動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

ある議員の発言に関する噂

先日、行われた

 動物愛護法改正前夜 6/19 意見交流会・勉強会
「動物の命」と「人と動物の共生」
~動物の命と福祉を求めて・実験動物~

その後、このような噂が入ってきました。

ある議員の発言だそうです。

  
  「動物実験(実験動物削除に関して)の事をこれ以上言うなら
    <8週齢規制>も却下することになるぞ!」

脅迫です・・・。
果たして、この真相は・・・どうなのでしょうか?
やはり昔から噂があるように、製薬会社から献金してもらってるのでしょうか・・・
日本の政治家は企業と密接なつながりあるとよく噂があります。
もしかして裏があるのでしょうか?
でなければ、わざわざ「削除」なんてことをするでしょうか?

これが事実だとすれば脅迫するような議員を選んだのも国民です。
そんな日本の政治家を選んだのは私たち国民です。

こんな日本政治がまかり通るようになるまで、放置してきたのも見抜けなかったのも私たち国民です。

いったいどの議員が言ったのでしょうか???
これが、オランダで起こったなら・・・国民は市民は黙っていません。
オランダ人は日本人のように大人しい人種ではありません。
自分の権力を悪用する議員に大人しく従うなんてことはしません。

もしこれが事実だとしたら・・・市民が国民がどれだけ頑張っても、こんな政治家が日本の法律改正の行方を握っている限り
動物たちは苦しめられ続け、前進ところか後進国に成り下がり続けると思います。


オランダ人なら、恐喝した議員を公の場に出させ必ず世論にします。
税金を納めているのはオランダ人です。
そして選んだのもオランダ人です。
オランダ人は選びっぱなしにはしません。

日本の動物問題は原発と同じくらい世論にしていかなければいけないくらいの
大きな社会問題になっているはずです。
これ以上、臭いものに自由に蓋をさせてしまうような日本の政治体制、
政治家たちを許してはいけないと思います。

もしこれが事実だとしたら・・・

国民を恐喝するようなそんな最低な議員を、私たちはやめさせる権利を持っているんです。
議員は民意を聞き、国をよくしていこうと働くことが仕事なはずです。
私たちが期待して選んだ人が間違っていたとした、やめてもらえばいい。
日本は民主主義国家なはずです。


政府は大飯原発再稼動反対のために首相官邸前デモに集まった
4万5千人ものデモに参加した勇気ある国民の意思を無視し再稼動をさせます。
東京新聞6月26日付け
コピー ~ june-26e2012

経済より生命が大事。
人間優先ではなく、生命優先。
そんな日本を作っていきたいです。

自分以外の他のものに思いやる優しさを失ってしまうと人間ではなくなってしまうと思います。

政治が、政治家が動くときは世論が大きくなったときだけです。4699.jpg
スポンサーサイト
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

日本人であるなら、ぜひ、一度見てください。「第2回犬猫の命を守るための勉強会」

動物好きな人もそうでない人も、日本人であるなら、ぜひ、一度見てください。

彼らは日本を現している、日本社会の縮図です。

ひどいことをするのも人間であるなら、ひどいことをやめさせるようにしていくのも人間。

それは人間同士の闘いでもあります、でも彼らはそんな人間の犠牲になっているだけです。

問題を知ったときから、一人一人が安全で安心で住みやすい環境に変えていく努力をしていけば、

きっと日本を誇れるような国に変えれる。

「動物に優しい国は人にも優しい」

HAPPY MUSIC FESTA 2012
↑リンク元↑クリック

「第2回犬猫の命を守るための勉強会」報告テーマ:動物関連法の概要と動物愛護管理法改正について

開催日:2012年4月27日 19:30-21:00


■ 概要

1.続・犬を殺すのは誰か ~「8週齢規制」の実現に向けて~
講師:太田匡彦(『AERA』記者)


2.動物関連法の概要と動物愛護管理法
細川敦史(弁護士)


■ 講師プロフィール

太田匡彦(『AERA』記者)

太田匡彦(おおたまさひこ)

朝日新聞社の経済部記者を経て、『AERA』記者に。

ペット業界やペット行政のあり方に一石を投じてきたジャーナリスト。

『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』(朝日新聞出版)著書。

細川敦史(弁護士)

細川敦史(ほそかわあつし)

春名・田中法律事務所(兵庫県弁護士会)所属。

ペットに関する事件や裁判に関わりながら、動物愛護法の不備や改正問題について

シンポジウム等で発信する等、動物の法律問題について幅広く活動中。


講師紹介

西平衣里(にしひらえり)
一般社団法人アニマル・ドネーション 代表理事/マネジメントディレクター
日本初の、動物のためのオンライン寄付サイト「アニマル・ドネーション」代表。
株式会社リクルートにて、数々の媒体立ち上げにディレクターとして携わった後、
ヘアサロン経営者を経て、2010年7月、一般社団法人アニマル・ドネーション設立。
寄付サイト運営を自身の社会貢献と位置づけ、動物との幸せな共生社会実現を目指す。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

ALIVEの声明 ~ 動物実験施設の届出制は動愛法で~

ALIVEの声明2012年5月29日


 動物実験施設の届出制について、動物愛護管理法の議論から切り離し、有名無実のものにしようとする動きがあります。これまで法改正運動に取り組んできた立場として、緊急に以下の声明を表明します。




