動物天国オランダ オランダには犬猫の殺処分なんかずっと昔から存在しない。 飼えなくなった犬猫達が行く所は新しい飼い主の温かい胸の中  

「国家の偉大さや道徳的な進化の度合いは その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」 マハトマ・ガンジー
↑■クリック■↑※このメールは転送・転載可です。

↑■クリック■↑                          ■マルコ氏も出演しておられます■                          ↑■クリック■↑
私達のブログをリンクしたい方はどうぞ使ってください。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

日本では3日間の命でいくらの補助金?・・・オランダは?

オランダ政府からの1頭につき2週間分の飼育援助金があります!

オランダ政府からの補助金は一頭につき
大体250ユーロ~350ユーロです!
今のレート換算すると28.344円~39.682円
これは2週間分なので14日で割り
一日計算すると、2025円~2834円になります。
この一日額はあくまで大体です。
250ユーロを下回ることはありませんが
上回る事はよくあります。
中には1頭、一日5000円の所だって存在します。

政府の決まりの中にきちんと書き記されてあります。
各町で保護施設を運営していますので
各町によって援助金が違います。

というのは、町に住んでいる人の数と
保護施設に来る子達の数が関係しています。

勿論、政府から保護施設への援助金は
町の人が払う税金によって
2週間分援助されていますので

町の人数が多ければ多いほど
支払われる税金は人数と比例して当然多くなりますので
1頭の援助金は増えます。

が、これがもし
人間の人数に反比例をして
町の犬猫の保護数が多い場合は
1頭あたりの援助金は少なくなってしまいます。

このような決まりがあるので
町によって1頭分の援助金額には差がでてきますが

なぜオランダはうまくやっているかというと
やはり、動物に対しても命に対する思いやりは
意識の高い国なので
個人やオランダにある
たくさんの動物保護団体からの
援助金で運営していけるのです。

もちろん、政府の援助金は2週間分なので
それ以降は
各市、町へ送られてくる資金で運営されています。
一般からの寄付と動物愛護団体からの寄付やボランティアの方で
運営されています。

そしてオランダで一番大きな動物愛護団体は司法行政のお墨付きがあり
国に認められています。
動物虐待している人や緊急性を要するような場合には
逮捕する権限を与えられています。

このように、国と愛護団体が手を結び
協力して動物たちを虐待する人間から守り保護するというシステムが
オランダにはあります。


日本の保護施設では3日目で殺処分されてしまう所もあります。
日本は一日平均いくらの補助金が出ているのでしょうか?
オランダは2週間分の援助金が国民(市民)の税金から出されています。

動物の命を救うためなんかに、税金は使用しない?
動物の命を救うために、税金を動物達のために援助し使用してください。

オランダは日本のように、たった5%の税金ではありません。
約20%税金を支払っています。
(2012年10月から21%になります。)

日本の法律で殺処分費用は1頭あたり78円と定められているようです。
大量に殺せるように、アメリカを真似て取り入れた、一度に大量に
殺処分できる機械で安楽死ではなくガスによって窒息死殺をさせています。

日本全国の保健所に設置されている、殺すためだけの窒息殺処分機の費用は億単位です。
市民の税金は惜しげもなく殺すことに使用されています。

殺処分の元凶を法律で厳しく取り締まらない日本。

持ち込まれる原因となっている、悪徳ブリーダーたち、個人が隠れて行っているバックヤードブリーダーなど、これ以上、安易に動物の命を金儲けに利用できないように、法規制をしなければいけないはずです。

動物の命を日本はなんと思っているのかと悲しくなります。

日本はあらゆるところで税金の無駄使いをどんどんしていますが
命を救うために予算を出してはくれません。

オランダの援助金はあくまで2週間分です。
その後も新しい飼い主が見つかるまでの間
健康でかつ清潔に保護していなければいけません。

健康診断、病気があった場合は治療する。
薬などのコスト、マイクロチップ
ご飯、身の回りのお世話をしてゆくには資金がいくらあっても足りない状況です。

早い期間で新しい家族が見つからない子は全体の約10%ほどいます。
オランダ中からの援助金はその子達のお世話の為に使われます。
新しい家族が見つからなかったとしても命を奪うことはありません。

