ったり、写真を撮るものもいた。
その後すぐ彼らは向きを変え、ペットショップを後にし、残された犬はただ彼のケージを引っかき続けるのであった。
スポンサーサイト
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

ドイツ・日本殺処分の様子の記事

ドイツ・日本殺処分の様子の記事

Hunde im Tierheim vergast!
Das grausame Sterben dauerte 30 Minuten
27.10.2011 — 09:38 Uhr

Von M. WICKING

Tokio – Diese schreckliche Geschichte ereignet sich weit weg von Deutschland. Und sie geht uns doch so nah. In Japan kommt es zu grausamen Massentötungen von Hunden und Katzen!

Die Tiere werden vergast! Und dann verbrannt! Die Schock-Enthüllung, das Leiden der Tiere

Die Blicke der Hunde sind verzweifelt. Unruhig tapsen sie durch ihren Stahlkäfig. Gas strömt in die Box. Die Tiere spüren: Sie sterben gerade einen Horror-Tod. Einen Tod durch Vergasen! Es wird ein 30 Minuten langes Sterben!

Es ist für uns Europäer so entsetzlich, so widerlich: In japanischen Tierheimen werden auf diese grausame Weise jährlich 200 000 Hunde und Katzen getötet! Das Tierheim wie hier in Chiba (80 Kilometer von Tokio entfernt) – eine einzige Tötungsfabrik!

Grund der Massenmorde: Der Tierzuchtwahn in Japan! Mittlerweile gibt es landesweit 23 Millionen Haustiere. Und es werden immer mehr! Wenn die Tiere aber nicht verkauft werden können, kommen sie in eine der 108 Tier-Gaskammern (Hokenjos), die die japanischen Regierung betreibt.

Im offiziellen Jargon heißen die Tötungskammern „Traumboxen“. Unglaublich: Japanische Wissenschaftler haben die „Traumboxen“ entwickelt, da nicht einmal die Veterinäre die Tiere töten wollten – da ihnen ihr Leben heilig ist.

In dem einstöckigen Gebäude in Chiba dienen sechs mit Stahl verkleidete Räume als Todestrakt für jeweils 30 Hunde. Pro Jahr werden hier mehr als 5000 Katzen und 2000 Hunde vergast.

Jeden Dienstag und Freitag um 8.30 Uhr treiben Angestellte die Tiere durch einen engen Betongang zu einer der „Traumboxen“. Dann drückt ein Angestellter einen grünen Knopf, die Gaskammer füllt sich mit Kohlendioxid. Nach zehn Minuten hört man nur noch ein Wimmern, nach 30 Minuten sind die Tiere tot.

Danach kommen die Kadaver in ein Krematorium – und werden bei 600 Grad verbrannt. Die Tötungs-Schergen schütten die Asche in weiße Plastikboxen. Aufschrift: „Industrieabfall“.

Werden ausgesetzte Tiere auch in Deutschland getötet? Thomas Schröder (46), Präsident des Deutschen Tierschutzbundes zu BILD: „Niemals! Es wird in Deutschland kein gesundes Tier aus Platz- oder Kostengründen getötet. Das ist streng verboten.“

.
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダ・日本殺処分の様子サイト

オランダ・日本殺処分の様子サイト



←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

ベルギー・日本殺処分の様子の記事

ベルギー・日本殺処分の様子の記事

Jaarlijks miljoenen honden en katten vergast

Er is een heuse huisdierboom aan de gang in Japan en daarom hebben kwekers hun 'productie' opgevoerd. Helaas worden veel van de dieren die er gefokt worden, niet verkocht. Bovendien blijven veel Japanners hun volwassen dieren naar het asiel brengen 'omdat ze niet zo schattig meer zijn als toen ze pup waren'. Daarom zitten de asielen overvol met ongewenste honden en katten. De overheid heeft er daarom niets beters op gevonden dan hen te vergassen, waarvan onlangs gruwelijke beelden opdoken. Duizenden honden en katten sterven jaarlijks een 30 minuten durende verstikkingsdood.