実験動物を動物愛護管理法から切り離す動きに断固反対します

~動物愛護行政の枠組みの中で、動物実験施設の届出制を!~


動物愛護管理法の改正については、現在、議員立法による成立へ向けた議論が各党で進められている段階ですが、

報道※によれば5月24日の民主党の環境部門会議で、動物実験施設の届出制について、新たに別法を制定する方針が

固められたとのことです。しかも別法化される動物実験施設の届出制は、「動物実験の3R」の担保や実験動物福

祉の目的から切り離されている可能性が高く、これは到底許容できるものではありません。

 そもそも動物実験は納税者や消費者のお金を用いて、動物に苦痛を与える行為です。

だからこそ関心を持つ多くの市民に対し、実態を公開し、透明性を保つ必要があるというのは、誰もが納得する論

理です。だからこそ、環境省のパブリックコメントでは2万4千を超える人々が、自治体の動物愛護行政が実験施

設の把握をし、動物の適正飼養を確認する、実効性のある法制度が必要だという意見を寄せたのです。この課題を

動物愛護管理法から切り離すならば、すべての飼育動物の適正な取り扱いを求める動物愛護管理法そのものが弱体

化、形骸化してしまいます。

  今回、動物実験施設の届出制を動物愛護管理法から切り離す動きになったのは、医学系学会や製薬業界などの利

益を代弁する国会議員による激しい反発があったためです。彼らは「届出制にすると医学の進歩が阻害される」

「行き過ぎた規制だ」と、大げさに主張しています。しかし、常識的に考えて、施設の届出制で実験動物の飼育管

理に関する基本的な情報が把握されたとしても、それによって科学研究が阻害されるはずはありません。

  こういった利益集団による反発は、過去2回の法改正でも繰り返され、その度に実験動物が切り捨てられてきま

した。そして、またもや今回の改正作業の中で、それが繰り返されているのです。

  日本という国は、いつまで動物実験を闇の中にとどめておこうとするのでしょうか。

 また、近年の実験動物福祉をめぐる国際潮流の中で、この十年一日の日本の現状は、果たして国益に沿うもので

しょうか。諸外国では明確に法によって定められている規制が、何十年たってもその一部すら成立しない日本の現

状は、悲劇と言うしかありません。

  私たちは、動物愛護管理法の中で、最低でも動物実験施設の登録制/届出制が設けられ、実験動物の適正な保護

管理と福祉の向上が図られることを求めます。

※「民主・環境部門会議 動物実験『届出制』、別法制定で調整」

医薬経済社 RIS Fax 2012年5月25日

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

諸外国がどんどん規制を厳しいものにしているというのに、比べて日本は動物実験に関して、未だに何の規制も決めることすらできない日本はさらに遅れを取って行く国になる。

まるで、世界の流を知らないかのような日本の製薬会社しかり、政府しかり・・・。

世界の動向は、実験動物たちの命に配慮し、

痛み苦しみ、数の削減、代替法、この3つの(3R)徹底を協議し、法律にし、実践している。

すでにEUは施行されており、2013年からは完全に3R、代替法の規制を施行するとしている。

日本は西欧と比べて100年以上も遅れているという・・・。

本当に私は日本人として恥ずかしい。

意見を出します。







←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

犬・猫の殺処分減らすため 愛護法改正案 NEWS

ペットを保護するための法規制の動きが相次いでいますが、年間20万匹にも上る飼えなくなった犬や猫の殺処分を減らすため、民主党のワーキングチームが動物愛護法を改正する方針を固めました。

 ペットショップに展示された犬たち。健康への悪影響を避けるため、1日から、午後8時以降の夜間、犬と猫の展示が禁止されました。

 いわゆる「猫カフェ」など、大人の猫が自由に移動でき、休む場所があるような施設では、2年間の経過措置として、午後10時まで展示することができますが、いずれも違反した場合には、30万円以下の罰金や営業許可の取り消しなどがありえます。

 一方、動物愛護法をめぐって別の改正の動きも起きています。飼えなくなったペットの「殺処分」の問題です。三重県の動物愛護管理センター。保健所から運ばれてきた犬や猫はかごに入れられ、専用の機械で「殺処分」にかけられます。

 「これが自動の処分機。このスイッチを入れると自動的に炭酸ガスを注入する」(三重県動物愛護管理センター 村田耕一郎常務理事)

 全国で殺処分される犬や猫は、年間およそ20万匹に及びます。自治体の職員にとって、とてもつらい仕事だといいます。

 「スイッチを押したくないというのが本音ですけど、しかたのないこと。本当は飼い主が、捨てた人が命を絶ってもらうんだったら、それが自分の責任ですよね。我々が代わりに押さないとならないというのは非常に悲しいこと」(三重県動物愛護管理センター 村田耕一郎常務理事)

 現在の動物愛護法では、飼えなくなったペットや野良犬、野良猫は、都道府県などが「引き取らなければならない」ことになっています。

 どうしたら「殺処分」を減らすことができるのか。民主党のワーキングチームでは、販売業者や飼い主がペットの処分を自治体に安易に依頼することを防ぐため、一定の条件のもとで、引き取りを拒否できるよう、法律を改める方針を固めました。

 「命あるもの、生き物の尊さをやはりしっかり認識していただきたい。(ペットショップで)売れ残れば、処分してもらえばいいという安易な発想をやめていただきたいという思いから、引き取りを拒否できるようにしたいと考えている」(民主党動物愛護対策ワーキングチーム 田島一成座長)

 引き取り拒否の条件は、地域の実情に応じて、自治体が条例で定められるようにする方針です。ワーキングチームでは、議員立法で今の国会への法改正案の提出を目指したいとしています。

(01日17:06)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5044202.html

もっともっと、厳しい規制を望みます。
目標は殺処分廃止とペットショップやネットオークションでの生体販売禁止へ。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

アトム号の動画


  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。