多くのスポンサー、オランダ人たちの募金によって
命は絶たれることなく、繋がれていきます。

日本政府の援助金は一日:1頭??円
彼らの命の期限は、わずか3日~7日間


オランダ政府の援助金は一日:1頭2000円~
無期限の命


犬猫たちの命を食い物にし豊かな生活を送っている罪深い人間たちを法規制で取り締まれるように。
日本のペット産業、そして政府の意識改革が必要です。

スポンサーサイト
←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダのペット保護施設

これがオランダの普通な犬猫保護施設です。
掃除、洗濯、ご飯、散歩はほとんど
ボランティアの方が行っています。

捨てられたりした犬猫はここで新しい家族が
迎えにきてくれるまで
命を絶たれる事などなく
ずっと待ち続ける事ができます。

オランダの法規制
政府から1匹につき2週間分の援助金や
ボランティアの人達のおかげで
犬猫たちの命は守られているのです。

また急な用事の時は
有料で預ける事も可能です。

運動の時間でも、やはり人間が恋しいので
ボランティアの人の周りから離れません。
かまってほしいのですね。

お掃除もきれいに毎日します。

動物救急車も存在します。


外で見つけられた場合に
万が一、妊娠していても
子供を産み育てていても
生きれるシェルターへ保護されます。

保護された子たちは
保護施設の中に設置が義務づけられている病院でドクターから健康診断を受けます。
チップのあり、なしも確認します。

食事は1日2回
「食事に使われているご飯は
とてもいい種類です。」
(おいしそうよね、いいご飯をあげるのよ。)と
言っています。

交代制で獣医師が何人かいます。
保護された犬猫は入念に健康チェックを受けます。
2週間経つと、必ずマイクロチップを入れます。
必要な予防接種を済ませます。
マイクロチップを徹底、義務づける事の
大切さを痛感します。


マイクロチップさえ、犬猫に入っていたら
読み取り機ですぐに家族を探しだすことができます。

また、日本は飼い主が直接持ち込んだ場合は
当日殺処分されます。

オランダでは迷子、捨て犬捨て猫
事情により飼えなくなった場合でも
2週間の間は新しい飼い主に引き渡しては
いけない決まりがあります。

なぜなら中には迷い猫、迷い犬がいますから
2週間の間に飼い主が探している可能性が高いからです。

そして、捨てた人の場合でも・・・後悔をし
思いなおし、取り戻しに来る場合も多いからです。

最後の方たちは猫ちゃんを家族にしたいと来ました。
「広告に載っていた2匹の猫ちゃんが欲しいんだけど」
このご夫婦はすでに2匹の猫ちゃんを家族として飼っています。

スタッフが言います。
もうその2匹には新しい家族が
見つかったのだけど
でも、まだ広告に載っていない2匹がいるわ。と
猫ちゃんの部屋へ案内します。

そして、この2匹の猫ちゃんは一緒に家族として
迎えいれてあげなければいけません。
なぜなら姉妹だからです。
ご夫婦は2匹を見て「素晴らしい」と言って
2匹の猫ちゃんは家族になりました。

また譲渡の際は、保護施設によって金額は多少変わりますが
大体、8000円~13000円ほど
新しい家族の所へ行く前にもう一度健康診断をします。

また、費用の中には
マイクロチップ、予防接種、去勢、不妊手術も
全て込みで行っている所も多くあります。

政府からの1匹につき2週間分の飼育援助金があります!

オランダ政府からの補助金は一匹につき
大体250ユーロ~350ユーロです!
今のレート換算すると「28,344円」~「39,682円」
これは2週間分なので14日で割り
一日計算すると、2025円~2834円になります。
この一日額はあくまで大体です。
250ユーロを下回ることはありませんが
上回る事はよくあります。
中には1匹、一日5000円の所だって存在します。

政府の決まりの中にきちんと書き記されてあります。
各町で保護施設を運営していますので
各町によって援助金が違います。

というのは、町に住んでいる人の数と
保護施設に来る子達の数が関係しています。

勿論、政府から保護施設への援助金は
町の人が払う税金によって
2週間分援助されていますので

町の人数が多ければ多いほど
支払われる税金は人数と比例して当然多くなりますので
1匹の援助金は増えます。

が、これがもし
人間の人数に反比例をして
町の犬猫の保護数が多い場合は
1匹あたりの援助金は少なくなってしまいます。

このような決まりがあるので
町によって1匹分の援助金額には差がでてきますが

なぜオランダはうまくやっているかというと
やはり、動物に対しても命に対する思いやり
意識の高い国なので
個人は勿論、オランダにある
たくさんの動物保護団体からの
援助金
で運営していけるのです。

もちろん、政府の援助金は2週間分なので
それ以降は
各市、町へ送られてくる資金で運営されています。
なんども言いますが・・・
一般の寄付者の方は勿論
動物愛護団体からの寄付やボランティアの方で
運営されています。


本当に、これを見てもおわかり頂けるように
日本の保護施設は3日目で殺処分
しかもたった一日数十円ぽっち
オランダの2週間分の援助金と大違いです。

みんなの税金がどんなに無駄なところに使用されているのか。

無駄な公共事業につぎ込むより
この子達の命を救う事に使ってくれる方が
多くの日本国民は納得するのではないでしょうか?