JAPAN - In verschillende steden zijn asielen waar gaskamers zijn gebouwd. Japanse dierenartsen weigerden resoluut gezonde (maar ongewenste) honden en katten te doen inslapen, dus moest de overheid een andere oplossing zoeken. Wetenschappers ontwikkelden daarom de 'Droomboxen'. Het zijn met staal beklede kamers, die kunnen vollopen met gas. De slachtoffers moeten via een smalle gang de kamers binnenkomen. Medewerkers drukken op een groene knop en de kamer vult zich met koolstofdioxide. Nu staat de dieren een lange doodsstrijd te wachten: hun verstikkingsdood duurt een half uur... Daarna worden de lijken in een verbrandingsoven gegooid. Hun as wordt afgevoerd onder het label 'industrieel afval'.
In cijfers
In heel Japan zijn zo'n 108 gaskamers operationeel. Jaarlijks vinden 200.000 honden en katten er de dood. Per kamer kunnen in sommige asielen 30 honden en nog meer katten in één keer vergast worden. Na 10 minuten in de gaskamer hoort men de dieren nog jammeren, pas na 30 minuten zijn ze dood.
Niet enkel Japan schuldig
Helaas gebeuren dergelijke wanpraktijken niet enkel in het ver-van-mijn-bed Japan. Ook in Europa zijn zo'n dodenstations schering en inslag. Spanje, Portugal, Oekraïne (ja, die weer), Turkije, Hongarije,... allemaal grijpen ze terug naar deze holocaustpraktijken. Om niet te zwijgen over de asielen in Noord- en Zuid-Amerika die jaarlijks duizenden dieren de gaskamer insturen... En waar blijven de geallieerden nu?
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

イギリスに続きノルウェー・ベルギー・ドイツ・オランダにも

ノルウェー・NYHETER紙が日本の殺処分の様子の報道 

ベルギーの記事・ドイツの記事・オランダの記事も
日本の残酷な殺処分の事を取り上げていますので
それぞれアップします。

日本が隠したがっているこの事実が世界に広がり、
日本がどんなことをしているかを改めますように。

小さな命さえ大事にしようとせず
生かす努力や方法を思案せずに
仕方がないや、命より利益優先にしている国や人が
国民や子供たちに命を大事にしましょうなどと
言っていることに疑問です。

子供達はそんな矛盾だらけの日本の大人を見て
また同じような大人へと育っていくのでしょうか。
いい大人になるには教育しかありません。

勉強ができなくたって、いい学校出てなくたって
最後に残るのは学力やお金じゃない。

死ぬときに自分に恥じない生き方ができたかどうかとか
わが子や孫や未来っ子たちに
一人の大人として一人の人間として
恥じない国を残してあげれるかだと思うんです。

小さな頃、自分はこんな大人にはならない・・・。と
思っていたはずなのに
いざ大人になってみると
嫌だと思ってたような大人になってる・・・。
そんなことを感じたら
気づいたときから直せばいい。

世界から、日本はどんどん信用を失っている。

とにかく生かす方法を考えるだけのこと。
何が必要か、何を廃止しなければいけないか
何を厳しく取り締まらなければいけないか
何が動物達にとって一番いいのか

答えやヒントは
ヨーロッパにあります。
命は待ってくれない。

私、説明も下手ですし
このようなブログだともっと
伝わりずらく、誤解を招いていることも
たくさんあるかもしれないけれど
普通のこと、当たり前のことを言ってるだけです。

法律に
むやみに殺してはいけない
みだりに殺してはいけない
と書いてるのに
法律違反を犯しているのは国の方ですから。
そんなのおかしいと思わない人の方がおかしいはずです。
Gasser 250 000 kjæledyr i året
.Er uskyldige offer for den forfengelige og kyniske kjæledyrsindustrien i Japan.
27.10.2011, kl. 13:50

(Dagbladet): Det tar rundt ti minutter før bjeffingen stilner. Etter ytterligere tjue minutter går klynkingen og rykningene over i full respirasjonsstans og død i «drømmeboksen», en eufemisme for gasskammeret som sakte fylles av karbondioksid, ifølge den britiske avisen Sunday Mirror som har fått tilgang til å dokumentere praksisen.

Kadavrene dumpes gjennom en luke og inn i en forbrenningsovn som holder 600 grader. Hele prosessen er lovlig, drevet av myndighetene og skyldes i stor grad den japanske kjæledyrsindustrien som omsetter for over 170 mrd. kroner i året.

Uregulerte oppdrettere driver råavl for å produsere dyr med ønskede trekk som lever opp til de siste trendene, enten det er rød pels eller en miniatyrutgave som får plass i veske. «Motedyrene» kan gå for opptil 40 000 kroner, mens de andre ofte ikke blir solgt og må dø.

Praksisen fører også til at bare én eller to i et kull har den «riktige søthetsfaktoren», ifølge avisa. Og siden oppdrettere bevisst driver innavl over flere generasjoner for å tvinge fram enkelte sjeldne trekk, blir mange av de andre født med alvorlige genetiske defekter.

- Å kjøpe et kjæledyr er ikke noe annerledes enn å kjøpe en håndveske for mange. Folk kjøper dem uten å tenke mer over saken, og kaster de senere som leker, sier Emi Kaneko ved den veldedige organisasjonen Lifeboat til Sunday Mirror.

  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。