動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

動物がストレスを感じているであろう[明確な根拠]になる行動とは?

2012年2月29日は4年に1回だけ来る日でした。
昨日、産まれたベビちゃんは2016年2月29日に2歳になるってことですね。(笑)


今年2012年6月から20時以降の生体販売禁止をする規制の盛り込みがなされていて
関係者の反対も多いでしょうけれど、
時間の短縮は当然です。ストレスを強いることは虐待になります。
「日本の場合、ペットショップでの生体販売そのものを禁止してほしいくらいですが・・・。」


猫は夜行性でストレスにはなっていないという
明確な根拠を持たずに情緒的に決めることへの疑念があり
一方的な20時という具体的数値を示すことに疑問を感じずには
いられないと言った意見もありましたが

犬猫、動物は感情を持った動物であることは世界で知られていますが、
犬猫はストレスを感じると、数々の行動と態度で
私たち人間に示してくれています。


オランダでは一般的にそれらが「ストレスの根拠」となるととられられています。

★「動物がストレスを感じているであろう[明確な根拠]とは動物のおかしな行動で判断する。★」のです。


◆オランダで政府公認の動物愛護団体や動物愛護施設など、
オランダで知られている猫がストレスを感じる時とは?◆

猫は場所に依存するので、引越しなど環境が変わると大きなストレスになる。
人の出入りが多い状況下、そういった場所での飼育も大きなストレスになる。
長時間、知らない人ばかりに見られることも大きなストレスになる。
自分以外に、人間の赤ちゃん(嫉妬する)ができることや離婚もストレスになる。
陽の当たらない新鮮な空気の少ない環境下にさらされること。
相性の合わない相手が見える位置にいること。
ちなみに私がボランティアで通っている動物愛護施設では
(相性が合わない相手の猫ちゃん同士に見えないように工夫してありますよ。)

などなど・・・が代表的です。

◆ストレスの兆候◆
自分の毛づくろいしすぎる、もしくは全く毛づくろいしない。
食事を食べない
食事以外のものを食べる
決められた排泄場所以外で粗相すること。

ストレスが健康から影響がきていないかを知るために
動物病院でチェックしてもらうこと。
ワーム・寄生虫・ノミ・肥満など。

明確な根拠がないからという、いかにも人間側からだけの目線。

いえ・・・
動物たちに配慮していない命を利益にしたい側の主張・・・。
感情を持つ動物たちの生態系に配慮もせず、お金儲けの道具として化してしまっている。

ただ人間の欲求を満たすためだけに動物は生きているんじゃない。

生きる権利や自由を人間が簡単に奪っていいものじゃない。

人間が持たないといけないのは動物たちの命への責任だと思います。

動物を取り巻く残酷な状況と利益主義の母国の姿を見て私は恥ています。

秩序のある日本人?優しい日本人?
本当でしょうか・・・。日本の動物たちの事実を見てもそう思えるでしょうか?
日本の動物たちの姿は日本社会の縮図です。

遺棄すれば、いらなくなれば、壊れた(病気・老い)、飽きた(流行犬猫)と
持ち主が言えば
日本の命ある物(犬猫)たちは
ゴミと同じように捨てることが簡単にできる私の母国、日本。

戦後60年以上もの間、国内で発症していない狂犬病にまつわる愚法のせいで
無責任な飼い主に遺棄され野良犬になった子
道に迷って飼い主を失った子たちは
片っ端から捕獲されて
愚法の下で殺処分されてきた。今もそれは続いている。
安楽死ではない窒息死で。

無責任な飼い主と、利益優先の悪徳繁殖屋、国の命を守らない法律、それを通うようとしない政治家のせいで・・・今日も明日もこれからも日本で、苦しめ殺されているなんて。

動物愛護管理法をまともな法に改正してほしいです。

スポンサーサイト
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダペット販売の法律

オランダ王国の犬と猫の販売についての法律

1   販売目的の為に飼育、販売目的の為に出産
    繁殖させるには、大臣が許可を出し
    登録が認められた会社、動物保護施設しか
    販売してはならない。