一言言っておく事は
オランダは日本のように、5%の税金ではありません。
約20%税金を支払っています。

ある一定の給料を超えれば
国に支払う税金は50%、お給料の半分をとられます。

それにしたって、、、、一日数十円とは。
私の母国、日本は彼らの命をなんと思っているのでしょうか。

彼が言いました。
日本の政治はまるで江戸時代みたいな
政治を続けている国なんだね
だと。

マルコ氏も同じ事を言っています。↑

だって、これが日本の事実だもの。。。

弱き者に手を差し伸べるフリだけして
それはいかにも、助けていますよ・・・と
上手なさまには大物俳優も負けちゃうくらいだと思う。

ここは猫ちゃんの保護施設
お部屋と庭が自由に行き来できます。
思いのままに自由に毎日を過ごしています。
そして、新しい家族が迎えに来てくれるのを
いつも待っています。

←■クリック■ ←■クリック■
◆◆日本と海外の違い。遅れている日本に必要なのは!?◆◆
★現行のようなあいまいな法規制ではなく、海外のようなきちんとした動物愛護保護法での規制!
★ペットたちの命を金儲けとして利用している業者ペットショップでの生態販売の規制
★ブリーダーへの資格制度
★災害時の動物救済支援の手引書作成
★捨てない覚悟と終生飼育
★飼い主たち、私たち日本人のペットに関しての意識改革
★人が生産する動物たち(家畜たち)の命への責任・モラル向上
★犬猫を家族に迎えたいならペットショップでお金を出して買わない。自分の町の保健所へ。
保健所に捨てられた子達があなたを待てる命の期限は0~7日間しかありません
急いであげてください。

オランダ中の捨て犬捨て猫の数

私達はオランダに住んでいます。
日本を変えることは日本に住んでいる日本人の行動で変えなければいけないと思います。
私達ができる事は
オランダで実際にある事だけを事実を伝えていくこと。

一番の疑問は
「オランダでは本当に殺処分を行っていないのか」
だと思います。
そして、それはどのようなシステムになっているのか。
私達は日本に
オランダにある事実とそのノウハウを知らせていくことができます。

オランダの中で一番大きな犬猫の保護施設の
代表の方へのインタビューの約束を
取り付けてもらえることになりました。

忙しい方のようで、後日連絡しあって
私達も普段は仕事がありますし

彼も今忙しい時期に入ってきたようで
週末も仕事がある時が出てきます。

これから代表のM氏と日程を決めていきます。

その前にちょこっと下見をしに行ってきました。

オランダ中で現在
保護施設が171施設存在しています。
「多少減ったり増えたりもするそうです。」

統計によるとオランダ中で
1年間で7000匹の犬と猫が来ます。

この中の90%は早い期間で
新しい飼い主へと渡ります。

10%はゆっくりとしたペースで
飼い主が見つかります。

結果、1000匹の犬が
オランダ中の171の保護施設で

とても衛生的な状況で

明るいところで保護されています。

散歩も毎日連れて行ってもらっています。

同じ状況で猫は2000匹が保護されています。

他の動物、うさぎやハムスターなどは600匹です。

毎回、ウェブサイトを使い新しい飼い主を待つ子たちの
写真と性格が事細かに記載されています。

「アニマルアラート」(日本にもありますね。)
ペットが行方不明になった場合
サイトに迷子になったペットの写真を載せて
自分のメールアドレスの情報を載せます。
するとメンバーの携帯に迷子の情報が入ります。

またグーグルマップ上で
オランダ中で迷子になっているペットの
場所の情報が簡単に見れます。
「ウェブサイトのメンバーになっている事が
必要です。」

多くの人はすぐに地域の動物保護センターへ
連絡をしています。
保護センターで保護されている場合は
マイクロチップの徹底で多くの
ペットはすばやく飼い主に戻る事ができています。

「オランダでは犬より迷い猫の方が多いそうです。」

オランダの一番大きな動物保護センターに行ってきたので
近々紹介します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。