2   大臣の許可をもらうには
    以下の決まりを守る必要があります。

2-1  登録をする方は責任者となります。
    (登録者に関する全ての
    詳しい情報を申告提出) 

2-2  大臣が認めた専門技術・専門技能
     資格を持つ管理者が居るとする       

2-3  建物内・屋内で飼育  

2-4  犬の場合は屋外
    (運動・遊ぶ・リラックスの為)も必要

2-5  屋内・屋外も以下の決まりがある。

  a 使用する 地面、壁、柵は犬猫に
      負傷を追わないように
      安全な物で安全に作られている事
      かつ毒性がない物で作られている事。

    b 地面は防水加工、滑らないように
      作られている事。
     
    c 壁は垂直に立っている事、なおかつ、
      少なくともひとつの壁は
      外の景色が見えるように
      しなければならない
     
    d 建物の中には霜、隙間風、雨、水が
      入らないようにしなければならない。
        
   e  空調設備が整っていなければならない。
      (空気を入れ替えるシステム)

   f 太陽が出ている間は建物の中に太陽の光を
      入れなければならない。
          
   g  室内温度は30度を超えてはいけない。 
 
     (犬の場合)
2-6  建物と屋外のプレイスペースが
     繋がっていない場合には
     屋外のプレイスペースには
     屋根を設置する事。
     
     屋根は太陽の直射日光を防ぐ事ができる
     屋根は突然の雨、雪などの
     気候の変化から犬を守る事     

2-7  屋外のプレイ・スペース
(遊ぶ場所)の決まり

    a 責任者が管理所有している場所でしか
     遊ばせてはいけない。      

    b プレイ・スペースは負傷を追わないように
     安全な物で安全に作られている事、
     かつ毒性がない物で作られている事。

   c プレイ・スペースには扉の開閉が
      できる事を必要とする。

2-8  建物の中の診療室が
1部屋か1部屋以上ある事。
     さらに、診療室の中に犬猫専用の
特別なゲージが1つか1つ以上ある事。
   
     また、特別なゲージの個数は
     犬猫飼育全体数の10%のゲージを
     設置しなければいけない。
  
    (例)犬猫を100匹飼育していたら
       全体の10%は10個ゲージを
設置義務。
       
2-9  診療室以外の他の動物に
病気がうつらない為のドア・扉が必要


2-10  保護施設の場合は施設の動物全体数の
10%の隔離室が必要。 
     (伝染病持っている犬猫の為)
     (例)犬猫100匹なら10の隔離室が必要。 

2-11 また隔離室のデザインは
隔離されている動物同士からも
     隔離できるようにしなければならない。
  
2-12  犬と猫は屋内、屋外に限らず
一緒にしてはならない。

2-13  犬は屋内、屋外に限らず20匹以上を
一緒にしてはならない。
      猫も同様

2-14  犬と猫は屋内、屋外に限らず
水を置く事に危険がともなわない場合は
      いつも清潔で衛生に保たれている水を
置かなければならない。
      
2-15  屋内、屋外に限らず、犬を置く部屋は
少なくとも縦1m80cmの
      高さが必要。
      
2-16  「屋内・屋外の部屋の広さは
犬の体高による](1匹あたり)

          
    a 体高30cmまでの犬
「チワワ・ダックス・シーズーなど」は
      (1+犬の数)x1mの面積が必要     
      4匹だと必要面積は5m2になります。
     
    b 体高30-50cmまでの犬
「ビーグル・柴・ミニチュア・シュナウザー」
    (1+犬の数)x1.2mの面積が必要
4匹だと必要免責は6m2になります。  
 
    c 体高50cm以上の犬は
「ダルメシアン・ゴールデンレトリバー」
      (1+犬の数)x1.5mの面積が必要
      4匹だと必要免責は7.5mになります。

    d 色んな高さがMIXの場合は
一番背の高い犬をもとに計算します。

      
2-17 「屋内・屋外の猫の部屋の広さは
下記にあてはまる] (1匹あたり)  

     a 2匹まで面積0.85m2 
最低、横の長さ65cm 縦60cm

 
      
まだ続きます。
     b 
     
   
     c
            
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。